ロードバイクの情報を発信しています!

ヨナス・ヴィンゲゴーはタデイ・ポガチャルを解放する方法を秘密に

海外情報
UnsplashOWN FILTERSが撮影した写真
この記事は約5分で読めます。

ヨナス・ヴィンゲゴーは、ミスらしいミスもなく圧倒的な走りでタデイ・ポガチャルを圧倒した。その秘密の一つと思われるのはライディングでの飽くなき、スピードとタイム短縮の追及もある。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、最終日前のインタビューでタデイ・ポガチャルを倒す方法について説明することをしていない。

企業秘密といったところか。その点について、どう考えているのかヨナス・ヴィンゲゴーの考えを見てみたい。

 

スポンサーリンク

タディ・ポガチャルの倒し方は秘密

 

もちろん、ツール・ド・フランスで2勝目を挙げることができてとてもうれしい。ツールは今年の大きな目標だったし、タデイ・ポガチャルとの素晴らしい戦いの後、こうして優勝できたことは素晴らしい。

チームに感謝しなければならない。彼らはよく働いてくれた。毎日プランがあった。総合優勝という形で彼らの働きに報いることができたのはとてもうれしい。

 

タデイ・ポガチャルとあなたは3年連続でツール・ド・フランスのゼッケン1番と2番です。二人の間にはかなりのライバル関係があると言っていいでしょう。あなたの戦いは自転車競技の純粋なプロモーションだと思いますか?

勝利のための戦いにライバル関係があることは、間違いなくサイクリングにとって良いことだと思う。今年のタデジと私の戦いはすごかった。彼を破るのは信じられないほど難しかった。最終的に僕が一番になれて超ハッピーだよ。

 

チームはタデイ・ポガチャルをクラックするプランがあることを示唆した。そのプランとは?

今、タデジをクラックする方法を説明すれば、次回、彼はそれを避けるために何をすべきかがわかるだろう。たぶん、それについてはチームが詳しく話してくれるだろう。

 

昨年との大きな違いは?

12カ月前よりもずっと自信があった。チームとしてどう機能できるかという自信があったし、またレースに勝てるという確信もあった。

僕たちは自分の強みを知っていたし、そこから利益を得る方法もわかっていた。全員が毎日プランを理解していたとは思わないが、どういう目的で何かをやっているのかは理解していた。最終的には、それが実を結んだ。

 

ツール初優勝と2度目のタイトル防衛成功、肉体的にも精神的にもどちらが大変でしたか?

プー、わからないよ。それに答えるには時間が必要だと思う。ツールが終わって1週間経たないと言えないと思う。去年は1週間経っても調子が良かった。でも、精神的にはまた大変だった。

 

今回のツールでは、これまで以上に強くなっていたようですね。その理由は?

去年は春に何度も怪我をしたし(ハムストリングスの故障が多かった)、病気もした。今年は何もなかった。それが大きな違いだ。さらに、まだ自分自身を成長させているし、毎年向上しているのがわかる。

1年で20%良くなるわけではない。スモールステップなんだ。去年のツールより今のツールの方がずっといいというわけでもない。

 

2021年のツール・ド・フランスでデビューしたときは、まだ少し緊張して不安そうでしたね。そのデビュー以来、メディアへの対応や自信の獲得という点で、あなたは長い道のりを歩んできました。それについてもう少し話してもらえますか?

2年前が初めてのツール・ド・フランスだった。それまではサイクリストとしての実力がなかったわけではないけれど、特に自分にかかるプレッシャーに対応できなかった。

そのプレッシャーに一歩一歩対処できるようになってから、レースで勝てるようになり、表彰台に上がれるようになり、どんどん自信がついていった。自分自身への自信だけでなく、メディアへの対応にも自信が持てるようになった。

 

マテイ・モホリッチは金曜日のステージ優勝後、サイクリストとして多くの犠牲を払わなければならないと語った。

家族と離れていることが多く、一年の大半は自分の生活を二の次にしなければならない。そしてレースに参加すると、他の選手たちがとても強いので、自分の居場所がないと感じることがよくある。そのような感覚を想像できますか?

それとも、今回のツールでとても強かったので、あなたにとっては全く違う感覚なのでしょうか?

このレベルでサイクリングするためには、多くの犠牲を払わなければならない。今年は150日以上、妻と子供に会えない。だから、レースに勝つために多くの犠牲を払わなければならないのは事実だ。

しかし、ある意味、そうした犠牲はすべて自信にもつながる。このトレーニング方法、食事、そしてとりわけ高地トレーニングは、トップレベルに達することを保証してくれる。そうすることで、安心感や自己肯定感も得られるんだ。

 

ツール・ド・フランスは今後数年間、あなたが集中するレースであり続けるのでしょうか?それとも他の目標もあるのですか?

もちろん他の目標もあるが、ツール・ド・フランスは世界最大のレースだ。ツールは特別なもの。今言うのはちょっと早すぎるかもしれないけれど、来年もツールで勝てるように頑張ると思う。

 

家に帰って最初にしたいことは?

デュラムサンドを食べる。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、とても謙虚な人だ。来年も、するべきことをしてツールに戻ってくるだろう。タデイと、どちらが3勝目を手にするのか、今から待ち遠しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました