ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaのステファン・クライスヴァイクがブエルタをリタイヤしたのは何故?

海外情報
https://twitter.com/s_kruijswijk
この記事は約2分で読めます。

Team Jumbo-Vismaのステファン・クライスヴァイクがブエルタ・ア・エスパーニャの第4ステージでまさかのリタイヤ。

スタートして50kmの地点で膝の痛みにより走れなくなってしまった。

この膝の痛みは、第1ステージの落車が原因。

これにより、Team Jumbo-Vismaはプリモシュ・ログリッチの強力な山岳アシストを失うことになってしまった。

 

スポンサーリンク

あまりにも残念なリタイヤ

 

ステファン・クライスヴァイクのリタイヤの原因がクラッシュによる膝の痛みが原因というのは、あまりにも理不尽ですねえ~。

しかも、滑った原因が庭のホースの故障とは、あまりにも残念。

 

 

ステファン・クライスヴァイクは、膝の改善は感じられなかった。

放棄するという決定が唯一の正しいものだった。改善しなかった。

痛みのために快適ではなく、現実的でなければならない。

痛みが続く場合、チームにとって価値がない。

 

ステファン・クライスヴァイクのウェブサイトでのコメント動画

 

スティファンを失うことはチームにとって大きな損失です。

彼は私たちのリーダーの一人でした。チームのタイムトライアルでのクラッシュの後、彼の膝はどんどん悪くなり、持続できなかった。私たちは非常に重要なポーンを失っています。

と、スポーツディレクターのアディ・エンゲンスは語っている。

ステファン・クライスヴァイクは、2019ツール・ド・フランスで総合3位。今回はプリモシュ・ログリッチのアシストとして山岳での活躍が期待されていた。

これにより、チームは貴重なメンバーの一人を失うことになりプリモシュ・ログリッチにとっては大きな痛手となる。

この後の、チームへの影響が心配されてしまう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました