ロードバイクの情報を発信しています!

レムコがバロワーズ・ベルギーツアーで総合優勝!

from Tongeren to Beringen, %datetext. BELGA PHOTO %photographer海外情報
http://www.sport.be/baloisebelgiumtour/
この記事は約7分で読めます。

2018UCI世界ジュニア選手権で個人タイムトライヤルとロードの二冠を達成したレムコ・イヴェネプール

 

第89回バロワーズ・ベルギーツアー(UCI EuropeTour 2.HC)で、19歳のレムコ・イヴェネプール(Decuninck-QuickStep)がプロ初の総合優勝。

これまで、ステージレースではPresidential Cycling Tour of Turkey (2.UWT)の総合4位が最高成績。

メルクスの再来と呼ばれるベルギーの怪童。19歳にしてステージ総合優勝とは凄過ぎ!

 

スポンサーリンク

レースは第3ステージで決まっていた

http://www.sport.be/baloisebelgiumtour/2019/nl/fotospecial/?fotospecial_id=15530&foto_order=2&language_id=1

今回のバロワーズ・ベルギーツアーは、まさにクイックステップ対ロット・スーダルの戦いだった。

最終的なタイム差は52秒。

この差は、第3ステージでヴィクトール・カンペナールツ(Lotto Soudal)が、レムコと2人で逃げた時に、カーブで落車しなければもっと少なくなっていたはず。

 

 

次の第4ステージは個人タイムトライヤル(9.2km)なので、アワーレコード保持者のヴィクトール・カンペナールツならばレコムよりも速く走れるはずだった。

ロット・スーダルの戦略としては、第3ステージでレムコと同タイムでゴールしていればヴィクトール・カンペナールツが総合首位に立っていたかもしれない。

だが、続くタイムトライヤルではヴィクトール・カンペナールツが第3位で4位がレムコ。

その差は、わずか1秒だった。恐るべき19歳! 

アワーレコード保持者のヴィクトール・カンペナールツと1秒しか違わないなんて

 

 

第3ステージの個人タイムトライヤル
Baloise Belgium Tour, stage 3, race highlights / time trial: Tim Wellens wint tijdrit in Grimbergen

 

第4ステージはクイック・ステップ vs ロット・スーダル

http://www.sport.be/live/nl/wielrennen/

第4ステージ

続く第4ステージ 6月15日 Stage4 Seraing~Seraing 151.1km。

今大会のクイーンステージ。山岳というほどでもないけれども、小刻みに続く丘陵地帯では徐々に足が削られるコース。

このステージでは、まさにクイック・ステップ対ロット・スーダルの総力戦となった。

 

スタートして、25kmの最初の上昇Chambrallesでカンペナールツが攻撃開始。

ヴィクトール・カンペナールツは、5人のライダーと共に逃げ集団を作る。最大3分のタイム差をつけたが、クイック・ステップが集団を牽引してカンペナールツを追い詰める。

 

http://www.sport.be/baloisebelgiumtour/2019/nl/fotospecial/?fotospecial_id=15530&foto_order=2&language_id=1

最後の登りに入る前に、カンペナールツは捕まった。

Roche aux Fauconsの2つの上昇の最初の部分で集団は崩壊。

ゴール手前、16kmで、ロットのTim Wellensがアタック!

集団とのギャップを作ることに成功。当然、チームメイトが逃げているのでカンペナールツが前を引くことはない。しかし、レムコが自ら引いてTim Wellensをつかまえる。

その瞬間にカンペナールツがアタック!

しかし、すぐさまカウンターでレムコがアタック!

 

http://www.sport.be/baloisebelgiumtour/2019/nl/fotospecial/?fotospecial_id=15530&foto_order=2&language_id=1

 

レムコのアタックについていけたのは、ヴィクトール・カンペナールツとAndreas Kron(Riwal Readynez Cycling Team)の二人だけ。

彼ら三人は後続に1分のタイム差をつけてゴール勝負へ。しかし、総合を狙うレムコがゴール前の牽引を見せて、カンペナールツがスプリント勝利。

 

ヴィクトール・カンペナールツは、タイムトライヤル以外で初めての優勝を飾ることが出来た。

しかも、逃げに乗れて、スプリント勝負で勝てたのは今後の彼のレースでも生かされるのではないだろうか。まあ、レムコがずっと引いてたし、2位はプロコンチだったからもあるかも。

 

 

ヴィクトール・カンペナールツは、チームのウェブサイトで

私は成功し、2日前のようにはクラッシュしなかった。 レムコは総合のために激しく走っていた。

このスプリントに勝つことができると知っていました。エネルギーは残していたしね。

タイムトライアルではない私の最初のプロの勝利にはとても満足している。

 

こちらは第4ステージのハイライト
Baloise Belgium Tour: Victor Campenaerts wint koninginnenrit, Evenepoel blijft stevig leider

 

最終ステージはスプリントステージ

 

最終第5ステージは、Tongeren~Beringen 158.5kmの平坦ステージ。

 

 

実は、レムコはゴール前に落車。激しかったので大丈夫かと思ったのですが肘をすりたくらいでした。

http://www.cyclingnews.com/races/baloise-belgium-tour-2019/stage-5/results/

 

レムコは、チームのウエブサイトでコメントしてます。

このレースで最年少の勝者となったことは大きな成果ですが、まだ成功していません。 チーム全体に非常に感謝している。チームは今日も私を守り続け、この素晴らしい勝利を確実にしてくれた。

今日のクラッシュを含め、あらゆるハードルを克服した。 幸いなことに、何の影響もない。不幸なことに私は一人でフィニッシュラインを越えて、ファンからその拍手を得ることができたこと。

家に帰り、家族とピザで2日間の休息を楽しんだ後、私はNationalsでの2つのレース、ITTとロードイベントのために私のビルドアップを続ける。

 

こちらは、最後に一人でゴールするシーン。

 

確実に進歩している19歳のレムコです。今回のレースでは冷静な立ち回りと、第4ステージでは一人でロットの二人を相手に一歩もひるまず独力で対処した。

素晴らしいとしかいいようがない。

 

Fumyこと別府史之は総合101位で完走している。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました