ロードバイクの情報を発信しています!

ツール第7ステージでサガンとジュリアン・アラフリップがスプリント出来なかった理由とは?

海外情報
Image by mohamed Hassan from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ツール・ド・フランス第7ステージは、BORAの積極的な引きによりスプリンターの脱落。横風での集団分裂。そして最後は残ったライダーによるスプリント勝負となった。

サガンはワウト・ファンアールトの後ろについており、良い位置だった。これはポイント加算かと思っていたが、全く伸びず。

ジュリアン・アラフリップは手を上げて何か怒っている。

彼らがスプリントに参加出来なかった理由とはなんだろうか?

 

スポンサーリンク

絶好の位置だった二人

cycling today verより 以下同様

集団はNTTのミカエル・ヴァングレンがエドワード・ボアッソンハーゲンを引いて先頭を走る。

3番手はジャバー・スティーブン(TREK)。その後ろにワウト・ファンアールトとサガンがいる。ジュリアン・アラフリップはさらにその後ろだ。

 

ミカエル・ヴァングレンが先頭を譲り、右にはジュリアン・アラフリップも上がっているのがわかる。

 

ジュリアン・アラフリップは先頭のエドワード・ボアッソンハーゲンを抜こうかという位置まで上がってきた。ワウト・ファンアールトはまくりに入る位置だ。

 

この時にすでにサガンはいない。サガンがスプリントに参加出来なかった理由とは?

それは機械的な問題だった。しかし、それはすべての話ではない。ファンアールトの後ろにいたが、ポジションを外れ、全員が抜き去った。

落車しないように努めた。誰かと接触した。誰なのかわからず、チェーンが外れた。幸運ではない。その後、最前線に立つことは不可能だった。

 

だが、チームは成功した。監督は作戦に反対していたがチーム員全員の意見でスタートから先頭を引いくことを決めていた。

この戦術は2013年ツールでも行われており、その時にはサガンは勝利した。今日はチェーンが落ちてスプリントに絡めなかったが、グリーンジャージも取り返し作成は大成功だ。

 

トップまであと少しだったジュリアン・アラフリップが手を上げて怒っている。

 

ジュリアン・アラフリップはが手を上げて怒っている理由とは?

スプリントに対して本当に良い位置にいたが、クリップを外したため、スプリントができなった。

スプリットでチームのほとんどを失ったので、チームにとって素晴らしい日ではなかった。最初からフルガスで、ゼロキロから考える時間はなかった。

 

なんと、ペダルが外れてしまったとは残念。だが、こけなくて良かった。

二人共、バランス感覚は抜群なので落車を免れているが、危ない場面だった。特にジュリアン・アラフリップは何で怒っているのかわからなかったので、これで納得だ。

 

こちらはラスト1kmからの動画
Tour de France 2020: Wout van Aert does it again on Stage 7

コメント

タイトルとURLをコピーしました