ロードバイクの情報を発信しています!

Uno-X Pro Cycling Teamはマグナス・コルトニールセンにジロマリアローザ着用者を獲得

海外情報
Photo credit: babbo1957 on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

これはちょっと驚きの移籍ニュース。

EF Education-EasyPostのマグナス・コルトニールセンがUno-X Pro Cycling Teamに移籍発表。Uno-X Pro Cycling Teamは、今年ツールに初出場となったけれど、来年も出場出来るとは限らない。

マグナス・コルトニールセンは、来シーズン以降グランツールで活躍が見れるのか。

また、2023ジロでマリアローザを着用した、Team dsm – firmenichのアンドレアス・レックネスンも獲得している。

 

スポンサーリンク

マグナス・コルトニールセン 3年契約

 

マグナス・コルトニールセンは、今シーズンも3勝をあげている。まずは、ヴォルタ・アン・アルガルヴェ第2ステージで今シーズンの初勝利。

 

続く第3ステージも勝利する。マグナス・コルトニールセンの場合には、調子が良いと連続するところが凄い。

 

さらに、ジロ第10ステージでも逃げ切りが勝利している。これで、ブエルタ6勝、ツール2勝、ジロでは初勝利だ。

 

マグナス・コルトニールセンは面白い記録も持っている。2022ツール・ド・フランスでは11連続山岳ポイント獲得という離れ技も披露した。

 

これほどの勝てるライダーをEF Education-EasyPostは放出するとは、信じられないことだ。逆にUno-X Pro Cycling Teamにとっては、大きな補強となる。

一気にチームのリーダーとなりそうな感じだ。

 

アンドレアス・レックネスン 

 

2023ジロ・デ・イタリア第4ステージで2位となり、5日間マリアローザを着用したアンドレアス・レックネスンがUno-X Pro Cycling Teamに帰ってくる。

元々2020年までUno-X Pro Cycling Teamの開発チームで走っていた。2019・2020ノルウェーTT王者でもあり、総合でチームのリーダーとなるだろう。

ジロ・デ・イタリア総合8位は立派な成績だ。逆にTeam dsm – firmenichは、将来の総合エースを放出してどうするのだろうか。

アンドレアス・レックネスンは2026年までの3年契約となる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. 毎日読者K より:

    タイトルの記載チームがEFになっていますが、獲得したのはウノエックスですね。

    それと、ランクの過去記事を読み返してみたら、マグナスコルトの2022
    ツールでの山岳ポイントは連続7回ではなく、11回というとてつもない新記録でした。

    逃げれて、更に逃げの小集団からのスプリント力もあるマグナスコルトニールセン。今後も楽しみですがチームがグランツールに出れるかどうかが活躍の鍵になりますね。

    あのダンディーな口ひげで、KOMポイントを盛り上げてもらいたいです。

    総合も補強して、ウノエックスは更に強くなりそうですね、次回の改変ではワールドチームへの昇格に関して最有力となりそう(^_^)

    • ちゃん より:

      いつも教えて下さり大変助かります<(_ _)>

      噂は少し前からあったのですが、まあ8月1日になると解禁なので確実にわかるので紹介しておりました。

      現在、Uno-X Pro Cycling TeamはUCIランキング21位。ワールドツアーでの勝利が欲しいですね。マグナス・コルトニールセンの獲得で大きなポイントゲッターとなれば、可能性がない訳ではないと言った感じでしょうか。

  2. Kaz より:

    Leknessundをネックレスンと誤読するのは、いい加減に止めましょう。

    • ちゃん より:

      アンドレアス・ネックレスンでしたね。あんどれあすねで単語登録していたのですけど、いつからか間違ってました。
      自分では、中々気づかないので教えて下さり本当に助かります。また、遠慮なく教えて下さい<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました