ロードバイクの情報を発信しています!

Israel – Premier Techのライダーは命を狙われる可能性がありチームジャージが着れない

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約2分で読めます。

Israel – Premier Techの選手達は、報復を恐れてチームジャージが着れないそうだ。

これはイスラエルという名前が入ったジャージを着て走ると危険だということだ。

すでに、今シーズンイタリアのヴェネトでのレースでは、警察が武装してレース車両の周りを警備していた。爆発物が車やバスの下にあったら大変だからだ。

その他の対策として何をしてるのだろうか?

 

スポンサーリンク

チームジャージは着用しない

 

INEOS Grenadiersのオーナーであるシルヴァン・アダムスがチームはかくれんぼしないなどと発言して更に状況は悪くなっている。

当然、イスラエルでキャンプなど出来るはずもなく、チームが集まるのは違う場所になっている。特定されてはいけないので、あまり情報は出ていない。

さらに、チームは対策としてイスラエルの国旗、名前の入ったジャージは着ていない。どんなジャージを着ているのかは、これも危険なので知らされていない。

 

チームは公式声明で以下のように語っている。

「2024年はプロトンでの我々の10年目のシーズンであり、我々はIsrael – Premier Techとして誇りを持ってレースを続けていく。

チームメンバーの安全とセキュリティは私たちにとって最も重要だ。そのため、私たちはさまざまな対策を講じてきた。

これにはトレーニングウェアの使用も含まれる。私たちのライダーは、レースバブルの外にいるとき、またはトレーニングを終えたばかりのときに、そうしなければならないと感じた場合にこれらを着用できる。」

 

デモをしている場所であるとか、今後はレース中、前後も気を付けないといけない。ライダーにはなんの関係もないのだけれど、物騒な話だ。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました