ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第2ステージ 凄まじい総合勢の争いに!

海外情報
Photo credit: Tranquiligold on Visualhunt
この記事は約25分で読めます。

開幕ステージから、総合勢は大きくタイム差がついている。

この第2ステージでも、総合勢がシャッフルされる可能性は高い。最後の2級山岳で総合チームが加速すると集団は崩壊してしまいそうだ。

UAE Team Emiratesは、Jumbo-Vismaからの攻撃を受けることになりそうだ。

 

スポンサーリンク

第2ステージ  ビトリア・ガステイス~サンセバスチャン 208.9km

コースマップ photo letour.fr

 

スタート地のビトリアはスペイン語。ガスティスはバスク語となる。プロトンはコンチャ湾に向かって北上していくコース。

 

コースプロフィール photo letour.fr

 

第2ステージは208.9km。獲得標高は2,949mもある難コースが設定されている。正式にカテゴリーが与えられていない丘がたくさんあり、ライダーの足は確実に削られる。

決戦は、ゴール手前の2級山岳ハイスキベルとなる。

2級山岳ハイスキベル

2級山岳ハイスキベル photo letour.fr

 

ゴール手前17kmにあるハイスキベルで遅れると総合勢はかなりのハンディを負うことになる。頂上からゴールまで17kmあるが、下りもあり追いつくのは難しい。

下りで無理して落車のないように願いたい。

 

  1. スプリントポイント Leguito
  2. 3級山岳 ドゥダナ峠   4.5km・5.1%
  3. 4級山岳 ダズティリア峠 2.7km・5.3%
  4. 3級山岳 ダルキザ峠 4.2km・5.7%
  5. 4級山岳  グルッツェ峠  2.6km・4.7%
  6. 2級山岳  ハイスキベル 8.1km・5.3%

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

Lidl-Trekのマッズ・ピーダスンのマドンはキレイだ。ただ、天気がねえ~。雨だとゴールドチェーンにカセットも汚れそう。

 

マチュー・ファンデルプールのコメント

 昨日は、参加出来ませんでしたね。どうでしたか?

パイクでどの名前が挙がったかを見てください。そうすると、クラシックのライダーはいない。

つまり、それは私の予想と同じだった。それが私の頭に忍び寄るかどうか?いいえ、決してそうではない。それがうまくいくよりもうまくいかない可能性が高いことを知っていた。私はそれについて十分に現実的だ。

今日のプロフィールはどう思う?

レースがどうなるか見守る必要がある。ハイスキベルは知らないし、あの登りはやったことがない。ボーナスもあるし、下りはゴールまでそれほど長くない。

 

ワウト・ファンアールトのコメント

良い状況だったという実感はあったが、イェーツ兄弟は我々より強かった。そこで精神的に少し負けてしまった。あのスプリントは多くを語らなかった。

やや重い体格にもかかわらず、上位グループでしたね。

そのグループに入れてよかった。上位のグループのすぐ後ろに来ること以上に自分自身に期待することはできない。私も参加することができたが、すでに2人が去っていった。

 2回目のライドでは何が起こるでしょうか?

決勝は少し緩やかな登りで違う。そこで生き残れば、スプリントでもう一度チャンスがある。

黄色?いいえ、そんなことは考えていない。すでに22秒差だしね。ゴールではアダム・イェーツより速くはなりません(笑)。

 

双子でワンツー。しかもイエローとグリーンで登場のアダム兄弟。

 

 

タデイ・ポガチャルは、今日も気分よくアタックをかけるのか?

 

第2ステージのスタート時の4賞着用ライダーは

  • 総合 アダム・イェーツ UAE Team Emirates
  • ポイント賞 サイモン・イェーツ Team Jayco AlUla
  • 山岳賞 ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost
  • 新人賞 タデイ・ポガチャル UAE Team Emirates

 

昨日遅れた、AG2R Citroën Teamのベン・オコナーはヨナス・ヴィンゲゴーと話している。

 

オフィシャルスタートから、Lotto-Dstnyのヴィクトール・カンペナールツがスパート。後ろは、Lidl-Trekのクイン・シモンズ。

 

逃げを狙うメンバーが前で展開。

 

マグナス・コルトニールセンも前で動く。

 

まだ、集団は追っている。

 

50km/hオーバーで攻撃が続く。

 

カルロス・ロドリゲス、マッズ・ピーダスン、マッテオ・トレンティンなど、精鋭が8人抜け出していたけど、集団は逃がさない。

 

TotalEnergiesのエドヴァルド・ボアッソンハーゲンが単独でアタック。後ろからニールソン・ポーレスが来ている。

 

山岳賞のニールソン・ポーレスが追いつく。10秒差だ。

 

後方からクレルモンフェランのTGVこと、レミ・カヴァニャが追いつく。

 

あららっ、決まったかな。

 

Team Arkéa Samsicのルカ・モザットがパンク。

 

マッズ・ピーダスンが行こうとすると、ジャスパー・フィリップセンが邪魔をする。ヴィクトール・カンペナールツも逃げれない。

マッズ・ピーダスンは、最初のスプリントポイントを狙っている。

 

これは3人で決まりだ。ニールソン・ポーレスは、山岳ポイント狙い。

  1. レミ・カヴァニャ Soudal – Quick Step
  2. エドヴァルド・ボアッソンハーゲン TotalEnergies
  3. ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost

 

集団はUAE Team Emirates、Jumbo-Visma、Team Jayco AlUlaが引いている。残り179.4kmで3分55秒差に。

 

Jumbo-Vismaのヨナス・ヴィンゲゴーは、カメラに気付いてポーズ。

 

BORA-hansgroheのパトリック・コンラットがパンク。

 

スプリントポイント Leguito

エドヴァルド・ボアッソンハーゲンが先頭で通過。

 

集団はスプリントポイント前で、Lidl-Trekのクイン・シモンズが前に。

 

スプリンターがなだれ込んでくる。

 

集団トップはジャスパー・フィリップセン。

  1. エドヴァルド・ボアッソンハーゲン TotalEnergies 20ポイント
  2. レミ・カヴァニャ Soudal – Quick Step 17ポイント
  3. ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost 15ポイント
  4. ジャスパー・フィリップセン Alpecin-Deceuninck 13ポイント
  5. サム・ウェルスフォード Team dsm – firmenich 11ポイント
  6. ブライアン・コカール Cofidis 10ポイント
  7. ビニヤム・ギルマイ Intermarché – Circus – Wanty 9ポイント
  8. マッズ・ピーダスン Lidl-Trek 8ポイント
  9. マーク・カヴェンディシュ Astana Qazaqstan Team  7ポイント
  10. ディラン・フルーネウェーヘン Team Jayco AlUla 6ポイント
  11. アレクサンダー・クリストフ Uno-X Pro Cycling Team 5ポイント
  12. ヨルディ・メイウス BORA-hansgrohe 4ポイント
  13. ピーター・サガン TotalEnergies 3ポイント
  14. ヨナス・アブラハムセン Uno-X Pro Cycling Team 2ポイント
  15. カレブ・ユアン Lotto-Dstny 1ポイント

 

残り131.9kmで4分45秒差。

 

3級山岳 ドゥダナ峠   4.5km・5.1%

先頭3人は3級山岳に。

 

まあ、ここはニールソン・ポーレスがトップ通過。

  1. ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost 2ポイント
  2. エドヴァルド・ボアッソンハーゲン TotalEnergies 1ポイント

 

タイム差は3分55秒で、現在はニールソン・ポーレスがバーチャルリーダー。

 

4級山岳 ダズティリア峠 2.7km・5.3%

続いて4級山岳に。

 

ポイント前からニールソン・ポーレスが固定で引く。

 

ここもニールソン・ポーレスがポイント獲得。

  1. ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost 1ポイント

 

レミ・カヴァニャは補給中。集団が近づいてくると単独でアタックをかけるか。

 

ワウト・ファンアールトがパンク。

 

エドヴァルド・ボアッソンハーゲンは、キャリア81勝。ツールでは3勝している。TotalEnergiesに移籍してからの勝利はない。36歳のノルウェー人。

 

Team dsm – firmenichのアレックス・エドモンソンが落車。大きなケガはない。

 

ヴィクトール・カンペナールツが少し集団の前に。登りもこなせるように進化している。

 

第1ステージもチームメイトに守られてゴールしたマーク・カヴェンディシュ。早くも遅れている。

 

UAE Team Emiratesは、先ほどからなんか言い合いしている。ミッケル・ビョーグとマッテオ・トレンティンだけど、ペースが速すぎると言っているのかな。

 

3級山岳 ダルキザ峠 4.2km・5.7%

なんと、レミ・カヴァニャが切れてしまった。

 

あっと、登りで落車。Astana Qazaqstan Teamのアレクセイ・ルチェンコとINEOS Grenadiersのメンバーが巻き込まれている。

 

ニールソン・ポーレスが前を引く。

 

レミ・カヴァニャが集団に吸収されてしまう。登りでは持たなかった。

 

ニールソン・ポーレスがポイントゲット。

  1. ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost 2ポイント
  2. エドヴァルド・ボアッソンハーゲン TotalEnergies 1ポイント

 

集団はUAE Team Emiratesのミッケル・ビョーグが引いている。

 

UAE Team Emiratesのマッテオ・トレンティンが落車。

 

ロードキャプテンのマッテオ・トレンティンが落車したけど、UAE Team Emiratesはペースを落とすかな。

 

ふざけて、ヴェガールステイク・ラエンゲンがペースを上げている。

 

Cofidisのアクセル・ザングレがパンク。

 

ワウト・ファンアールトは、補給のために、すーと前に上がってきた。

 

4級山岳  グルッツェ峠  2.6km・4.7%

残り37.2km。タイム差は1分59秒差で4級山岳に。

 

あら~、エドヴァルド・ボアッソンハーゲンが切れそう。

 

あっと、集団で落車。Jumbo-Vismaのヨナス・ヴィンゲゴーが前輪パンクした。

 

Lotto-Dstnyが二人倒れている。

  1. マキシム・ファンジルス Lotto-Dstny
  2. ジャスパー・デブイスト Lotto-Dstny
  3. ベン・オコナー AG2R Citroën Team
  4. マシュー・ディーナム Team dsm – firmenich

 

ニールソン・ポーレスが通過。

  1. ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost 1ポイント

 

遅れたエドヴァルド・ボアッソンハーゲンが通過。

 

ニールソン・ポーレスは単独となって踏み込む。タイム差は1分54秒となっている。

 

集団は61km/hという猛烈なペースで追っている。ニールソン・ポーレスが強いので、各チームが引き始めた。

 

エドヴァルド・ボアッソンハーゲンが集団に追いつかれた。

 

2級山岳  ハイスキベル 8.1km・5.3%

ニールソン・ポーレスが単独でハイスキベルに。逃げ切るのは難しいが、どこまでいけるだろうか。

 

集団も登りに入った。

 

あ~、マチュー・ファンデルプールは遅れている。

 

Jumbo-Vismaが先頭で引く。

 

Team Jayco AlUlaが先頭に出てきた。

 

タデイ・ポガチャルがアダム・イェーツの前で引いている。先頭からクリス・ハーパー。ラファウ・マイカ、ポガチャル、アダム・イェーツ。

 

ニールソン・ポーレスは、34秒差に。

 

ディラン・ファンバーレが先頭に。

 

ラファウ・マイカが先頭に。

 

あ~、捕まってしまった。

 

まだ頂上まで2.6kmある。

 

総合勢だけになりそうなハイペースだ。

 

昨日4位のティボー・ピノも、ディラン・ファンバーレと共に遅れた。

 

ラファウ・マイカがまだ引いている。まるで3週目のような激しいレースだ。

 

なんと、リーダージャージがタディ・ポガチャルのアシストに。

 

ここでサイモン・イェーツがアタック!

 

タデイ・ポガチャルとヨナス・ヴィンゲゴーが反応。

 

タデイ・ポガチャルが、ヨナス・ヴィンゲゴーをまくる。

 

タデイ・ポガチャルがトップ通過。そのまま踏み込んでいる。

  1. タデイ・ポガチャル UAE Team Emirates 5ポイント・8秒
  2. ヨナス・ヴィンゲゴー UAE Team Emirates 3ポイント・5秒
  3. サイモン・イェーツ Team Jayco AlUla 2ポイント・2秒

 

このまま二人で行ってしまうのか。後ろにサイモン・イェーツが見える。

 

タデイ・ポガチャルがヨナス・ヴィンゲゴーに先頭交代を促すが、首を振って前に出ない。

 

後ろから追走がきている。

 

追走が二人に追いついた。

 

すぐにワウト・ファンアールトが前に出る。

 

Bahrain Victoriousのペッリョ・ビルバオが先頭に。

 

すぐにワウト・ファンアールトが先頭に立つ。

 

下りのスペシャリストのペッリョ・ビルバオが後ろを引き離す。

 

追走の先頭は、テッシュ・ベノートに変わっている。ワウト・ファンアールトでスプリントを狙うためだ。

 

5秒ほどペッリョ・ビルバオが引き離した。

 

あ~、Jumbo-Vismaが追いついてきた。

 

ペッリョ・ビルバオが追いつかれた。

 

今度はBORA-hansgroheのエマヌエル・ブッフマンが先頭に。

 

これはJumbo-Vismaがワウト・ファンアールトをアシストして勝利を狙うパターンだ。

 

ワウト・ファンアールトは、3番手。

 

INEOS Grenadiersのトム・ピドコックがアタック!

 

だが、ワウト・ファンアールトが許さない。

 

ワウト・ファンアールトが後ろに張り付いた。

 

今度は、Lidl-Trekのマティアス・スケルモースイェンセンがアタック!

 

だが、これもワウト・ファンアールトが捕まえる。

 

あっと、右からCofidisのヴィクトル・ラフェがアタック!

 

おおっ、これはいいアタックで一気に引き離した。

 

残り662m。これは行ったか?

 

残り472m。まだ、大きくリードしている。

 

残り250m。後続が追いこんでくる。

 

残り132m。ワウト・ファンアールトとタデイ・ポガチャルがスプリントで追いこむ。

 

これは届かない!

 

ヴィクトル・ラフェが逃げ切った~!

 

ワウト・ファンアールトは、拳を上げて悔しがる。ウィルコ・ケルデルマンが引いてくれたのだけど追いつかなかった。ゴール後には、ボトルを地面に投げつけている。

 

ヴィクトル・ラフェは、ついにCofidisのツール・ド・フランスでの勝利をもぎ取った。これは2008年のシルヴァン・シャバネルの勝利以来で、実に15年振りの勝利だ。

ヴィクトル・ラフェは、2021ジロ・デ・イタリア第8ステージでプロ初勝利。今度は、ツールでの勝利を獲得した。昨日も調子が良かったけれど、残り1kmからの逃げ切りは凄いパワーだ。

しかし、2日目にしてツールの最終週かというほどの激しいレース展開。目の離せないレースが続いている。

 

スポンサーリンク

リザルト

ヴィクトル・ラフェのコメント

Jumbo-Vismaはすでに多くの仕事をこなしていたし、ワウトは自分では走りたくないと見ていた。

短い上り坂でアタックがあることはわかっていた。ラスト1kmで自分の瞬間が来るのを待ちたかったんだ。エアロポジションをとり、カウントダウンをして、驚いたことに勝ったんだ。素晴らしいよ。

昨日、ビルバオに向かうパイク峠で、タデイ・ポガチャルとヨナス・ヴィンゲゴーに唯一ついて行き、すでに大きな驚きを与えていた。その時の様子は?

それは容易なことではなかった。最後の上りでちょっと苦戦したんだ。そこで最終ステージの戦術を考えようと思ったんだ。でも普段はそんなことしないんだけどね(笑)。

 

第2ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 LAFAY Victor
Cofidis 210
10″
4:46:39
2
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 150
6″
,,
3
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 110
12″
,,
4
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 90   ,,
5
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 70   ,,
6
 WOODS Michael
Israel – Premier Tech 55   ,,
7
 BARDET Romain
Team dsm – firmenich 45   ,,
8
 TEUNS Dylan
Israel – Premier Tech 40   ,,
9
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe 35   ,,
10
 CRAS Steff
TotalEnergies 30   ,,
11
 CICCONE Giulio
Lidl – Trek 25   ,,
12
 BENOOT Tiesj
Jumbo-Visma 20   ,,
13
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe 15   ,,
14
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious 10   ,,
15
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 5   ,,
16
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma  
5″
,,
17
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers     ,,
18
 YATES Simon
Team Jayco AlUla  
2″
,,
19
 YATES Adam
UAE Team Emirates     ,,
20
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers     ,,
21
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma     ,,
22
 GAUDU David
Groupama – FDJ     ,,
23
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek     ,,
24
 BETTIOL Alberto
EF Education-EasyPost     ,,
25
 ARANBURU Alex
Movistar Team     0:58
26
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team     ,,
27
 MEINTJES Louis
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
28
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team     ,,
29
 MARTIN Guillaume
Cofidis     ,,
30
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma     ,,

総合

アダム・イェーツのコメント

決勝ではちょっとバタバタしてしまった。私たちはタデイを適切な位置に連れて行き、彼がボーナス秒数を獲得できるように努めた。

しかし、58kmの私の体重では、ビリヤードのフラットフィニッシュでリードアウトを行うのはかなり難しいことに気づいた。他のライダーが彼のハンドルに座るのを防ぐために、私は彼の後ろに留まることにした。それはそれでした。良い一日でした。

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 YATES Adam
UAE Team Emirates 25
10″
9:09:18
2 3 ▲1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates  
16″
0:06
3 2 ▼1
 YATES Simon
Team Jayco AlUla  
8″
,,
4 6 ▲2
 LAFAY Victor
Cofidis  
10″
0:12
5 11 ▲6
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma  
6″
0:16
6 9 ▲3
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma  
5″
0:17
7 5 ▼2
 WOODS Michael
Israel – Premier Tech     0:22
8 7 ▼1
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe     ,,
9 12 ▲3
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious     ,,
10 13 ▲3
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers     ,,
11 8 ▼3
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek     ,,
12 10 ▼2
 GAUDU David
Groupama – FDJ     ,,
13 14 ▲1
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma     ,,
14 18 ▲4
 TEUNS Dylan
Israel – Premier Tech     0:43
15 22 ▲7
 BARDET Romain
Team dsm – firmenich     ,,
16 19 ▲3
 CRAS Steff
TotalEnergies     ,,
17 29 ▲12
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers     ,,
18 24 ▲6
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe     ,,
19 23 ▲4
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers     ,,
20 40 ▲20
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious     ,,
21 35 ▲14
 CICCONE Giulio
Lidl – Trek     ,,
22 32 ▲10
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious     ,,
23 16 ▼7
 ARANBURU Alex
Movistar Team     1:41
24 21 ▼3
 MEINTJES Louis
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
25 26 ▲1
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team     ,,
26 27 ▲1
 MARTIN Guillaume
Cofidis     ,,
27 33 ▲6
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team     ,,
28 31 ▲3
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma     ,,
29 41 ▲12
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates     ,,
30 47 ▲17
 BETTIOL Alberto
EF Education-EasyPost     2:16

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 8 ▲7
 LAFAY Victor
Cofidis 65
2 3 ▲1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 42
3 20 ▲17
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 36
4 6 ▲2
 WOODS Michael
Israel – Premier Tech 31
5 1 ▼4
 YATES Adam
UAE Team Emirates 30
6 2 ▼4
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 25
7 10 ▲3
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe 21
8 17 ▲9
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 21
9 4 ▼5
 EENKHOORN Pascal
Lotto Dstny 20
10  
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies 20

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI Pnt Points
1 1
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost     11
2 4 ▲2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates     7
3 8 ▲5
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma     4
4 2 ▼2
 EENKHOORN Pascal
Lotto Dstny     3
5 3 ▼2
 ZIMMERMANN Georg
Intermarché – Circus – Wanty     3
6 5 ▼1
 GREGAARD Jonas
Uno-X Pro Cycling Team     2
7  
 YATES Simon
Team Jayco AlUla     2
8 6 ▼2
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost     2
9  
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies     2
10 7 ▼3
 ABRAHAMSEN Jonas
Uno-X Pro Cycling Team     1

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 9:09:24
2 3 ▲1
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers 0:16
3 2 ▼1
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek ,,
4 7 ▲3
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 0:37
5 8 ▲3
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team 3:02
6 6
 DINHAM Matthew
Team dsm – firmenich ,,
7 4 ▼3
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech 5:37
8 9 ▲1
 GALL Felix
AG2R Citroën Team ,,
9 11 ▲2
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies 10:54
10 12 ▲2
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic ,,
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました