ロードバイクの情報を発信しています!

UCIトラックチャンピオンズリーグで大落車発生で半分が犠牲に

海外情報
Photo credit: alasdair massie on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

マヨルカ島で行われているUCIトラックチャンピオンズリーグ。

初日のエリミネーションの予選で大落車が発生した。レースは当然中断。再開は、夕方近くになってからだった。

 

こちらは落車の様子

 

幸い、大きなケガをした選手はいなかったそうだ。だけど、落車によりトラックの損傷があり、ラインの引き直しなど作業の必要があった。

クラッシュは、最初の敗退ラップを知らせるベルが鳴った直後に発生した。緊張した集団は、順位を争うレースから除外される最初のライダーになることを避けようと必死だった。

 

エリミネーションとは

エリミネイション・レースは、各中間スプリント毎に最後尾の競技者を除外していく個人競技レース。
最後には、残り3名の3番目の選手がエリミネイト(除外) され2名の選手が残りゴール勝負となる。

 

高速で走るトラックレースでは、誰かがミスをするとかなりの人数が巻き込まれる。今回は下から少し上に上がろうとした選手が前走者のホイールにタッチしたようだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました