ロードバイクの情報を発信しています!

Israel Start-Up Nationは32名のメンバーを確定 フルームは1月のキャンプから参加

海外情報
photo Israel Start-Up Nation
この記事は約5分で読めます。

Israel Start-Up Nationは、

  • ギヨーム・ボワヴァン(BOIVIN Guillaume)31歳 カナダ
  • レト・ホレンシュタイン(HOLLENSTEIN Reto)35歳 スイス

の二人の契約延長を発表し、2021年のメンバーを確定した。

Israel Start-Up Nationは、選手の給料を削減しなかったチームの一つで、最大の契約人数である32人のメンバーとなっている。

 

スポンサーリンク

移籍組と共に1月からキャンプ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Israel Start-Up Nation(@israelcyclingacademy)がシェアした投稿

 

ギヨーム・ボワヴァンとレト・ホレンシュタインとの契約延長を発表し、32名のライダーを確定させたチームは、1月に最初のトレーニングキャンプを行う。

ライダーとスタッフは1月にイスラエルに向かう。

ここで、クリス・フルームは初めてチームのメンバーと顔合わせをすることになる。だが、これはフルームだけではない。

 

マイケル・ウッズパトリック・ペヴィン

 

 

アレサンドロ・デマルキ

 

 

セップ・ファンマルク

 

 

ダリル・インピー

 

 

カールフレドリク・ハーゲン

 

 

結局、フルーム以外の移籍は6人。もう少しビックネームの移籍があるのかと思ってましたけど、予想よりはすくなかったような感じですね。

ただ、フルームの給料はワールドツアーで最も高給なサラリーを維持しているようなので、選手全体の給料総額もかなりな額となっているはず。

オーナーのユダヤ系カナダ人の大富豪シルヴァン・アダムスはジロのイスラエル誘致を成功させたり、フルームを獲得してツール制覇を目指したりと、その意欲と金力は衰えることを知らない。

来シーズン、チームがどこまで躍進出来るのか見ものですね。

 

32人のメンバー

移籍してきたコアメンバーの年齢が高いのが気になりますね。

  •  BARBIER Rudy 27
  •  BERWICK Sebastian 20
  •  BEVIN Patrick 29
  •  BIERMANS Jenthe 25
  •  BOIVIN Guillaume 31
  •  BRÄNDLE Matthias 30
  •  CATAFORD Alexander 27
  •  CIMOLAI Davide 31
  •  DE MARCHI Alessandro 34
  •  DOWSETT Alex 32
  •  EINHORN Itamar 23
  •  FROOME Chris 35
  •  GOLDSTEIN Omer 24
  •  GREIPEL André 38
  •  HAGEN Carl Fredrik 29
  •  HERMANS Ben 34
  •  HOFSTETTER Hugo 26
  •  HOLLENSTEIN Reto 35
  •  IMPEY Daryl 35
  •  JONES Taj  20
  •  MARTIN Dan 34
  •  NEILANDS Krists 26
  •  NIV Guy 26
  •  PICCOLI James 29
  •  RENARD Alexis 21
  •  SAGIV Guy 25
  •  VAHTRA Norman 24
  •  VAN ASBROECK Tom 30
  •  VANMARCKE Sep 32
  •  WOODS Michael 34
  •  WÜRTZ SCHMIDT Mads 26
  •  ZABEL Rick 26

コメント

タイトルとURLをコピーしました