ロードバイクの情報を発信しています!

2022ニュージーランドサイクルクラシック第5ステージ 最終レースのクリテリウムを制したのは?

海外情報
Photo credit: Quiltsalad on VisualHunt
この記事は約9分で読めます。

ニュージーランドサイクルクラシックも最終日。

最後のステージは、ウェリントン市街のクリテリウムレース。1時間走ったら、3周してゴールというルール。

最後に、クリテリウムを制したのは誰だろうか?

 

スポンサーリンク

第5ステージ ウェリントン~ウェリントン(1時間+ 3ラップ、1.1 km基準)

第5ステージ photo cycletournz

 

スプリントポイントが前半に3回ある。コースはオールフラットなので、最後の位置取りだけが問題となるコースだ。

 

スタート前に、各賞のライダーと、ジョージ・ベネット、シェーン・アーチボルトが前列に並んで写真撮影とインタビュー。

 

さあ、スタート。

 

すぐに、シェーン・アーチボルトが逃げに入って盛り上げる。心得てますね。

  • ジョージ・ジャクソン (MitoQ)
  • シェーン・アーチボルト(NZL)
  • グレン・ヘイデン (Coupland’s) 

 

3人はすぐにリードを広げ始める。

 

リーダージャージのマーク・スチュワートはチームメイトと共に集団前方を固める。

 

3人は30秒のリードを保って逃げ続ける。3か所のスプリントポイントは、ジョージ・ジャクソンが全て獲得。

 

逃げは、ジョージ・ジャクソンが切れて2人となる。

  • シェーン・アーチボルト(NZL)
  • グレン・ヘイデン (Coupland’s) 

 

逃げは捕まり、リーガン・ゴフ(Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling)が逃げを打つ。リーダーチームの選手なので、追う選手もまとまらない。

 

最初から逃げていたシェーン・アーチボルトが降りる。

 

リーガン・ゴフは、ギリギリで集団の追撃をかわすか?

 

リーガン・ゴフは見事に後続を振り切って勝利!

リーダージャージを着るマーク・スチュワートも、後ろで手を上げて喜んでいる。リーガン・ゴフは2017年ニュージーランドU23王者。昨年は、この大会でステージ優勝に、ポイント賞も獲得している。

 

   

総合優勝は、マーク・スチュワート。山岳賞も合わせて獲得。昨年まで、英国のRibble Weldtite Pro Cyclingに所属。ただ、コロナのためか欧州ではUCIレースの記録はない。

トラック競技出身でスピードのある選手だ。英国の選手だけど、コロナの移動制限のために2020年からニュージーランドで活躍している。

 

こちらはレースハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

第5ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 GOUGH Regan
Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling751:08:15
2
 HORNBLOW Keegan
Coupland’s Bakeries/Booth’s Group Team32,,
3
 PITHIE Laurence
New Zealand11,,
4
 KERGOZOU DE LA BOESSIERE Nick
St George Continental Cycling Team  ,,
5
 JACKSON George
MitoQ – NZ Cycling Project  ,,
6
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling  ,,
7
 PATTERSON Zakk
Base Solutions  ,,
8
 GARDNER Dan
Mitre 10 MEGA Masterton  ,,
9
 KRZANICH James
Mitre 10 MEGA Masterton  ,,
10
 CHRISTENSEN Ryan
Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling  ,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntTime
1 
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling402511:30:12
2 
 JONES Ollie
St George Continental Cycling Team30180:38
3 
 PITHIE Laurence
New Zealand25140:44
4 
 BENNETT George
New Zealand20110:56
5 
 HORNBLOW Keegan
Coupland’s Bakeries/Booth’s Group Team1581:09
6 
 PITHIE Campbell
St George Continental Cycling Team1061:13
7 
 JACKSON George
MitoQ – NZ Cycling Project541:54
8 
 DUYVESTEYN Kees
MitoQ – NZ Cycling Project332:05
9 
 O’DONNELL Bailey
Oxford Edge Cycling Team322:13
10 
 BIDWELL Andrew
Fagan Motors Cycling Team312:17

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 KERGOZOU DE LA BOESSIERE Nick
St George Continental Cycling Team28
24▲2
 JACKSON George
MitoQ – NZ Cycling Project28
32▼1
 PITHIE Laurence
New Zealand24
43▼1
 HORNBLOW Keegan
Coupland’s Bakeries/Booth’s Group Team23
5 
 GOUGH Regan
Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling10
65▼1
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling8
76▼1
 O’DONNELL Bailey
Oxford Edge Cycling Team8
8 
 HADEN Glenn
Coupland’s Bakeries/Booth’s Group Team7
97▼2
 JONES Ollie
St George Continental Cycling Team6
108▼2
 PATTERSON Zakk
Base Solutions6

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke Pro Cycling18
23▲1
 WATTS Kiaan
CNZ Selection Team16
34▲1
 PITHIE Laurence
New Zealand16
45▲1
 DUYVESTEYN Kees
MitoQ – NZ Cycling Project16
56▲1
 JONES Ollie
St George Continental Cycling Team10
67▲1
 BENNETT George
New Zealand10
79▲2
 O’DONNELL Bailey
Oxford Edge Cycling Team6
810▲2
 KERGOZOU DE LA BOESSIERE Nick
St George Continental Cycling Team4
911▲2
 PITHIE Campbell
St George Continental Cycling Team2
1012▲2
 AMOUROUX Raphaël
Trust House Team2

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 PITHIE Laurence
New Zealand11:30:56
22
 HORNBLOW Keegan
Coupland’s Bakeries/Booth’s Group Team0:25
33
 JACKSON George
MitoQ – NZ Cycling Project1:10
44
 O’DONNELL Bailey
Oxford Edge Cycling Team1:29
55
 BIDWELL Andrew
Fagan Motors Cycling Team1:33
66
 RICHIE Sam
CNZ Selection Team2:19
77
 MORRISON Liam
Mitre 10 MEGA Masterton5:44
88
 BURNETT Josh
MitoQ – NZ Cycling Project14:24
99
 YARRELL Guy
Oxford Edge Cycling Team14:58
1010
 BIDWELL Adam
Fagan Motors Cycling Team15:01

コメント

タイトルとURLをコピーしました