ロードバイクの情報を発信しています!

トム・ピドコックは、精神的にクロスシーズンが楽しみではなかったが、この冬は本当に楽しかったと

海外情報
Photo credit: McFotoSFO on Visualhunt.com
この記事は約5分で読めます。

2022シクロクロス世界チャンピオン、トム・ピドコックは今週末のホーヘルハイデでレインボージャージを防衛することはない。

だが、トム・ピドコックは、今シーズンのシクロクロスでは、一歩前進し、人気のワウト・ファンアールトとマチュー・ファンデルプールと並んで、スポーツ界のいわゆる「ビッグ3」にしっかりと食い込んだと確信している。

しかし、ビドコックは、昨年の世界選手権での勝利にもかかわらず、近年シクロクロスに愛想を尽かし、この冬は「楽しみではない」状態で迎えたことも認めている。

 

スポンサーリンク

今シーズンは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ᵀᴼᴹ ᴾᴵᴰᶜᴼᶜᴷ(@tompidcock)がシェアした投稿

 

コーチのクルト・ボガーツと僕は、冬に入る前にすでに世界選手権を走らないことを決めていたんだ。

今年の世界選手権は2月5日に開催され、その20日後にオンループ・ヘットニュースブラッドが開催されるからだ。

最初は乗れないので悲しかった。決断を発表するのにとても長い間待っていたんだ。万が一、気が変わったときのためにね。

正直、ここ数年、シクロクロスが好きではなくなっていた。特に去年の冬は、いつものように楽しめなかった。その結果、精神的にもこのクロスシーズンがあまり楽しみではなかったんだ。

でも、ロードのシーズンに向けて、いくつものレースを経験することは、自分のためになることだと理解していた。

そして、ほら……この冬は本当に楽しめた。一歩前進したんだ。いくつかのクロスレースで優勝し、ほとんどすべてのシクロクロスレースでマチューやワウトと競い合うことができたんだ。

昨年すでに「ビッグ3」と言われていたが、実際は「ビッグ2」と「ピドコック」だった。

今、私は同じようなレベルで語られている。しかも、レインボージャージで。このポジティブな進化を、すでに楽しみにしている次の冬に持ち越したいと思う。もう一歩踏み込んで、たまには彼らを打ち負かそうと思うんだ。

 

クロスのシーズン中、レインボージャージを守ろうと思った瞬間はあったの?

ディーゲムでのイブニングクロス(ワウト1位、マチュー3位)の後だ。いいコースだった。ワウト・ファンアールトに負けたけど、本当に嬉しかった。

 

どこでミスをしたかはわかっている。もう少し経験を積んでいれば、ディーゲムで勝てたかもしれない。ロエンハウトも悪くなかった。

 

昨年は違っていた。体調を崩しすぎてしまった。コロナのせいかもしれない。私の免疫システムも少し低下していたようだ。

 

英国では、何故、世界選手権に出場しないのか疑問に思う声が多いことについては?

もちろん、彼らがそう言うのは分かるが、レースに出るかどうかは自分が決めることだ。レインボージャージを守らなければならない、と考えたことはない。

シクロクロスを始めたのは、いつかビッグボーイたちと一緒に世界チャンピオンになるという大きな夢を持っていたからだ。そして、アメリカでそのタイトルを獲得した。

仮に2024年に始めるとしたら、その時は金メダルに挑戦するつもりだ。タイトルを守るのではない。

私の中では、タイトルを獲得しようとしているんだ。フェイエットビルは私の最後の世界王者ではない。そう断言できる。

 

2週間後からロードに出場しますが、今週末にレインボージャージを受け継ぐ脚を持つ選手は誰だと考えている?

ワウトだよ。ビッグレーサーだ。純粋なパワーではワウトが一番だけど、結局は1時間のクロスでタイトルが決まるんだ。世界チャンピオンになりたいなら、強さだけでなく、戦術も重要なんだ。

 

トム・ピドコックは、2月15日のボルタ・ア・アンガルヴァからロードシーズンを開始する。ミラノ~サンレモ、北のクラシック、アルデンヌクラシックを走ってからツール・ド・フランスを走る。

トム・ピドコックが再び、シクロクロス世界選手権に出場するのは、来シーズン以降まで持ち越しとなりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました