ロードバイクの情報を発信しています!

パリ~ルーベでのトラブル ワウト・ファンアールトのミスは?

http://www.cyclingnews.com/news/van-aert-bonks-at-end-of-rough-paris-roubaix/ 海外情報

昨晩のパリ~ルーベ。結果は、チーム力を発揮したクイックステップのフィリップ・ジルベールの優勝となりました。

私は、ストリーミングで最後まで見てました。

残り210キロくらいから、見始めて途中はチラチラとスマホで確認。ラスト60キロあたりからスマホとパソコンで見てました。

この中で気になったのが、先頭集団から遅れてしまった、ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマと4位になったセップ・ファンマルク(ベルギー、EFエデュケーションファースト)です。

ファンマルクはメカトラで11Tしか使えなかったようですね。

ワウト・ファンアールトは、あきらかに、最後は全力が出せない状態でした。彼に何があったのでしょう。

 

スポンサーリンク

ワウト・ファンアールトの不運

このツイートは、バイク交換している時の映像ですね。

 

私が見ている時には、先頭集団は、

  • フィリップ・ジルベール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
  • イヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)
  • ペーター・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
  • ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィズマ)
  • セップ・ファンマルク(ベルギー、EFエデュケーションファースト)
  • ニルス・ポリッツ(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)

の6名。

ファンアールトが遅れたのは、ゴールまで23キロ地点の「セクター6 ブルゲル~ワヌアン」の出口でした。

ここで、好調なジルベールがアタック。これにサガンとポリッツはすぐに反応。

後続のランパールトとファンマルクとファンアールトはお見合い状態。ファンアールトが先頭を走っていた時に、先頭交代で前に出た二人がゆるい坂で一気にペースを上げました。

ここで、ファンアールトは力なく離れていってしまったのです。

なんで、ここで遅れてしまったのか?
第1の原因は、「セクター19 トルエー=ド=アランベール 」でのパンク。
https://www.cyclowired.jp/news/node/292514

トルエー=ド=アランベール photo:Kei Tsuji

ゴールまで95キロ地点にあらわれる、「地獄の入り口」

それは森の中のパヴェで、全部で3つある5つ星パヴェの1つ目だ。

2014年には、優勝候補だったアレクサンダー・クリストフがパンクして脱落してしまったパヴェなのだ。

ファンアールトもこの森で穴に前輪がヒットしてパンクしてしまい、パスカル・エーンクホーンのバイクを借りて再度走りだした。

ファンアールトは40秒のギャップをおいついたが、そのエネルギー消費は多大だったはず。ここで補給をおこたったのも、最後に力が残らなかった原因の一つです。

 

落車によるトラブル

http://www.cyclingnews.com/news/van-aert-bonks-at-end-of-rough-paris-roubaix/

さらに悪いことに、スペアバイクに乗り換えた最初のコーナーで砂で落車。

フロントギアが使えず、結局インナーで走ることに。幸いにも、インナーチェーンリングもパリ~ルーベでは平地が主なので、かなり大きいですが、インナーではねえ~。

大きいといっても、44Tくらいでしょうから、これで良く走ったものです。

ヴァルレン〜ブリヨンのセクター16の区間で、1分のタイムギャップを埋めてます。

しかも、チームメイトの助けもなしに。

チームメイトである、マーテンワイナイトとマイク・テウニッセンは集団にいたのだ。最終的にマイク・テウニッセンは7位に入っていますけど。

 

ハンガーノックと、足の使いすぎでエネルギーは枯渇。最終的には、追走集団にもついていくことは出来ずに22位でゴール。ゴール後は倒れ込んでしまいました。

http://www.cyclingnews.com/news/van-aert-bonks-at-end-of-rough-paris-roubaix/

ワウト・ファンアールトの追走劇は、ロンド・ファンフラーデレンでのマチュー・ファンデンプールを思い出させる熱い走りでした。

シクロクロスの世界チャンピオン二人は、やっぱり怪物ですね!

 

区間レース距離残り距離名称長さ難易度
2997.5km159.5kmトロワヴィル〜アンシー900m☆☆
28108.5km148.5kmブリアストル〜ヴィースリー3,000m☆☆☆☆
27111.5km145.5kmヴィースリー〜キエヴィ1,800m☆☆☆
26116km141kmキエヴィ〜サンピトン3,700m☆☆☆☆
25118.5km138.5kmサンピトン1,500m☆☆
24127.5km129.5kmヴェルテン〜サン=マルタン=シュル=エカイヨン2,300m☆☆☆
23136.5km120.5kmヴェルション=モグレ〜ケレネン1,600m☆☆☆
22140.5km116.5kmケレネン〜マン2,500m☆☆☆
21142.5km114.5kmマン〜モンショー=シュル=エカイヨン1,600m☆☆☆
20156.5km100.5kmアヴルイ〜ワレー2,500m☆☆☆☆
19164.5km92.5kmトルエー=ド=アランベール2,300m☆☆☆☆☆
18170km87kmワレー〜エレーム1,600m☆☆☆
17179km78kmオルネン〜ヴァンディニー3,700m☆☆☆☆
16185km72kmヴァルレン〜ブリヨン2,400m☆☆☆
15188.5km68.5kmティヨワ〜サール=エ=ロジエール2,400m☆☆☆☆
14194km63kmバーヴリー〜オルシー1,400m☆☆☆
13199km58kmオルシー1,700m☆☆☆
12206.5km50.5kmオシー〜ベルシー2,700m☆☆☆☆
11212km45kmモンサン=ぺヴェル3,000m☆☆☆☆☆
10215.5km41.5kmメリニー〜アヴリン700m☆☆
9220km37kmポン=ティボ〜エンヌヴラン1,400m☆☆☆
8224km33kmタンプルーヴ〜レピネット200m
8225km32kmタンプルーヴ〜ムーラン=ド=ヴェルテン500m☆☆
7232km25kmシソワン〜ブルゲル1,300m☆☆☆
6234.5km22.5kmブルゲル〜ワヌアン1,100m☆☆☆
5239.5km17.5kmカンファナン=ぺヴェル1,800m☆☆☆☆
4242.5km14.5kmカルフール=ド=ラルブル2,100m☆☆☆☆☆
3244km13kmグルソン1,100m☆☆
2251km6kmヴィルム〜エム1,400m☆☆☆
1256km1kmルーベ300m
 
ファンアールトは、フィニッシュでメディアに囲まれて横たわってました。
気分最悪で、死んでいると。二度の追走で食べることも忘れてしまっていたと。フィニッシュから30キロで、エネルギー不足に気付いた。
そこからの理想的なシナリオはグループがカルフールまで協力し続けることだったけれども、彼らはアタックを初めてしまったと。
 
ファンアールトの次のレースは、アルデレンヌクラッシックです。落車では、滑っただけなので理学療法士の元に訪ねる必要があるけれども、今のところそれほど悪くはないと言っています。
 
ファンアールトのハンガーノックは、2回目。チームも基本的なことなのだから指導も必要かと思います。
シクロクロスは1時間なので、補給もいらないでしょうけれどもロードは長いですからねえ~。
この経験を次につなげて欲しいです。
 
こちらは、総集編です。
Summary – Paris-Roubaix 2019

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました