ロードバイクの情報を発信しています!

INEOS 1:59 Challenge マラソン版アワーレコードで2時間の壁を破る

海外情報
Photo INEOS159 twitter
この記事は約5分で読めます。

INEOが全面協力しておこなわれた INEOS 1:59 Challenge。

マラソンで2時間の壁を破ってやろうじゃないかというチャレンジだった。

挑戦者は、世界記録を持っているエリウド・キプチャゲ(34歳)

ウィーンで行われ、記録を達成する為にあらゆる努力を惜しまないコース設定と準備で記録を達成することが出来た。

エリウド・キプチャゲが2時間を切るために考えられたコースと準備とは?

 

スポンサーリンク

完璧なコースと周到な準備

Photo INEOS159 twitter

エリウド・キャプチャゲは、世界記録を持っているだけでなく、2016年リオデジャネイロ五輪のマラソン金メダリスト。

2017年にもスポーツ用品大手ナイキの企画Breaking2プロジェクトでイタリアのサーキットで2時間切りに挑戦したが、その時には2時間0分25秒だった。

今回、2時間を切るためにINEOSは周到な準備を行う。

その準備を簡単にまとめると

INEOS 1:59 Challenge
コースと記録達成の準備
  • コースは平坦で直線が90%
  • 7組のベースメーカー 合計42人
  • ペースメーカーをV字形に配置して風をシャットアウト
  • 緑色のレーザーラインでペースを維持
  • 給水はサポートメンバーから行う

 

ペースメーカーで前が見えないので、緑色のレーザーラインを点滅させて目標に対する進捗状況を追跡。前を走る車から照射させた。

https://www.theguardian.com/sport/2019/oct/12/eliud-kipchoge-makes-history-sub-two-hour-marathon

キプチョゲが42.2キロメートルにわたって設定したペースは、100メートルを17.08秒で走り、これを連続して422回行うというもの。

まあ、100メ-トルを17秒で走ることさえ出来ませんねえ~。

1キロのペースは2分48秒から2分54秒であったというから恐るべきスピード!

エリウド・キプチャゲは、ラスト500mでペースメーカーを解き放ち、見事2時間の壁を破り1時間59分40秒で走り切った。

 

自転車界からの称賛の声

おなじケニア出身のクリス・フルームも応援に駆けつけていた。

クリス・フルームは、先週ようやく松葉づえがなくても歩けるようになっており、エリウド・キプチャゲの偉業を祝った。

クリス・フルームがケニア出身だと知らない人は、こちらで生い立ちを書いているので参考にしてみて下さい。

 

 

マーク・カベンデッシュは「史上最も印象的なスポーツの功績」と評してツイートしている。

 

INEOS 1:59 Challengeは、石油化学会社であるIneosが1500万ポンドを出資して行われたイベントで、今年の初めに計画された。

INEOS 1:59 Challengeの支援は、ジム・ラトクリフの会社が保有するスポーツポートフォリオの1つにすぎない。今年5月にSkyがスポンサーシップを終了したときに購入したUCI WorldTourチームTeam INEOSと、ボートセーリングのBritish America’s Cupチャレンジが含まれている。

 

https://edition.cnn.com/2019/10/12/sport/eliud-kipchoge-marathon-vienna-intl/index.html

緑のレーザーでペースを維持するキプチョゲ

まあ、お金持ちのすることはわからないですが、これは良いチャレンジだったとは思いますね。

キプチョゲの記録は、オープンな競争で設定されていないため、世界新記録にはならない。

重要な点でIAAFルール(国際陸上競技連盟)と異なっているので、記録は昨年のベルリンマラソンでキプチョゲが走った2時間1分39秒が公式の世界記録のままとなる。

 

INEOS 1:59 Challengeの様子は以下で詳細にわかりますが、長いので2分くらい進めないと始まらない(^-^;
断片的に見るのが良いかと思われます。

INEOS 1:59 Challenge Live

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました