ロードバイクの情報を発信しています!

サガンはBORA-hansgroheに必要とされないなら、新しいチームを見つけると

海外情報
Sagan finds a new team if not needed by BORA-hansgrohe
この記事は約4分で読めます。

BORA-hansgroheのゼネラルマネージャーのラルフ・デングは、若い選手に投資するのかサガンの契約を更新するのかという質問に対して、公然とサガンのキャリアは秋に入っていると話していた。

それはサガンの契約延長の必要性を疑問視している発言だった。

それについて、サガンは慎重に答えを選びながらも大胆な発言をしている。

 

スポンサーリンク

チームが必要としないならば

こちらはロンド・ファン・フラーデレンに対しての気持ちを話している投稿
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Peter Sagan(@petosagan)がシェアした投稿

 

インタビューではGMのロルフ・ラングの言葉に対する気持ちを語っている。

ラングがメディアに書かれていることを正確に言ったかどうかはわからない。自分はそれを読んでいないし、インタビューのフレーズが文脈から外れることがあるかもしれない。

正直、年をとっていない。31歳だが、キャリアの秋は感じてない。コロナウイルスによって春が妨げられたとしても、レースに勝つことができることを示したと思う。

レースで忙しいので、ラルフと話をするためにまだ座っていない。だから、私の将来はまだ決定されていない。

Bora-​​Hansgroheで素晴らしい年を過ごしたが、ラルフが自分のベストを過ぎたと見なすなら、それは彼の意見だ。

チームのレースに勝つために私を必要としないと彼が思った場合、本当に私を望んでいるチームを見つけようとする最初の人になる。

サガンは、言葉を慎重に選びながらも契約延長がないならば移籍先を探すとコメントしている。

4月には、結論が出るだろうがサガンの移籍が本当にあるかもしれない。

 

ロンド・ファン・フラーデレンについて

また、サガンはロンド・ファン・フラーデレンについても語っている。

私にはチャンスがある。気分はいいのだけど、体調がね~。3週間も自転車から離れていたからね。

ベストを尽くそうと全力を尽くしたけど、クラシックレースなしでフランダースに乗るので、どうなるかは正直わからない。

ロンドは常に、その日の誰が最高で最強かを示してくれる。それから逃れることは出来ないんだ。

 

 

サガンは、2016年のロンド・ファン・フラーデレンではセップ・ファンマルク(当時Team LottoNL-Jumbo)をふるい落とし、ファビアン・カンチェラーラ(Trek – Segafredo)が追い上げて2位となっている。

それ以来、サガンはパックのベテランであるが、現在ではマチュー・ファンデルプールとワウト・ファンアールトが大人気だ。

3人の大きなお気に入りに加えて他にもたくさんいる。アラフィリップとウルフパックも一緒に配置するね。

私はお気に入りとして勝つ方法を知っている。簡単なことではないが、それは可能であり、日曜日にはこれら3人のうちの誰でも勝つことができる。

しかし、他の誰もがチャンスを持っている。

さもないと、ベルギーにはいない…ミラノ〜サンレモを見てくれ。ビッグ3は勝たなかった。それは私に日曜日への希望を与えてくれる。

誰が勝つかなんて誰もわからない。

アラフィリップにはウルフパックがあり、それこそ誰でも勝てる可能性がある。サガンが勝てないということは決してない。

サガンは、コロナ陽性で出遅れたが、ミラノ~サンレモでは4位。ボルタ・ア・カタルーニャでは今シーズンの最初の勝利を上げている。間違いなく調子は上がっているはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました