ロードバイクの情報を発信しています!

元Trek-Segafredoのニコラス・エイグも心臓の問題でプロキャリアを止めることに

海外情報
Photo credit: Ray's Professional Cycling Page on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

Uno-X Pro Cyclingのニコラス・エイ(Niklas Eg)は、心臓の問題により即時引退を余儀なくされた最新のプロサイクリストとなった。

彼の決断は、ウェスリー・クレダー(Cofidis)が8月末に心臓発作を起こした後、キャリアを中止することを認めた数日後に下された。

 

スポンサーリンク

キャリアを終える

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Niklas Eg(@niklas_eg)がシェアした投稿

 

ニコラス・エイは、6月中旬にフランスで最後のレース、ルート・ドクシタニーに出場。しかし、その後、トレーニング中に原因不明の心拍数の上昇に見舞われ、自転車選手としてのキャリアを中断せざるを得なくなった。

心配なことに、彼の不整脈の原因はまだ特定されていない。だが、自分の状態を考えるとスポーツを続けるのは不可能だと述べている。

ニコラス・エイとウェスリー・クレダーは心臓疾患によりキャリアに終止符を打たれた最新のプロサイクリストであり、Jumbo-Vismaのネイサン・ファンフーイドンクもつい数週間前に即時引退を余儀なくされている。

彼は運転中に急性心臓疾患を患った。彼はベルギーで車を衝突させ、蘇生を余儀なくされた。 それ以来、彼は将来起こる可能性のある不整脈を修正するために体内除細動器を装着されている。

現在、ネーサン・ファンフーイドンクは、非常に静かに自転車に乗っているのがSTRAVAで確認されている。激しいライドはご法度だ。

彼の症状は、昨年のボルタ・ア・カタルーニャのオープニングステージ直後に倒れ、同様の状況で危うく死にそうになった、元ヨーロッパロードレースチャンピオンのソンニ・コルブレッリ(当時Bahrain Victorious)と同様の結果となった。

ちなみに、ソンニ・コルブレッリはBahrain Victoriousのスボーツディレクターとして2024年から自転車界に復帰する。

これほどまでに心臓の問題で引退を余儀なくされるライダーは多い。心臓は鍛えられているが、それ以上に心臓に負担がかかっているとも言えるだろう。

ニコラス・エイは、2017年からTrek-Segafredoに乗車。2022年からはUno-X Pro Cycling Teamで走っていた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました