ロードバイクの情報を発信しています!

EF Pro Cyclingが今年もグラベルレースに出場する理由とは?

海外情報
Photo EF Pro Cycling instagram
この記事は約5分で読めます。

EFエデュケーションファーストは、今シーズンからEF Pro Cyclingとチーム名を変更。

若干だが、チームジャージも変わっている。

 

昨年からEF Pro Cyclingは、グラベルレースやマウンテンバイクのレースにプロロードライダーを出場させている。

これは昨年から始めた「Explore the world」(世界を冒険する)というキャンペーンの一貫だ。

 

スポンサーリンク

自転車の楽しさを伝える

Explore the world.

EF Pro Cyclingは、昨シーズンから行われていたプロライダーによる一般レースへの参加を今年も続けていくようだ。

ブロロードレースは、一般人は参加出来ない。だが、グラベルロードレースやマウンテンレースなどは一般の人も一緒に走れるレースだ。

アメリカ・カンザス州で開催された200マイル(320km)を走破するグラベルレースであるDirty Kanza。

こちらには昨年二人が参加。アレックス・ハウズが3位を獲得した。

Dirty Kanza – EF Gone (Alternative) Racing – Episode 001

イギリス全土を横断しロード・グラベル・マウンテンなど4つのレースを組み合わせた「GBDURO」。こちらは1960kmを走破する。これはラクラン・モートンが初代優勝者となっている。

アメリカ・コロラド州で行われる100マイル(160km)を走破するマウンテンバイクレースの「レッドヴィル・トレイル100・MTB」にも出場。

イギリス・ヨークシャーの代表的な3つの峠を越える「スリーピークス・シクロクロス」などにも出場。

昨シーズンにグラベルレースに参加したのは3人

  • アレックス・ハウズ(アメリカ)
  • ラクラン・モートン(オーストラリア)
  • テイラー・フィニー(アメリカ)

 

アレックス・ハウズはアメリカ国内チャンピオンにもなった。ロードも走りグラベルロードも走る。今シーズンも続ける予定だ。

 

 

タイラー・ファニーは残念ながら、ケガからの復帰が思わしくなくロードレースの世界から引退してしまった。

 

 

新しいブロロードチームの形

Photo EF Pro Cycling instagram

GMのジョナサン・ヴォーターズは、このようなイベントに参加することは、スポーツを「破壊」するという当初の目的に沿ったものであるだけでなく、新しいファンを引き付ける助けにもなったと言う。

彼は次のように述べている。

チームの核となる文化は、常に創業当初から破壊することだった。それは私たちが常に考えていたことであり、それが創業の原則だった。

異なるチームには異なる設立原則があるが、このチームでは前者とは異なる方法で物事を行うことだった。

毎年変えていかないといけないと思っている。いろんなレースに出たいね。例えばブータンのレースも見ているし、南アフリカのレースにも興味がある。
今年とコンセプトは同じで、場所はいろいろなところにトライしていきたい。

 

EF Pro Cyclingは2018年には6勝だったが、2019年には17勝をあげポイントランキングも急上昇した。これは若い選手の活躍もあるが、自由なチーム風土も影響しているのではないだろうか?

Jumbo-Vismaから移籍してくるニールソン・パウレスも、今シーズン大きく伸びるかもしれない。管理されるよりも自由なほうが成長できるライダーもいるだろうし。

 

 

プロロードチームがファン層拡大の為に、一般のレースに出てアピールしたり活動したりするのは良いことだと思う。

グラベルに出ているモートンやアレックス・ハウズもロードの力は維持出来ているという。

大衆にアピールするためには、スポーツをよりオープンに、より多くの代替レースに向けて出場すること。そしてそれを受け入れるチームになることが必要なのかもしれない。

TREKも同じようにプロライダーがグラベルレースに出場。このような活動は、未来のプロロードチームの形を見ているのかもしれない。

 

こちらは、GBDUROに出場したラクラン・モートンのビデオ
GBDuro 2019 – EF Gone Racing

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました