ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールはロンド・ファン・フラーデレンの後にロードから一時撤退

海外情報
Photo by Chen Mizrach on Unsplash
この記事は約5分で読めます。

ロンド・ファン・フラーデレンのディングチャンピオンであるマチュー・ファンデルプールはゼッケンナンバー1番でスタートする。

マチュー・ファンデルプールはシクロクロス世界選手権で優勝したあとも、すぐにロードレースを忙しく初めていた。

UAEツアーでは、いきなり第1ステージで優勝。ストラーデ・ビアンケでも勝利。だが、ドワルス・ドール・フラーンデレンでは調子の良さは感じられなかった。これは暑さも影響していたことは確かだが。

マチュー・ファンデルプールは、この後アルデンヌクラシックに出場と思われていたが、どうやらスケジュールは大きく変わってくるようだ。

 

スポンサーリンク

アムステルゴールドは走らない

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MVDP(@mathieuvanderpoel)がシェアした投稿

 

2019アムステルゴールドでは、ロードレースの常識を覆す走りを見せて優勝したマチュー・ファンデルプール。

だが、今年オランダのファンは彼の姿を見ることはないようだ。

フランダース前の記者会見で、今月後半にアルデンヌクラシックに出場するのではなく、夏の後半に目標を達成するためのトレーニングに集中すると述べている。

 東京オリンピックでのマウンテンバイク出場は、マチュー・ファンデルプールの大きな目標であるため、彼は5月にノボメストマウンテンバイクワールドカップに出場し、7月にツールドフランスに戻る予定だ。

 

ロードシーズンを始めたとき、最高の基盤がなかった。シクロクロス世界選手権の直後にロードを始めた。

状態も良かったしね。ストラーデ・ビアンケとティレーノでそれを証明したが、今ではそれらのイタリアのレースよりも少し少なくなっていることを認めなければならない。

レースで15日しか走らなかったにも関わらず、すでに長くて特に激しいシーズンのように感じている。良かったけど、フランダースツアー後のマウンテンバイクはもう楽しみにしているんだ。

日曜日から2週間休み、アルプシュタットとノベメストで開催されるマウンテンバイクワールドカップに向けて準備を整えている。

それらは私にとって非常に重要だ。オリンピックに必要なポイントを集めなければならない。これらのレースでは、東京でのスタートポジションをより良くするために、できるだけ速くフィニッシュしたいと思っている。

マウンテンバイクブロックの後、トレーニングキャンプに行き、その後、スイスツアー、オランダ選手権、ツール・ド・フランスに乗る。

コロナのせいで、ツールとゲームのどちらかを選択するオプションは実際にはないけど、焦点が後者にあるのは確かだ。

マチュー・ファンデルプールは、ここ数日は原付バイクの後ろでバイクペーサーをして調整している。

ドワルス・ドール・フラーンデレンでは、25℃という気温にやられたようだ。ティレーノ・アドリアテッコの後に、疲れていたが2週間で可能な限り良くなるように努めたとも語っている。

 

マチュー・ファンデルプールのロードスケジュール

ここまで、マチュー・ファンデルプールの成績と今後のロードスケジュール。

Mathieu van der Poel
2021レーススケジュール
  • 2/21 UAE Tour Stage1 優勝
  • 2/28 Kuurne – Bruxelles – Kuurne 12位
  • 3/2 Le Samyn 37位
  • 3/6 Strade Bianche 優勝
  • 3/10 Tirreno-Adriatico Stage3・5 優勝
  • 3/20  Milaan-San Remo 5位
  • 3/26 E3 Saxo Bank Classic 3位
  • 3/31 Dwars door Vlaanderen – A travers la Flandre ME 58位
  • 4/4 Ronde van Vlaanderen – Tour des Flandres
  • 6/6 Tour de Suisse
  • 6/26  Tour de France

今シーズンすでに4勝。クールネ〜ブリュッセル〜クールネではラスト83kmからアタック。後ろからの援護の追走はなく、ゴール前で捕まってしまう。

ル・サミンではハンドルが破損してもゴール前でチームメイトのティム・メイリエのために引き続けた。

結局CANYONのハンドルは、一度落車によって強度が落ちていたことは間違いないようだ。これはCANYONも確認している。ハンドル幅が変更出来る部分には全く問題なかった。

カーボンハンドルなのでプロレースで一度でも、落車しているならば交換しておいたら問題はなかっただろう。

CANYONは、クランプ部分のハンドル形状を丸形に戻して、厚さも標準に戻した強化ハンドルバーに交換することをユーザーに約束している。

マチュー・ファンデルプールはティレーノ・アドリアテッコでも2勝をあげたが、逃げ切りステージでも最後には消耗してしまい、ギリギリでゴールしている。

これが深く入ったという表現となるレースだ。

マチュー・ファンデルプールは、長いインタビーの中で、すでに新鮮さを欠いているとコメントしている。

ロードまでの切り替えでは、2週間のオフを取っただけでトレーニングキャンプも1週間しか走っていない状態でUAEツアーに来ている。それでも勝利してしまうのは凄いけど。

まずは、一旦休憩してマウンテンバイクに切り替えだ。また、6月にはロードに戻ってくるので期待して持っておこう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました