ロードバイクの情報を発信しています!

Jumbo-Vismaを離れるニールソン・パウレス 彼の求める自由の意味とは?

海外情報
Photo Neilson Powless instagram
この記事は約5分で読めます。

ニールソン・パウレスは、今シーズンの終わりにJumbo-VismaからEF Education Firstに移籍する。

才能ある23歳の若者は、2018年にAxeon Hagens Bermanからワールドツアーチームに入ったが、彼は1年半の間進歩を感じることはなかったと言う。

Jumbo-Vismaはオランダのチームだが、ツール・ド・フランス制覇を狙うチームとして厳格にライダーを管理。食事から練習内容まできっちりと決められたメニューをこなさなければならない。

彼の言う自由とは何を意味しているのだろうか?

 

スポンサーリンク

Jumbo-Visma開発システム

Photo Neilson Powless instagram

Jumbo-Vismaに来る前に、パウレスはAxeon Hagens Bermanトレーニングチームに2016年から所属。彼の母国アメリカのコンチネンタルチームだ。

2016年には、ツアー・オブ・カリフォルリアで20歳という最年少選手ながら山岳ステージで素晴らしい走りを見せ、最終的に新人賞獲得に総合9位。

この時の総合優勝はジュリアン・アラフリップで、トップ10にはそうそうたるメンバーが並んでいる。

Axeon Hagens Bermanは、パウレスを筆頭にテイオ・ゲイガンハート(Team INEOS)とルーベン・ゲレイロ(Team Katusha Alpecin)と3人で新人賞を独占した。

ルーベン・ゲレイロとは2020年からまた一緒のチームで走ることになる。

 

ニールソン・パウレスは、ツール・ド・ラヴニールの最終ステージでも、山頂ゴールで優勝しており将来を期待される新人だった。

アメリカでの走りは、ワールドツアーチームへの道を切り開くことになる。

だが、パウレスはチームメイトだったテイオ・ゲイガンハートが活躍する一方、Jumbo-Vismaでは、才能を開花させることなく輝くことはなった。

それは何故か?

 

トレーニング体制が関係

Photo Neilson Powless instagram

パウレスはヨーロッパに来て、ピザの手配や精神的な疲労も覚えていた。だが、実際に問題があったのはトレーニング体制だった。

「私は1年半の間、良くなっていませんでした」

Jumbo-Vismaでは、より少ない強度、より少ない量のトレーニングだった。だが、それではパウレスは進化しなかったのだ。彼はもっとハードに沢山練習したかった。

チームとパウレスはトレーニングの異なるビジョンを持っていたことになる。

最終的に、チームは彼と話し合いトレーニング計画を彼の手に委ねることに同意した。

トレーニングを自分でコントロールし始めて、3年間で近づかなかったパワーレコードも破ることが出来た。

ニールソン・パウレスが、2019ブエルタ・ア・エスバーニャでプリモシュ・ログリッチの重要なアシストを出来たのは偶然ではない。この頃には自分でも進化を感じることが出来ていたのだ。

こうして、パウレスはシーズンを前向きに終わらせることが出来た。

 

EF Education Firstの方が快適だ

Photo EFprocycling twitter

ニールソン・パウレスは、景色の変化に大きな期待を寄せている。

すでに彼はEF Education Firstのメンバーと練習しており、新しいチームメイトと知っている数人のライダーと共にいる。

彼はまた、新しいチームで「よりハードにトレーニングする自由」を持つことを楽しみにしている。

それが、彼がチームを切り替えたい最大の理由で、食物、食事、訓練プロトコルの細かな管理は彼には向かなかった。

だが、この2年間で食事や補給については大きな収穫があったという。Jumbo-Vismaにはフードコーチアプリがあり、毎晩何グラムの量の食物と鶏肉を食べることが出来るか計算することが出来る。

レースでの補給についても多くのことを学んでおり、特にブエルタでの3週間は貴重な体験だったと語っている。

パウレスの2シーズンは、サポートの役割を果たす機会を彼に与えてくれた。プリモシュ・ログリッチ、ステェファン・クライスヴァイク、ワウト・ファンアールト、常に彼は全力でアシストをしている。

だが、EF Education Firstでは、彼自身の勝利のために走るチャンスが確実に増えるだろう。

あらゆる種類のプロトコルを遵守する必要のなくなったパウレスは解放感を感じている。彼が欲しかった自由とはハードにトレーニングすることと共に自分の走りをすることも含まれている。

パウレスは結果を念頭において来シーズン走り出す。まずはオーストラリアに焦点を合わせて進化した走りを見せてくれるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました