ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネ第2ステージ ゴール前の熾烈な戦い

海外情報
photo Team Jumbo-Visma twitter
この記事は約6分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネの第2ステージは波乱が巻き起こった。ゴール後も凄かったんですけどね。

ゴール後の様子は以下の記事で

 

レースが中止にならなくて良かった。あと少し時間がずれていたら開催も出来なかっただろう。

少々の雨ならば問題ないが、道路が川になって路面にヒョウが溜まっては走ることも出来ない。

ただ、レースは熱い戦いが繰り広げられた。イネオスの作戦が成功したように見えたけれども~。

 

スポンサーリンク

Stage 2 » Vienne › Col de Porte (135k)

第2ステージ photo aso

距離は135kmと短いが、その分内容はタップリだ。

前半の3級、4級山岳なんて可愛もの。ゴール手前40kmの1級山岳でもスプリンターは振るい落される。

ゴール前まで、距離がないので復帰することも出来ない。そして、最後の決着は超級山岳。

 

ボルド峠 aso

この長いボルド峠へのゴールで勝負が決まることは間違いないコースだ。

 

逃げは登りまで

photo Tiz-Cyclingストリーミング映像より 以下同様

 

逃げのメンバーは各チーム均等と思ったら、Total Direct Energieは二人。

  1. Jérôme Cousin (Total Direct Energie)
  2. Geoffrey Soupe (Total Direct Energie)
  3.  Bruno Armirail (Groupama-FDJ)
  4. Kasper Asgreen (Deceuninck-QuickStep),
  5. Jasha Sütterlin (Team Sunweb)
  6. Ben O’Connor (NTT Pro Cycling)
  7. Michael Schär (CCC Team)
  8. Fabien Doubey (Circus-Wanty Gobert)

この中には、第1ステージで山岳賞ジャージを獲得した、ミハエル・シャー(Team CCC)もいる。

連日逃げるとは、頑張りますね。

 

ミハエル・シャーは、登りに入るとスルスルと先頭に出てきてペースを作る。

後ろでは、ベン・オコナー(NTT)が最初に切れる。一番山岳が得意そうなのに何で?  2018ジロでは第19ステージまで総合12位に位置していたほどなのに~。

カスパー・アスグリーンも切れて、最後には二人だけとなる。

 

残ったのは、ブルーノ・アルミライル(FDG)とミハエル・シャー。

 

後ろから追う集団の先頭は、リーダージャージのワウト・ファンアールト。なんと20km以上に渡って先頭を引き続ける。

先頭交代を見たのは1度だけだった。ワウトをアシストとして使い捨てるJumbo-Vismaの贅沢な作戦だ。

だが、第1ステージではエガン・ベルナルが3位なのだからJumbo-Vismaが引く必要もないように思えるけど。

 

後ろでは、セルヒオ・イギータ(EF Pro Cycling)が落車。黄色のコロンビアチャンピオンジャージを着ている。

登りでは、間違いなく残ってくる選手のはずだったのに残念。115位でゴール。

 

ワウト・ファンアールトの引きに、スプリンターは遅れる。まずはアンドレ・グライペル。今回のステージでは活躍出来る場所がない。

 

ついで、サガンと、ニルス・ポリッツ。来シーズンは一緒に走る二人も揃って遅れる。今からサガンのアシストをポリッツはしている?

 

2日目の山岳賞ジャージも確定した、ミハエル・シャーは後ろに下がり、先頭はブルーノ・アルミライルだけに。

彼はかなり頑張った。後ろに集団が見えていても登り続ける。

 

イネオスのトレインが完成

このステージのイネオスのトレインはとても綺麗だった。この時点で全てのライダーが残っており、対するJumbo-Vismaは3人。

イネオスは順番にカードを切っていく。

 

そして、ついにミカル・クウィアトコウスキーの順番まで回ってくる。ミカルは渾身の引きを見せて集団を絞っていく。ジュリアン・アラフィリップも切れる。

次は、いよいよフルームの順番かと思っていたら。

 

なんと~。フルームは後ろをチラっと見て、付き切れして後ろに下がっていく。

もう、まさかでしたね。まあ、第1ステージよりは頑張ったかな。

 

ミカル・クウィアトコウスキーが外れてから、前を引くのはゲラント・トーマス。

トーマスの引きで、アレハンドロ・バルデルデ、リゴベルト・ウラン、ステファン・クライスヴァイクが切れる。

 

イネオスは最後のカードのバヴェル・シヴァコフを先頭に。

もう、後ろにはJumbo-Vismaが陣取ってスタンバイしている状態だ。バヴェル・シヴァコフの引きも長くは続かない。

エマヌエル・ブッフマンのアタックに、ナイロ・キンタナが反応し先頭はバラバラに。

 

ここで、集団をまとめたのはセップ・クス。この時点でトム・デュムランは遅れている。だが、セップ・クスは素晴らしいスピードで集団を牽引。

エガン・ベルナルがアタックをかけて抜け出しをはかるが。

 

逆にプリモシュ・ログリッチのカウンターアタックを受ける。追いつくスピードがベルナルになかった。

 

プリモシュ・ログリッチはゴールに向かって突き進む。ベルナルはつけるどころか離されてしまった。ギョーム・マルタンが追走で頑張ったけれど。

 

プリモシュ・ログリッチは2位のティボー・ピノに8秒もの大差をつけてゴール。完全にライバルを封じ込めた。

最後にセップ・クスが残っていたのは非常に大きい。逆に万全の体制だったイネオスの支配はラスト3kmで崩れた。

最終局面になるまでに、もっと人数を絞らないといけないだろう。ベルナルもアタックをかけずについていれば、ここまで遅れることもなかったはず。

第3ステージからは、Jumbo-Vismaがレースを支配することになる。時代が確実に変わる転換期を見ているようだ。

 

リザルト

  1. プリモシュ・ログリッチ 3:39:40
  2. ティボー・ピノ +0:08
  3. エマヌエル・ブッフマン
  4. ギヨーム・マルタン
  5. ナイロ・キンタナ +0:10
  6. ミゲルアンヘル・ロペス
  7. ダニエル・マルティネス
  8. ミケル・ランダ
  9. リッチー・ポート
  10. エガン・ベルナル

 

こちらは第2ステージのハイライト
Critérium du Dauphiné 2020 – Stage 2 – Stage highlights

こちらはラスト1kmからの動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました