ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファン・アールトがツール・ド・フランスに初出場。ログリッチは出ない?

海外情報
Photo by Stephane Mantey-Pool
この記事は約7分で読めます。

Team Jumbo-Vismaは、ツール・ド・フランスのラインナップを公表。

ワウト・ファン・アールトは、初めてのツール・ド・フランス出場を獲得。

プリモシュ・ログリッチは出場せず、チームリーダーは、昨年ツール総合5位のステフェン・クライスヴァイクがつとめることに。

 

スポンサーリンク

Team Jumbo-Vismaスタートリスト

Team Jumbo-Vismaは、ツール・ド・フランスの出場選手をツイートで報告。

 

赤字は平坦ステージ担当
  • ディラン・フルーネヴェーヘン (GROENEWEGEN Dylan)26歳 スプリンター
  • ステフェン・クライスヴァイク (KRUIJSWIJK Steven)32歳 オールラウンダー
  • ワウト・ファン・アールト (VAN AERT Wout)25歳 ルーラー
  • トニー・マルティン(MARTIN Tony)34歳 TTスペシャリスト
  • ジョージ・ベネット(BENNETT George)29歳 クライマー
  • アムントグレンダール・ヤンセン(JANSEN Amund Grøndahl) 25歳 ルーラー
  • ローレンス・デプルス(DE PLUS Laurens)24歳 クライマー
  • マイク・テウニッセン(TEUNISSEN Mike) 27歳 ルーラー

 

今回のメンバーを見ると、平坦と総合、そしてトニー・マルティンのTTでの区間優勝を狙っていけそうだ。とてもバランスは良いのでは。

ログリッチは、ジロの後半からあきらかに疲れが出ていてベストではなかった。さすがにジロとツールのダブルで出場は難しいのだろう。

 

ディラン・フルーネヴェーヘンのスプリント勝利を狙う

http://www.cyclingnews.com/news/jumbo-visma-confirm-van-aert-groenewegen-and-kruijswijk-for-tour-de-france/

ディラン・フルーネヴェーヘン

今回のJumbo-Vismaのスタートリストを見てみると、平坦ステージではディラン・フルーネヴェーヘンのスプリンター勝利のアシストが4人。

ディラン・フルーネヴェーヘンは2017年のパリシャンゼリゼの最終ステージで優勝。2018年のツール・ド・フランスでは区間2勝。今年はすでに8勝をあげている。

キッテルが自転車から去り、カヴェンディシュやアンドレ・グライペルの調子が上がらないなか、最強のスプリンターの一人として浮上してきたディラン・フルーネヴェーヘン。

今年は、フェルナンド・ガビリアとの最強スプリンター対決が楽しみだ。

 

ディラン・フルーネヴェーヘン2019成績
優勝したレースのみ
  • Volta a la Comunitat Valenciana (2.1) STAGE-5 1位
  • Volta ao Algarve em Bicicleta (2.HC)  STAGE-4 1位
  • Paris – Nice (2.UWT) STAGE1-2 1位
  • Driedaagse Brugge-De Panne (1.UWT) 1位
  • 4 Jours de Dunkerque / Grand Prix des Hauts de France (2.HC) STAGE1-2-3 1位
 

ステフェン・クライスヴァイクが総合を狙うエース

ステフェン・クライスヴァイク photo:CorVos

総合を狙っていく、ステフェン・クライスヴァイクの山岳アシストはジョージ・ベネットとローレンス・デプルスが務めることに。

昨年は、チームメイトのログリッチを助けながらも総合で5位。彼の懸命なアシストは素晴らしかった。

続く、2018ブエルタでも総合4位。今回のツール・ド・フランスにはログリッチェが出場しないため、彼が単独のエースとなる。

タイムトライヤルも改善しており、今年もツールで総合上位が望めるのではないだろうか。昨年のツールのようにログリッチと二人で攻撃ということが出来ないのは少し残念。

ステフェン・クライスヴァイクの今年の成績は、とても安定している。現在、ファン・アールトと共にクリテリウム・ドーフィネにも出場しているが良い結果が出ることを期待している。

 

ステフェン・クライスヴァイク2019成績
  • Vuelta a Andalucia Ruta Ciclista Del Sol (2.HC) 総合3位
  • Volta Ciclista a Catalunya (2.UWT) 総合5位
  • Tour de Romandie (2.UWT) 総合6位

 

ワウト・ファン・アールトのツール

 

ツイッターで、ワウト・ファン・アールトは語っている。

「私はグランドツアーデビューを予想より少し早くするつもりです。来月ベルギーのツール・ド・フランスでスタートラインにたつでしょう。

 それは私にとってとても素晴らしいことです。この機会にチームのサポートについて感謝したいです。 私は強いチームと走れることを本当に楽しみにしています。

とても難しい経験になるでしょう。 またブリュッセルでお会いしましょう」

ワールド・ツアーチーム1年目で、ツール・ド・フランス出場は素晴らしい。

だけれども~

 

シクロクロスライバルのマチュー・ファンデルプールには、ロードの活躍でもはっきり言って少し差を開けられた感がある。

 

今年の成績を見てみると

2019年戦績
  • Omloop Het Nieuwsblad Elite (1.UWT) 13位
  • Strade Bianche (1.UWT) 3位
  • Milano-Sanremo (1.UWT) 6位
  • E3 BinckBank Classic (1.UWT) 2位
  • Gent-Wevelgem in Flanders Fields (1.UWT) 29位
  • Ronde van Vlaanderen – Tour des Flandres (1.UWT) 14位
  • Paris-Roubaix (1.UWT) 22位
  • Amstel Gold Race (1.UWT) 58位
 
ストラーデ・ビアンケやピンクパンク・クラシックでも表彰台に立っている。だが、少し物足りない感じがするのは私だけでしょうか?
シクロクロスで世界を3度制した男にしては、ロードでも1勝はしてほしかったような~。
 
 

photo Luc Claes

 

Vismaのスポーツディレクター、Merijn Zeemanは次のように述べています。

「彼はチームを強くします。 彼はまだレース日数は多くありませんでした。そしてワウトは理想的な方法で自分自身を準備しました。

ツアーの後、数レースほどロードを走り、その後、シクロクロスシーズンの準備が始まります」

 

ワウト・ファン・アールトのツール・ド・フランスの後のレーススケジュールは

  • 8.12 Binck Bank Tour more
  • 8:25 EuroEyes Cyclassics Hamburg more
  • 9.1 Bretagne Classic – Ouest-France

 

ワウト・ファン・アールトにとっては、ツール・ド・フランスが初めての長いステージレースになる。楽しみなのはどこまで、山岳で走れるのか。

ディラン・フルーネヴェーヘンのアシストとして、平地でどこまで引っ張れるのか見ものです。

 

クリテリウム・ドーフィネのファーストステージでも3位に入っている。

 

ワウト・ファン・アールトに関する関連記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました