ロードバイクの情報を発信しています!

Cofidisのウェスリー・クレダーも心臓の問題で引退に

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

Cofidisのオランダ人、ウェスリー・クレダーが自転車選手としてのキャリアに終止符を打った。

8月末に心臓発作を起こして以来、彼はもうリスクを負いたくなくなった。

「医師は、禁煙が最善の解決策だと保証してくれた。」と32歳のクレダーは言う。

 

スポンサーリンク

家族のために

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wesley Kreder(@wesleykreder)がシェアした投稿

 

Jumbo-Vismaのネイサン・ファンフーイドンクが心臓発作を起こした翌日、Cofidisはウェスリー・クレダーが8月末に心臓発作を起こしたと発表した。

発作に見舞われたとき、彼は自宅にいた。彼の妻と義理の両親は、彼がアイントホーフェンの病院に緊急搬送されるまで、最初のケアを提供した。

心筋炎(心筋の炎症)と診断された後、クレーダーは自転車競技のキャリアを継続する扉を開いたままにした。

 

「最高レベルに戻れると自分に言い聞かせた。しかし、医師は、禁煙が最も賢明な解決策であると保証してくれた。

最高のレベルでパフォーマンスを発揮するには犠牲とフィットネスが必要であることを私は知っているが、それは私のこれまでの経験と両立しない。

決断は簡単ではなかった。でも、子供たちや家族のことを見て、やるべきことはやったと思う。

ここ数週間の激しい出来事のあと、特に妻、子供たち、家族に心から感謝したい。あなたたちが経験したことは、私の心に深く響く。私のためにしてくれたことすべてに感謝している!

また、この数年間、私のキャリアを支えてくれたすべての人に感謝したい。
楽しかった!これからは家族と一緒に人生を楽しみます!」

 

ウェスリー・クレダーは、11年間のプロとしてのキャリアに終止符を打った。その間、ツール・ド・フランダースに8回、パリ〜ルーベに6回、ジロに2回、ツールに1回出場した。

クレダーは、2012ヴァンデ・ツアーと、2016 ZLMツアーの第2ステージの2回、勝利のジェスチャーをすることを許された。

残念なことに、心臓の問題により今年バイクを降りるライダーはクレダーだけではない。ネイサン・ファンフーイドンクと、セップ・ファンマルクもまた、突然キャリアに終止符を打っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました