ロードバイクの情報を発信しています!

アレッサンドロ・デマルキがCCCからIsrael Start-Up Nation に移籍

海外情報
Photo by Jake Hills on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

Team CCCからアレッサンドロ・デマルキが Israel Start-Up Nationに移籍する。

CCCからの脱出組として、またライダーの流出だ。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

アレッサンドロ・デマルキも2015年からBMCチームに所属しており、グレッグ・ファン・アーベルマートと長くチームに所属していた。

クライマーとしてブエルタでは3度のステージ優勝。タイムトライヤルにも強いライダーで、2020イタリアTTでは国内2位となっている。

 

さて、これで Israel Start-Up Nationの2021年メンバーは24人まで決定した。

クリス・フルームのアシストとしてこれまで数々のビックネームを獲得していたが、更に積み重ねがあるのだろうか?

マイケル・ウッズ、ダリル・インピー、カールフレドリク・ハーゲン。

来年のツールは移籍組ばかりで、編成されそうだが。

更なるビックネームの移籍がないと、アシストは充実しないのではないかな。CCCにはまだ、インヌール・ザッカリンが残っているが、どうかな。

Israel Start-Up Nationの、残る6名の契約が気になるところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました