ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第18ステージ ジャスパー・フィリップセンが落胆

海外情報
Holger LangmaierによるPixabayからの画像
この記事は約4分で読めます。

第18ステージでは、集団は常に1分以下で逃げをコントロール。

スプリントで決着をつけたいチームが多く、逃げ切れる雰囲気ではなかった。だが、先頭4人はそのままゴールラインを駆け抜け抜けることに成功した。

タイム差なしで、集団のトップとなったのはAlpecin-Deceuninckのジャスパー・フィリップセン。ゴール後は無言だったが、ようやくインタビューに答えた。

 

スポンサーリンク

逃げ切れるとは

 

ツール5勝目を逃しましたね。夜明けは来ないと思う心境ですか?

いいえ。平均をチェックしていないので、スピードがどれくらいかは分からないが、我々は本当に速かった。1分を超えることはなかった。彼らは非常に良い走りをしたに違いない。

我々は一度も止まらなかったし、彼らが遠ざかっていたことに驚いている。

勝利に向けてスプリントできなかったのは残念だが、それでもグリーンのために良い仕事をしている。 もちろん、これはチャンスを逃したが、まだステージ優勝していなかったら、今よりもっと痛か​​っただろう。

 

パリにはグリーンを持って行けるようですが?

この先にはまだ大きな山岳ステージが残っている。昨日はそれをとても感じた。だから、土曜日にゴールラインを越えるまでは分からないよ。

 

パスカル・エーンクホーンとは

 

Lotto-Dstnyのパスカル・エーンクホーンは、残り80kmで一度逃げに向かって集団から飛び出している。だが、ジャスパー・フィリップセンが追って前に出て止めている。

 

パスカル・エーンクホーンを逃げさせないようにしてましたね。

肘などは一切使わかなった。ただ加速して彼の前に出ただけなので、本当に間違った操作をしたり、不適切なことをしたとは思っていない。決して、悪い意味や傲慢な気持ちではない。

私たちはスプリントしたいこと、そして先頭の3人がいても大丈夫だということをはっきりさせたかったのだと思う。

 

金曜日のライドで、この口論に反応したパスカル・エーンクホーンをまたチェックする?

もちろん。これがレースだ。これはツールであり、最高レベルだ。我々は皆、チャンスを最大限に生かそうとしている。

彼らは逃げに入り、僕たちはスプリントが好きなんだ。それがトップレベルのスポーツだと思う。

 

明日のステージも、アタッカーに有利なようですが?

明日は今日よりも逃げのチャンスがあると思う。今日はスプリントを期待していた。明日はおそらく逃げになるだろう。コントロールするつもりだけど、より難しくなると思う。

 

Alpecin-Deceuninckとしては、風邪がぬけてベストならばマチュー・ファンデルプールで逃げを狙うのか。それともジャスパー・フィリップセンがスプリントを狙うのか。

かなり激しいアタック合戦からスタートしそうだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました