ロードバイクの情報を発信しています!

2023 サウジツアー第5ステージ 最終ステージの登りスプリントを制したのは?

海外情報
Photo credit: Basheer Olakara on VisualHunt
この記事は約16分で読めます。

サウジツアーも最終ステージ。

総合はMovistar Teamのルーベン・ゲレイロが、8秒差でUAE Team Emiratesのダヴィテ・フォルモロをリード。

ただ、最終ステージはスプリンターステージなので、ほぼ総合は決まり。そうなると今日の注目は最後のゴールを誰が落とすかだ。ここまでは

  • 第1ステージ ディラン・フルーネウェーヘン
  • 第2ステージ ジョナサン・ミラン
  • 第3ステージ ソーレン・ヴァーレンショルト

さて、2勝を上げるスプリンターが出るだろうか?

 

スポンサーリンク

第5ステージ   アルーラ旧市街~マラヤ 143km

コースプロフィール Image credit: thesauditour

 

サウジツアーの道路自体、それほど路面状態は良くない。石ころは多いし、パンクは多発。それなのに、今日はグラベルロードも用意されている。

間違いなくパンクするライダーはいるだろう。最後のゴールも少し登っているので、ディラン・フルーネウェーヘンが残れるのか注目だ。

 

  1. スプリントポイント sprint
  2. スプリントポイント sprint
  3. Hesgra Gravel sector
  4. ボーナススプリント

 

スタート前

第5ステージの4賞のジャージを着用しているのは

  • 総合 ルーベン・ゲレイロ Movistar Team
  • ポイント賞 ジョナサン・ミラン Bahrain Victorious
  • MOST ACTIVE RIDER マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team) 
  • 新人賞 サンティアゴ・ブイトラゴ Bahrain Victorious

 

逃げは6人

逃げは6人。

  1. マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team) 
  2. カミロ・マウッキ Q36.5 Pro Cycling Team
  3. Etienne van Empel(TeamCorratec)
  4. Txomin Juaristi (Euskaltel-Euskadi)
  5. Cériel Desal (Bingoal  WB)
  6. Alessandro Iacchi (TeamCorratec)

 

スプリントポイント sprint

2回目のスプリントポンイント通過。

  1. マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team) 3ポイント
  2. Txomin Juaristi (Euskaltel-Euskadi) 2ポイント
  3. カミロ・マウッキ Q36.5 Pro Cycling Team 1ポイント

 

残り66.5kmで、タイム差は1分50秒。

 

Bahrain Victoriousはポイント賞で総合5位のジョナサン・ミランでゴールを狙う。

 

残り37.2kmでタイム差は、1分47秒と変わらない。

 

Hesgra Gravel sector

さあ、先頭がグラベルロードに入った。

 

続いて集団も突入。

 

思ったほど砂ぼこりはない。

 

やはり、小さな石が多い。

 

Bingoal  WBの選手がパンク。

 

先頭はグラベルロードを抜けた。

 

集団からQ36.5 Pro Cycling Teamのマーク・ドノヴァンがアタック!

 

先頭まで31秒あるが追いつくか。

 

先頭からカミロ・マウッキが下がって、マーク・ドノヴァンをアシストするのかな。

 

Bahrain Victoriousのジョナサン・ミランはサポートカーで補給。

 

ボーナススプリント

全く争わずにポイントを通過。

  1. Txomin Juaristi (Euskaltel-Euskadi)3ポイント
  2. マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team) 2ポイント
  3. カミロ・マウッキ Q36.5 Pro Cycling Team 1ポイント

 

マーク・ドノヴァンは追いつくことなく集団に戻った。

 

残り17kmで42秒差に。

 

先頭からコラテックの選手が一人切れる。

 

先頭から切れたライダーが吸収される。

 

残り7.1kmで26秒差。

 

残り5.2km。12秒差。集団が大きく見えてきた。

 

残り3km。逃げからアタックがかかり続ける。

 

次々とアタックをかける。

 

集団が近づいた所で、Q36.5 Pro Cycling Teamのカミル・マウェツキが最後のアタック!

 

カミロ・マウッキが抜け出した。

 

残り2.9km。後続の逃げは集団に捕まる。

 

カミロ・マウッキが単独で逃げる。

 

あ~、だが、残り1.9kmで捕まってしまった。

 

残り1.7km。Team Jayco AlUlaとTeam DSMが上がっている。

 

残り1.5km。Team Jayco AlUlaが先頭でトレインを作った。

 

ここでHuman Powered Healthが先頭に立つ。

 

今度はBahrain Victoriousのアンドレア・パクアスロンが先頭だ。ジョナサン・ミランは2番手にいるが、まだゴールまで遠い。

 

アンドレア・パクアスロンが先頭から降りたところで、Team Jayco AlUlaが先頭に。

 

ここで、Cofidisが先頭に。

 

ルカ・メズゲッツの後ろからディラン・フルーネウェーヘンが出る。まだ300mもあるぞ。

 

最後の登り勝負だ。ディラン・フルーネウェーヘンが先頭に立った。だが、ゴールまで遠い。

 

ディラン・フルーネウェーヘンをCofidisのシモーネ・コンソンニがまくる。

 

ディラン・フルーネウェーヘンをシモーネ・コンソンニが抜いた。

 

シモーネ・コンソンニの後ろから、Bingoal  WBのマッテオ・マルチェッリが追い込んでくる。

 

シモーネ・コンソンニとマッテオ・マルチェッリの勝負だ。

 

二人が、ゴールでハンドルを投げた!

 

勝ったのは、シモーネ・コンソンニだ!

 

 

シモーネ・コンソンニは、登りスプリントで見事にCofidisに勝利をもたらせた。

シモーネ・コンソンニは、2020年エリア・ヴィヴィアーニのリードアウトとしてUAE Team Emiratesから移籍。昨年は、2022クラッシック・パリ・ショニーでディラン・フルーネウェーヘンを破っている。

 

この難しい長い登りスプリントで最後に勝利するのは足がないと出来ることではない。

2位となったマッテオ・マルチェッリは、Gazprom – RusVeloの消滅で昨年はコンチネルタルチームで走っていた。キャリアでは6勝をあげている。

 

スポンサーリンク

リザルト

シモーネ・コンソンニのコメント

自分も勝てる “ということを示せたのは嬉しいですね。本当に大変だった。私はすでにゴールから300mのところでスプリントを始めていた。本当にスプリントが4kmもあるように感じた。最後まで懸命にプッシュしなければならなかった。

私にとっても、チームにとっても、この勝利は、とても重要なことだ。シーズンのスタートは非常に良かった。今は、勝つこともできるんだということを示せてうれしい。

 

第5ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 CONSONNI Simone
Cofidis 14 3:10:13
2
 MALUCELLI Matteo
Bingoal WB 5 ,,
3
 ACKERMANN Pascal
UAE Team Emirates 3 ,,
4
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla   ,,
5
 KANTER Max
Movistar Team   ,,
6
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team   ,,
7
 LOBATO Juan José
Euskaltel – Euskadi   ,,
8
 TIZZA Marco
Bingoal WB   ,,
9
 SAJNOK Szymon
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
10
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious   ,,
11
 COTÉ Pier-André
Human Powered Health   ,,
12
 PRADES Benjamín
JCL Team UKYO   ,,
13
 OKA Atsushi
JCL Team UKYO   ,,
14
 WALSCHEID Max
Cofidis   ,,
15
 MEIJERS Jeroen
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
16
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team   ,,
17
 BAUER Jack
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
18
 FEDELI Alessandro
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
19
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis   ,,
20
 HINDSGAUL Jacob
Uno-X Pro Cycling Team   ,,
21
 FORMOLO Davide
UAE Team Emirates   ,,
22
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi   ,,
23
 SAINBAYAR Jambaljamts
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
24
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious   ,,
25
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates   ,,
26
 PEYSKENS Dimitri
Bingoal WB   ,,
27
 BARTA Will
Movistar Team   ,,
28
 DONOVAN Mark
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
29
 FINÉ Eddy
Cofidis   ,,
30
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health   ,,

総合

総合優勝のルーベン・ゲレイロのコメント

今日は風のおかげでリラックスできた。襲撃はあったものの、全体的には静かなものだった。最後の1kmは非常にトリッキーでテクニカルだったので、良いポジションを取ることが重要だった。私自身は、トップ10に入るようなスプリントをする脚はもう持っていなかった。

初のステージレース総合優勝ですね。

このようなことができたのは、本当にチームのおかげだ。精神的にも以前より強くなったと実感している。過去に何度も怪我をしたが、まだ20歳だと感じている(笑)。

 

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 125
15″
20:20:04
2 2
 FORMOLO Davide
UAE Team Emirates 85
7″
0:08
3 3
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 70
6″
0:09
4 4
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates 60
1″
0:18
5 5
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 50
16″
0:24
6 6
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 40
8″
0:32
7 9 ▲2
 CONSONNI Simone
Cofidis 35
10″
0:33
8 7 ▼1
 BARTA Will
Movistar Team 30   0:37
9 8 ▼1
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi 25   0:38
10 11 ▲1
 TIZZA Marco
Bingoal WB 20   0:43
11 12 ▲1
 HINDSGAUL Jacob
Uno-X Pro Cycling Team 15   ,,
12 13 ▲1
 DONOVAN Mark
Q36.5 Pro Cycling Team 10   ,,
13 14 ▲1
 PEYSKENS Dimitri
Bingoal WB 5   ,,
14 15 ▲1
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health 5   0:48
15 16 ▲1
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis 5   ,,
16 10 ▼6
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla 3   1:04
17 18 ▲1
 SAINBAYAR Jambaljamts
Terengganu Polygon Cycling Team 3   1:11
18 17 ▼1
 MÜHLBERGER Gregor
Movistar Team 3   1:37
19 19
 COTÉ Pier-André
Human Powered Health 3   1:43
20 20
 MEIJERS Jeroen
Terengganu Polygon Cycling Team 3   ,,
21 21
 ALLEGAERT Piet
Cofidis 3   2:09
22 22
 RIABUSHENKO Alexandr
Astana Qazaqstan Team 3   2:26
23 23
 LAENGEN Vegard Stake
UAE Team Emirates 3   2:31
24 26 ▲2
 VAN UDEN Casper
Team DSM 3   2:59
25 24 ▼1
 ŠTYBAR Zdeněk
Team Jayco AlUla 3   3:23
26 29 ▲3
 KANTER Max
Movistar Team     3:29
27 30 ▲3
 FEDELI Alessandro
Q36.5 Pro Cycling Team     3:32
28 27 ▼1
 GIBBONS Ryan
UAE Team Emirates     3:47
29 28 ▼1
 MARIAULT Axel
Cofidis     ,,
30 31 ▲1
 MACIEJUK Filip
Bahrain – Victorious     4:01

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 2 ▲1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 34
2 1 ▼1
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 28
3 4 ▲1
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 27
4 11 ▲7
 CONSONNI Simone
Cofidis 25
5 3 ▼2
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 22
6 5 ▼1
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 21
7 8 ▲1
 KANTER Max
Movistar Team 20
8 6 ▼2
 FORMOLO Davide
UAE Team Emirates 16
9 7 ▼2
 WALSCHEID Max
Cofidis 14
10 9 ▼1
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates 12

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 20:20:13
2 2
 MILAN Jonathan
Bahrain – Victorious 0:15
3 3
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi 0:29
4 4
 HINDSGAUL Jacob
Uno-X Pro Cycling Team 0:34
5 5
 DONOVAN Mark
Q36.5 Pro Cycling Team ,,
6 6
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health 0:39
7 7
 VAN UDEN Casper
Team DSM 2:50
8 8
 MARIAULT Axel
Cofidis 3:38
9 9
 MACIEJUK Filip
Bahrain – Victorious 3:52
10 10
 ZUKOWSKY Nickolas
Q36.5 Pro Cycling Team 5:04
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました