ロードバイクの情報を発信しています!

セップ・クスがブエルタ第6ステージでプリモッシュ・ログリッチが遅れた状況を語る

海外情報
Image by Free-Photos from Pixabay
この記事は約7分で読めます。

ブエルタ第6ステージはプリモッシュ・ログリッチがレインジャケットの問題で総合で30秒遅れるという事態になってしまった。

このステージでは、チームのセカンドエースの立場にあったセップ・クスも10分遅れてしまう。総合6位だった順位は23位まで落ちてしまう。

彼がログリッチの近くにいれば、チームは救われていたはず。何故、セップ・クスがこれほどまでに遅れたののだろうか?

休息日に海外サイトVeloNewsの電話インタビューにセップ・クスが答えている。

寒い下りで、チームはどのように追い込まれていたのだろうか?

 

スポンサーリンク

レインジャケットを着るタイミング

 

Q:日曜日に何が起こったのか教えてください。ログリッチはジャージを失い、あなたは10分を失いましたが、チームが望んていたことではありませんよね。

 

セップ・クス:私たちにとって完璧な日ではなった。素晴らしいスタートを切り、本当に強力な離脱でしたが、私たちはすべてをコントロールしていた。

最後の登りの前の下りは少し緊張するだろうと私たちは知っていた。また、頂上近くで新鮮なレインジャケットが私たちを待っていることも知っていたんだ。

上から1Kはいつも忙しく、みんなが定位置に移動していて、レインジャケットを入れたたバッグが待っていた。それは少し混乱だった。プリモッシュ、ロバート・ゲシング、そして私はかなり遅れてレインジャケットと格闘していた。

最前線の状況は少し落ち着きがなく、自分はログリッチと一緒にいようとしたが、その時点ではレースの最前線で何が起こっているのかわからなかった。

下りが終わるまでに、ギャップは40秒くらい。チームはフラットでそれを閉じるために出来る限りのことをしなければならず、フロントグループを取り戻さなければならなかった。

私は、そのギャップを埋めようとして爆発してしまった。幸運なことに、プリモシュとジョージ(ベネット)がフロントグループに入っていた。

 

ジャケットを着ることができなかったのは風のせいで、突然IneosとMovistarが前を引っ張っていましたか?

 

少なくとも私にとっては、それがなければ行けない状況だった。下りでは凍えないほうが良い。

あまりにも寒かったので、レースが終わってしまう可能性もあった。同時に振り返ってみると、その時点よりずっと前に新鮮なレインジャケットを着るべきだった。

登りの頂上での戦いになることはわかっていたし、他のチームがプリモッシュの後ろ姿を見たら、当然のことながらドリルを使ってくるだろう。その瞬間に寝ていたのは間違いなく失敗だった。

 

 

下り坂の道路はどうでしたか?IneosとMovistarはどちらも前に出ましたか?

かなり広い道で、それほど技術的ではなかったが、ウェットで、ペースが非常に高い場合、ギャップが生じるでしょう。

当時、私たちは集団にどれだけ戻っているのかわからなかった。我々はかなり後ろにいて、レースリーダーがいる場合には許されない。本当に後手に回っていた。

 

下ってからの追走

追いかけようとしたときに「爆発」と表現しましたが、どうなりましたか?

他の人たちは私よりもずっと多くのことをした。私はそもそも彼らに近づこうとしていたが、それはすでに大きな努力だった。

それはとても爆発的で、寒さで私はタンクに何もなかった。それも私の最高の日ではなかった。

たとえ状況が良かったとしても、私が時間を失った日だったでしょう。私は本当に、本当に、本当にエンジンが吹っ飛んでしまったんだ。

そのグループに乗り込もうと頑張ったのだが、モビスターがフラットでペースアップしたので、自分にとっては負けた状況だった。でも、プリモシュとジョージがいたからね。

 

photo cycling today ストリーミングより

ラスト12.2kmでメイン集団と20秒のタイム差。トム・デュムランが全開で前を追っている。セップ・クスは後方にいたと思われる。

 

あなたはトップ10でステージを始めましたが、10分を失いました。それを理解したとき、何が頭に浮かびましたか?

 

私はあまりストレスを感じてなかった。プリモッシュがいて、彼はレースで最強の男だ。

プリモッシュでブエルタに勝ちたい。唯一残念だったのは、自分がタイムを落としたことで、戦術的なピースを少し失ってしまったこと。

GCにはもっと多くの選手がいた方が、プリモシュのためにもなるからね。ただ、このままではいけないと思っていた。目標は変わらないと思う。

 

チームはレース後のミーティングでステージを振り返りましたか?

少しだけ。この日は、いい日ではなかった。ちょっと危機的状況になった瞬間に気が緩みすぎた。

あんなに後ろにいるべきではなかった。レインジャケットを捨てて、真っ直ぐ前に出るべきだった。チーム側からすれば、もう少し早くジャケットを手に入れて、何か違うことを企画すべきだったのかもしれない。

 

ログリッチは現在30秒差でリードされているが、他のクライマーは来週のタイムトライアルに先立ってまだまだ時間が必要だと言っています。GCが今どのように展開していると思いますか?

タイムロスがあっても、大した事ない。状況が良ければ、プリモシュは彼らと同じか、それ以上だ。昨日の状況を考えれば、彼は5分から10分はレースで勝つための努力をしなければいけなかった。

だが、彼は最後になって何も残っていなかった。山岳では、タイムを取り戻せる自信がある。タイムトライアルでも、彼はそこでダメージを与えることができる。

今はレッドジャージを着ていないので、状況が変わってきた。もう少しメンバーを休ませて、少し違ったプレーをすることができるだろう。

 

これはあなたの役割をどのように変えますか?来週はステージ優勝のチャンスがあると思いますか?

今にわかるよ。第1目標はプリモッシュの勝利だ。お気に入りグループと一緒にそこにいることができれば、どんな戦術が出来るかを見てみよう。

少なくともコントロールの面では、あとは他のチームに任せるしかない。

 

スペインではコロナによる状況の悪化が見られる。あなたとプロトンは、これらの条件でのレースについてどのように感じていますか?休みの日もコントロールがありましたよね?

私たちは実際に日曜日の開始前にテストを受けた。とても安全だと感じているよ。

私が接触した「バブル」の外にはほとんど誰もいない。ホテルでもテーブルに座れるのは4人だけ。非常に厳しく、とても安全だと感じている。

現在のスペインの状況は驚くべきものだが、レースに関しては、安全で良い雰囲気です。

 

レースはいつでもキャンセルされる可能性があるため、リーダージャージをできるだけ早く取り戻す必要があるという切迫感はありますか?

あまりないね。いずれにしても我々の手に負えない。聞いたところによると、そのリスクはない。それは政府が何を実施するかに依存している。1週間、1週間半しかレースをしないグランドツアーで優勝するのも考えものだ。

 

セップ・クスの話によると、ジャケットの受け渡しの場所がまずったかようだ。頂上手前で受け取るべきだが、スピードアップしている状況だと難しい。渡せる場所もないだろうし。

下りではイネオスが時速89km/hのスピードで下っている場面をストリーミングで見た。

プリモッシュ・ログリッチがジャケットを着るのに手間取っている場面も映っていたが、その時には集団と100m程度しか離れてなかったので追いついたものだと思っていたけれど。

中継は前を映す場面が多く、後ろの状況はあまり移されておらず、タイム差だけが表示されている状況だった。

いづれにしても、寒い中での雨が状況を厳しくしたのは間違いない。レースは何が起こるのかわからない。セップ・クスも遅れてしまったのは残念だが、チームが挽回できるチャンスはまた訪れてくるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました