ロードバイクの情報を発信しています!

Wiggleが買収の危機 ドイツのオンライン小売業者が入札開始

海外情報
Photo by Gabrielle Henderson on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

海外通販サイトWiggleに買収の噂が出ている。

Wiggleは、過去1年間で自転車の売り上げが2倍になり、電動自転車なども良く売れており急成長を続けている。

買収を検討しているのは、ドイツの小売業者Signa SportsUnited。同社はFahrradd.de、Bikester 、ProBikeShopなど、多くのスポーツ関連Webサイトを傘下におさめている会社だ。

Wiggleのライバル会社といっても良い存在なのだけど。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wiggle(ウィグル)日本(@wiggle_japan)がシェアした投稿

 

噂されている入札は、Signa Sports Unitedと(SPAC)Yucaipa AcquisitionCorpという特別目的会社との交渉に端を発している。

その取引が実現すれば、Wiggleに入札するための財政的影響力を持つ40億ドルのビジネスが生まれると言われている。

シグナスポーツユナイテッド(Signa Sports United)とWiggleの両方が噂についてコメントすることを拒否している。

一方または両方の当事者による完全な否定がない場合、議論が実際に行われている可能性があることを示す兆候であることがよくある。

まあ、実際に喋る人なんていないし~。

 

2017年、前年にChain Reaction Cyclesと合併したWiggleは、1億ポンドを超える価値のある取引で、小売業者Bike24を買収することにより、ドイツ市場での地位を固めている。

ただ、2019年には、再びBike24は元の所有者であるTheRiversideCompanyに戻している。

まあ、買収されたからと言ってWiggleがなくなる訳ではなく、Signa SportsUnitedと合体して更に販売販路が拡大し取り扱い商品なども増えていくことが予想される。

ユーザーにとっては、良い結果となるかもしれないが果たしてどうだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました