ロードバイクの情報を発信しています!

リチャル・カラパスがINEOS Grenadiersを離れることを正式に発表

海外情報
Photo credit: UNICEF Ecuador on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

リチャル・カラパスがブエルタの最中に、移籍発表だ。

当初から噂されていた通りに、EF Education-EasyPostに2025年までの契約で移籍となる。

 

スポンサーリンク

2025年まで契約

 

INEOS Grenadiersは、2019ジロ・デ・イタリア総合優勝、2022ジロ・デ・イタリア総合2位、オリンピックチャンピオンのリチャル・カラパスを手放す。

現在行われている2022ブエルタ・ア・エスパーニャでは、INEOS Grenadiersのエースとして走っているのだけど、EF Education-EasyPostに移籍とは~。

INEOS Grenadiersは、これまで移籍によって多くの強力なライダーを集めてきた。だが、来シーズンに移籍で獲得する有力選手の名前は上がってこない。

逆に、リッチー・ボートは引退し、ディラン・ファンバーレ、エディー・ダンパーも移籍。チームは数年かけて、若返りを果たそうとしているのだろうか。

 

EF Education-EasyPostでは、リゴベルト・ウランの後釜としてリチャル・カラパスを据えることになる。

ヒュー・カーシー、エスデバン・チャベスと並んでグランドツアーのエースとして長く活躍を期待しての抜擢だろう。

チームは今シーズン7勝しかしていない。UCIポイントランキングでは20位と低迷しており、チーム力の底上げは急務だ。

2025年までリチャル・カラパスと契約したということは、スポンサーの関係は大丈夫のはず。じっくりとチーム力を上げていくほかはない。

リチャル・カラパスが移籍してくるならば、リゴベルト・ウランも更に1年くらいは一緒に走るではないかな。

いずれにしても、来シーズンからはピンクのジャージで走るカラパスの姿が見られそうだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました