ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリアを狙うDimension Dataのベン・オコナーに1問1答

http://www.cyclingnews.com/features/oconnor-aiming-high-once-more-at-giro-ditalia/ 海外情報

オーストラリアのクライマー、 ベン・オコナー。

昨年のジロ・デ・イタリアでは、グランドツアーデビュー戦で第19ステージまで総合12位。

素晴らしい成績で走っていたのに、セストリエールの下りでクラッシュ。なんと鎖骨骨折でリタイヤしてしまいました。

その、ディメンションデータのベン・オコナー。今年のジロでは総合ベスト10を狙います。

 

スポンサーリンク

Dimension Dataのベン・オコナー

ベン・オコナーが最初のジロでトップ10に入るという夢は、あと2日でジロが終わる第19ステージで潰えました。

その時の様子をベン・オコナーは

「ざらざらした路面を走っていてクラッシュした。体を切らなかったが、肩をまっすぐ着地して鎖骨を折ってしまった。

それは予想外の夢だったけど、大きな失望に変わってしまった。ゴールできなかったのは、かなり失望した。それ以外の言葉はありません」

 

ジロ・デ・イタリア出場メンバー

https://africasteam.com/giro-ditalia-lineup

  1. ジャコモ・ニッツォーロ(Giacomo Nizzolo)スプリンター30歳
  2. ベン・オコナー(Ben O’Connor)クライマー23歳
  3. ライアン・ギボンズ(Ryan Gibbons)スプリンター25歳
  4. ダニーロ・ウィス(Danilo Wyss)パンチャー34歳
  5. マーク・レンショー(Mark Renshaw)スプリンター37歳
  6. エンリコ・ガスパロット(Enrico Gasparotto)パンチャー37歳
  7. アマヌエル・ゲブレイグザブハイアー(Amanuel Ghebreigzhabier)クライマー25歳
  8. スコット・ディービス(Scott Davies)クライマー24歳

チームとしては、スプリントステージでマーク・レンショーがスプリント勝利を狙います。

昨年のアムステルダム・ゴールド・レースを制したミケル・ヴァルグレンもいないので、

23歳のベン・オコナーは、チームのGCとして、ジロでトップ10フィニッシュを狙います。

 

Cyclingnews:昨年のGiroでのクラッシュについて、どう思っている? そのステージの終わりまでトップ10の中にいて、多くのライバルを落とした。何か変わった?

Ben O’Connor:正直に言うと、これはもうなくなったと思います。 それにはもう悩んでいません!

今は、Giroで何が出来るか検討してます。最終的に10位から15位くらいならば良いと思っているよ。もちろん、まだジロを終えていないので、ゴール出来たら素敵だ。

2018ツアー・オブ・アルプス第3ステージ

CN:あなたは2018年と同じようなコンディションでいますか?   昨年、あなたのパフォーマンスは一貫性の上にとても良くみえました。

BO’C:その乗り方が私に合っていることを知っています。一貫性、それにつきます。昨年と同じように走りたいですが、わかりません。積極的に見えないかもしれませんが、ステージに勝つチャンスがあれば試してみるかもしれない。

 

CN:昨年、あなたはTour of the Alpsでステージ勝利しましたが、その時には比較的未知の人でした。 今回はもっと注目を集めるライダーになると思いますか?

BO’C:いいえ。私はカタルーニャのヴォルタで落車してしまいました。

最後のステージでは、ロマン・バルデ(AG2R La Mondiale)とサイモン・ゲシュケ(CCCチーム)の大落車に巻き込まれました。チャンスがない。 それからトルコのツアーでは、全くダメだった。それでも私のコンディションは昨年とほぼ同じです。

 

ボルタ・ア・カタルーニャでベン・オコナーも巻き込まれていたんですね。大人数の大落車でした。

 

CN:今シーズンは、アルプスのツアーではなくトルコにジロへのレースプログラム変更しましたが、昨年のように、それは効果があると思いますか?

BO’C:今年は、トレーニング期間を延ばすことに注意を向けました。

昨年は、一生懸命トレーニングをしましたが、あまり時間が取れませんでした。2月に肺炎にかかってしまっため、高地トレーニングも出来なかった。

私はアンドラに住んでいます。ジロのいくつかは1000mを超えるので、高地トレーニングして、より大きな山岳レースに慣れるようにしています。

(高度で)上がるので、私は40〜50分間、上り坂で長い時間をかけてきました。通常3週目には、そのような長い山岳ではみな疲れています、しかし昨年のようなトレーニングをしていれば大丈夫ことを知っています。

2018ツアー・オブ・アルプス第3ステージ優勝

 

CN:ジロのコースは、あなたにあってますか?

BO’C:私はコースが発表されてると、とても良くコースを見る人の一人です。このコースは私に合っています。

第2週と第3週の後半の大規模な山岳で、それぞれ40分間どのくらい苦しむことができるか。 最初の週のより長い第3週の山岳にうまく乗れることを願っています。

http://www.cyclingnews.com/features/oconnor-aiming-high-once-more-at-giro-ditalia/

CN:レースが始まってから1週間後の今、あなたはどう感じていますか? 

BO’C:今週、私は自信を取り戻したかのように感じました。 今は微調整のようなものですが、文字通りただ病気にならないように気をつけてレースに行ってきました。

私は、トム・デュムランやミケル・ランダには挑戦しません。私はできる限りフロントグループにいることを目指します。

https://twitter.com/TeamDiData

CN:ディメンションデータのパフォーマンスがそれほど良くないため、現時点で、良い結果を得ようとすることがどれほど重要だと思いますか。

BO’C:チームは明らかに私に信頼を置いています。それは私が知っていて、意識しているものです…チームは最善のスタートを切っていません。

しかし私たちが正しいパフォーマンスボックスをチェックし続けるなら、チャンスは訪れるでしょう。すべてのレースで、私たちは原因にコミットしました。 そして成功したならば、その悪いパッチをかなり早く忘れ去ることです。

http://www.cyclingnews.com/features/oconnor-aiming-high-once-more-at-giro-ditalia/

stage 2 at the Tour Down Unde2019

CN: 6月2日にヴェローナで、達成可能なシナリオはどうなるでしょうか?

BO’C:私は、すべての箇所を骨折せずに仕上げています(笑)。

そう、昨年やったことをやりたいだけです。 私は山岳でフロントグループでレースをしたいと思っています。昨年私はトップ10に近づいていました。私は再びトップ10に入りたいです。 わたしは、できる限りベストを尽くすことができます。

フロントグループに参加しようとしているステージで最後まで走りたいと思っています。

 

あくまで、控えめに答えているベン・オコナーですが、若いので数年先にはトップ3に入っているかもしれないです。
チームのUCIランキングを上げるためにもオコナーの活躍はチームの願いでもあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました