ロードバイクの情報を発信しています!

Stravaでみるグループライドの比率。そしてStravaアートの数々

海外情報
https://twitter.com/lawsoncraddock

Strabaから1年をふりかえる動画が送られてきました。

この中で、私が最も気になったのはStrabaアート。

これまでも、その存在は知っていたのですが、こんなに沢山あるとは知りませんでした。

アートと統計記録からみるStravaユーザーの紹介です。

 

スポンサーリンク

こんなに走ってますか?

Stravaによると、サイクリストの1回の平均乗車距離は35.2kmだとか。

私はこんなに乗ってないような~。

通勤の時には、朝と晩であわせてこれくらいかもです。

ランナーも沢山走ってますね。8.2kmといったら結構な距離なように思います。

私は走れないし^^;

 

仲間と走ると距離が延びる

自転車は特にグループだと距離が延びてますね。

それゃあ、先頭交代すれば負担も少ないので当然だと思います。

なにしろ楽しいですからね。

 

グループの面白い結果が

この結果を見ると、女性は若い人がグループで走っていることがわかります。

男性のほうは40代以上の人がグループで走っている人が多いですね。

 

トップアスリートの追加

来シーズンにはWorldTourチームのAG2R-La MondialeライダーがStravaにデータを公開するというニュースを記事にしました。

 

Strava使用いるプロ選手はまだまだいました。

今回はあらたにStravaから二人紹介がありました。

一人目は、EF Education First – Drapac powered by Cannondaleの Lawson Craddock 選手。

彼は、2018ツール・ド・フランスの第1ステージでクラッシュして肩甲骨を骨折してしまったのです。

それでも最後までパリのゴールを目指した彼の勇姿が注目を集めました。そして、彼の故郷であるテキサス州を襲ったハリケーン・ハービーによって破壊されたヒューストンの競輪場の再建資金20万ドルを集めることが出来たのです。

https://twitter.com/lawsoncraddock

 

結構な流血してましたから、ケガしたまんま完走です。

゛ https://2018.strava.com/ja-jp/

 

ハリケーン・ハービーによって破壊されたヒューストンの競輪場がよみがえった様子が動画になっています。

 

もう一人は、アネミエク・ファンフルーテン(Annemiek van Vleuten)(オランダ)。

2018のロード世界選手権2018女子エリートタイムトライアルで優勝。

この時の平均アベレージは、48.2km/h。凄いスピードです!

Giro Rosaではポイント賞と総合優勝を獲得。La Courseではベスト記録を更新、Women’s World Tourでも総合優勝を果たしました。

https://2018.strava.com/ja-jp

 

クリス・フルームもStravaをたまにアップデートしますから要チェックです。

https://2018.strava.com/ja-jp/

 

綺麗なアートはランニングが向いているかも

https://www.strav.art/fiction/#/joker/

こんなに綺麗なアートはランニングで作成されています。

ただ、どうやってルートを走っているのでしょうか?
最初にルートマップを作製しておいて、あとは指示に従って走っているのでしょうか?
 
私は、こんな機能使ったことがないので良くわからないですが凄いとしかいいようがない!
 
 

https://www.strav.art/fiction/#/batman/

こちらもランニングで作成されてます。

何もない所を走っているんでしょうね。

 

https://www.strav.art/words/#/one-for-the-birthday-girl/

こちらは自転車で綺麗に走られてますね。

だぶらないように、綺麗に走らないと!

 

https://www.strav.art/birds/#/hummingbird/

こちらも自転車。凄く考えてられてます。

 

https://www.strav.art/fish/#/anglerfish-casting-for-breakfast-near-oak-bay-high/

こちらなんか、ストラバの記録みると途中40キロくらいで走ってます(@_@)

 

 

こちらはランクニングでハッピーニューイヤーを作ってくれました。重なりの所など良く考えられてます。

https://2018.strava.com/ja-jp

 

こんなストラバアートが集められているサイトは以下です。

サイトを運営しているのはGary Corderyさん。グラフィックデザイナーです。

 

ストラバアートを作成したら、上記のサイトに送れば掲載して貰えるのでチャレンジしてみるもの良いかもです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました