ロードバイクの情報を発信しています!

初乗りで落車! 痛いんですけど~

ブログ

Rapha #Festive500が終わって、二日ほど自転車乗りませんでした。

さすがにゲップ気味。

新年3日目にしてようやく初ライドです。

 

スポンサーリンク

インプレも兼ねてまずは1℃で下り

試したのはモンベルの商品。これはもう少し試してからインプレします!

 

山から下っても気温は上がらず4℃ほど。それに向かい風が少しあるので全く進まず。

ギアをアウターローまで落として、クルクル回すように努力するんですが、ますますスピードが~

全くもって、進まない!

すれ違うサイクルライダーは、追い風なのか皆さん良く足が回っている。

 

風がなくなると少し楽

しばらく、この川沿いに登っていくコースは走っていませんでした。

すると路面のアスファルトが綺麗になっている所が多数あって走りやすい!

山の影に入ると風も少なくて少しスピードが上がりました。少しだけですけど~。

 

ただ、北上を続けるとズンズンと気温が下がって1℃まで低下。

あまりにも遅いので、接骨院に行く時間に間に合わなくなりそうなので、折り返し。

 

帰りは二人で帰っていたのですが~

帰りは、たまに見かけるサイクリストの方が、後ろから挨拶して抜かれていかれました。

寒いのに30キロオーバーで走られているので、一緒に走らせて貰うことに。

これならば、速く帰れるかなと。

一人で走ると、全くスピードも足も回らないのですが、二人だといいペースです。

 

まったくの平地で

あと、お別れするまで500mくらいの地点で、それは起こりました。

河川敷の道幅は3mくらいでしょうか?

先頭交代して、私は後ろにいました。30キロちょいのスピードでした。

あまり前の様子は見えてなくて、視線はやや下でした。

 

前方にいた親子連れの子供の自転車が急に蛇行! (したらしい)

前にいた方が、声もあげずに減速したために、いきなり車間が詰まってしまいました。

と、いうかホイールが前走者のホイールに重なってしまい、押し返す暇もなく落車(>_<)

 

わずかでも、ブレーキをかけれたら避けられていたのですがノーブレーキではねえ~。

私の完全な前方不注意です(@_@)

前を少しでも、見て前の様子を確認しておけば良かったです。反省<(_ _)>

 

被害は?
落車してすぐには、アドレナリンが出ているのか肘が少し痛いくらいで、その他の痛みはわかりませんでした。
 
服の被害は、ウインドブレーカーの左ひじの部分に少し穴が~。
 
 
ハンドルのブレーキレバーが少し傾きが~
 
写真だと良く分からないですね。これはハンドパワーで真っすぐにしておきました。
 
接骨院で回復

ちょうど、膝の治療の為に接骨院に行く予定だったので、ついでに診て貰いました。

ただ、打撲はすぐには触らないほうが良いので、足と腰について張りを取って貰いました。

まだ、少しふとももの芯の部分に硬さが残っていて、それが膝の痛みとして出ているようです。

 

落車したこと自体、ここ数年はなかったのでビックリしました。

これから、数日間で身に覚えのない、青あざとか出てくるんでしょうね^^;

前方の歩行者や自転車には気をつけたいと思います。

コメント