ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルは2022世界選手権ロードが、どんなレースになると予測しているのか?

海外情報
UnsplashHudson "ziroAU"が撮影した写真
この記事は約5分で読めます。

ブエルタ・ア・エスパーニャを回避して、世界選手権に向かったタデイ・ポガチャル。

世界選手権の調整レースで走った、カナダのワールドツアーレース第2戦グランプリ・サイクリスト・ド・モントリオールでは、ワウト・ファンアールトをスプリントで破ってみせた。

 

これは、少人数の逃げとなった場合にも、タディ・ポガチャルがスプリントで勝てる可能性があることを示している。

では、タディ・ポガチャルは世界選手権ロードに向けて、どのような考え、戦略を持っているのだろうか?

 

スポンサーリンク

スロベニアチームの利点を生かして

 

タデイ・ポガチャルはどんなレースでも危険だが、UCI世界選手権ロードのプレッシャーがないときの彼は、おそらくもっとも脅威だろう。

だが、スロベニアチームはプリモシュ・ログリッチ、マテイ・モホリッチ、ルカ・メズゲッツといった強力なライダーを欠いてスタートする。

 

だが、それを逆にタディ・ポガチャルは日曜日に生かしたいと考えている。レースコントロールもしなくて良いし。各チームのアタックに後ろから追従していけば良い。

 

チームは人数が少ないですが、どうですか?

ベルギー、オランダ、フランス、イタリアは我々より人数が多く、強いチームを持っているので、プレッシャーがかかっているのかもしれない。

僕たちはまだ、ここで最も強いチームのひとつだと思っている。大きなチームと戦うことができるんだ。

 

作戦としては?

完璧なシナリオだ。私たちは皆、金メダルのことを考えている。完璧な結果は、完璧な一日から生まれる。僕たちは大きなことをする能力があると思うから、面白いレースになるだろうね。

 

日曜日の個人タイムトライヤルでは6位でした。これまでも、すでにイル・ロンバルディアとリエージュ〜バストーニュ〜リエージュで勝利していることは自信になってますか?

ロンバルディアとリエージュではすでに優勝しているし、世界選手権でも優勝するチャンスがあるんだ。私は何も変えていない。

 

ツールを2回制覇しているし、更にレインボージャージも狙いますか?

ジュニアやU23の頃は、世界選手権は大きなイベントだったけど、こんなに重要だとは思わなかった。ヨークシャーで初めてエリート世界選手権に出場したとき、それがいかに特別なものかを知った。

それ以来、毎年やりたいと思っているんだ。そして、何か特別なことをしたいんだ。

 

距離は266.9kmと長く、得意な長い登りもありません。どんなレースになると考えている?

コースは超ハードで、周回する前にすでにきつい上りがあるので、脚はすでに疲れているはずだ。最終周回では休む暇もない。

250kmを過ぎると、脚が疲れてくる。一人、また一人と少なくなっていく長いレースになりそうだ。

 

ワウト・ファンアールトがライバルか

カナダではワウト・ファンアールトをスプリントで破っている。

 

タディ・ポガチャルは、2022ツール・ド・フランスに出場したワウト・ファンアールトが最大のライバルであることを知っている。

以前のインタビューでポガチャルは、サーキットコースでワウト・ファンアールトやマチュー・ファンデルプールを落とそうとするのは厳しいと認めている。世界選手権は、標高と距離の積み重ねで、消耗戦になるのが普通だ。

 

ずばり、ライバルはだれですか?

このコースはワウトやマチューに合っていると思う。この種のライダーはレース終盤に大きな力を発揮するから、それに合わせなければならない。

長く、厳しいレースだ。結局、消耗と脚の疲れのレースになるだろう。レースで何が起こるか見てみよう。

 

世界タイトルを持ち帰るつもりですか?

我々は自分自身のことをする必要がある。他の人たちよりも自分たちを見て、自分たちのレースをするようにする。

 

サーキットコースで、登りで逃げが完全に決まることはないだろう。意表を突くライダーの飛び出しもあるかもしれない。消耗戦になるのは間違いないが小集団でのスプリントも考えられる。

また、日曜日は天候が崩れることも予測されている。これがレースにどう影響するのか。勝つためには、すべてが自分の思い通りにならなければならないことを彼は知っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました