ロードバイクの情報を発信しています!

サウジアラビアーツアーが、中止の可能性あり コロナ以外の中止理由とは?

この記事は約3分で読めます。

2021年はコロナによって中止となったサウジアラビアツアー。

だが、2022年は無事に開催されるというニュースが流れていた。

しかし、今回はコロナ以外の要因で、中止となりそうだと伝えられている。

コロナ以外で中止となる理由とは?

 

スポンサーリンク

中止の可能性あり

 

現在、サウジアラビアツアーには以下のチームが参戦予定

  •  Team TotalEnergies(ニキ・テルプストラ、アントニー・テュルジス)
  •  BORA – hansgrohe(ダニー・ファンポッペル、サム・ベネット)
  •  Team DSM
  •  Bahrain – Victorious(ジョナサン・ミラン)
  •  Team BikeExchange Jayco(ディラン・フルーネウェーヘン)
  •  Gazprom – RusVelo

 

サム・ベネットとディラン・フルーネウェーヘンのスプリント対決が期待されたのだけど。

中止となりそうな理由は、テロの脅威があるためだ。

突然の疑いは、1週間前のダカールラリーでの車の爆発と関係がある。ホテルの数メートル前でサポートカーの1台が爆発。

ハンドルを握っていたドライバーのフィリップ・ブトロンは重傷を負った。フランスの外相はそれらがテロ攻撃であると発表。

 サウジアラビアでは、テロの脅威は目新しいものではない。国はイエメンのフーシ反政府勢力との激しい戦いに従事している。

2021年に、彼らはサウジアラビアに対して20回以上のテロ攻撃を実行。これらの攻撃のいくつかは、ダカールラリーのように、全世界の注目を集めることを目的としている。

自転車レースのサウジアラビアツアーが狙われる可能性もあるということだ。爆弾で攻撃されたら、生身のライダーはひとたまりもない。

1月1日から14日まで開催されるダカールラリーは当面継続するが、ASOとサウジアラビアは2月1日から開催するレースが安全かどうか検討をしている。

テロもあるけど、コロナも現在2500人の新規感染者が出ており、こちらも懸念されているのは確かだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました