ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールは勝利のために早めに加速したくなった

海外情報
Photo RectavitSeries twitter
この記事は約3分で読めます。

マチュー・ファンデルプールは、Rectavitのワースランドクラス(Waaslandcross)で優勝。

スタートから、しばらくはゼネク・スティバル(Deceuninck – Quick Step)が3番手を走っている。さすがは元世界チャンピオンだ。

 

 

スポンサーリンク

Rectavit Waaslandcross Sint-Niklaas

このコースはとても高速なレース展開だった。

4周目まではマチュー・ファンデルプールも集団の中におり、ハーマンズやトム・ピドコックが先頭を走る。

今回のポイントは下の画像のカーブの部分だった。

 

https://www.youtube.com/watch?v=6DIrjog_9x8

マチュー・ファンデルプールは右側を乗ってクリアー

マチュー・ファンデルプールが海岸線の砂場を先頭で走る。問題となったのは、砂場のカーブだ。

 

マチュー・ファンデルプールは、乗ったままクリアーしたが2番手のハーマンズは乗り切れず。わずかなミスで差がついてしまう。

マチュー・ファンデルプールはアナウンスで砂場で後ろが遅れたというのを聞いて加速。高速コースでのわずかなミスは致命的だ。

 

レース後のインタービューでマチュー・ファンデルプールは

実際、私はそのグループにもう少し長くいたかった。しかし、誰かが私の後ろの砂で立ち往生しているとアナウンスを聞いた。
すぐに贈り物として隙間ができた。
それはリードするのが難しいサーキットで、決定的だった。

そこからの走りは、いつものマチュー・ファンデルプールの走りだったが、彼は簡単ではなかったと言う。

シクロクロスで全開で走るにしても、制限時間は1時間だ。ウルトラマンの3分よりは長いが、いかにマチュー・ファンデルプールでもいつも勝つのは困難だ。

このようなテクニカルでない高速なコースでギャップを作り出すのは難しい。わずかなチャンスを物に出来るのも凄いことではあるけれども。

 

ゼネク・スティバル Photo deceuninck_qst twitter

元世界チャンピオンのゼネク・スティバルは6位でフニッシュしており、徐々に順位をあげてきている。

今夜もワールドカップのナミュールで再びマチュー・ファンデルプールは走る。2日連続の勝利となるだろうか?

 

こちらは男女のハイライト
Sint Niklaas 2019 Highlights – Rectavit Series Elite Men's & Women's Races | CX On GCN Racing

こちらは男女のフル動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました