ロードバイクの情報を発信しています!

リチャル・カラパスがブエルタの総合で脱落して理由について語る

海外情報
UnsplashBrigitte Tohmが撮影した写真
この記事は約4分で読めます。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージでは32人という大量の離脱が成功。

この中には、スタート直後に4人の逃げに乗っていたINEOS Grenadiersのリチャル・カラパスも含まれていた。カラパスは逃げ切ればステージ優勝の可能性が高いことを知っていたからだ。

カラパスは、ブエルタが始まる前にEF Education-EasyPostへの移籍を発表。

 

ブエルタの前半の山岳で遅れた理由は、この移籍がチームの戦略を変えた訳ではなく、ほかにあることをゴール後のインタビューで明かしている。

 

スポンサーリンク

ブエルタ前半の不調

 

今日は逃げ集団の中にいることが重要だった。

今日、僕は先頭にいて、その状況を利用することができた。そこには多くのチームが戦っていて、僕は登りの最後の部分まで我慢強く待つ必要があったんだ 。

 

2023年からEF Education-EasyPostに移籍することを、ブエルタ開幕前に発表しましたね。これは影響があったのですか?

ブエルタが始まる前にチームの変更を発表したが、レースへのチームの戦略には全く影響がなかった。総合で走るつもりでここに来たのは事実だが、脚が思ったように反応しなかった。

このステージで優勝できたことは、自分にとってもチームにとっても非常に重要なことだ。最初は、脚が思い通りに反応しなかった。

 

レース前には人気選手の一人として登場しましたが、前半は不調でした。何か理由があったのですか?

エクアドルでクラッシュしてしまい、ベストな状態ではなかったんだ。オランダでも調子が良くなかったし、スペインに着いたら、そのまま山に入ってしまって、十分ではなかったんだ。

 

今回の勝利はブエルタでは最初の勝利となりましたね。

総合でもっと上位に行きたかったけど、肝心の登りでベスト集団についていけなかった。ただ、戦い続けるしかなかったし、チームのためにサポートしてくれる他のライダーもいる。

チームは僕を応援し続けてくれたし、他のチャンスにも目を向けなければならなかったんだ。

 

総合では11分37秒差の16位まで順位を上げてます。これから先のステージについては?

第15ステージの、シエラネバダで何が起こるか見てみるよ。高度がある重要なステージだ。

このブエルタのステージを感じられるのはいいことだ。今まで2位、3位と惜しかったけど、ステージ優勝はとても満足している。

 

グランツール新人のカルロス・ロドリゲスは、最後の加速に少し苦戦してましたが、上りのほとんどで総合上位の選手と一緒にいました。彼についての印象は?

カルロスはここまでのところ、印象的だ。彼がどこまで行けるか、我々は彼を応援し続けるよ。

 

リチャル・カラパスが母国エクアドルで落車したのは初めて明かされたことだ。多分、ツール・ド・ポローニュの後に帰国してからのことだろう。

今回、ステージ優勝できたのは、ようやく落車の影響がなくなったということの表れだ。チームはパヴェル・シヴァコフ、イーサン・ヘイターがコロナで去っており、6人しかいない。

カルロス・ロドリゲスが4分6秒遅れの総合4位なので、これからは山岳アシストとして走ることが予想される。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました