ロードバイクの情報を発信しています!

リッチー・ポートは出ない!Trek-Segafredoのジロのエースはバウク・モレマ

海外情報
https://racing.trekbikes.com/trek-segafredo

Trek-Segafredoは、5月11日土曜日にボローニャで始まり、6月2日日曜日にヴェローナで終わる第102回Giro d’Italiaのラインナップを発表しました。

バウク・モレマは直前のラ・フレッシュ・ワロンヌでは6位と良いコンデションを見せており、チームをリードします。

 

スポンサーリンク

バウク・モレマ

http://www.cyclingnews.com/news/mollema-leads-the-line-for-trek-segafredo-at-giro-ditalia/

Trek-Segafredo ジロ出場メンバー

  1. マッテオ・モスケッティ(Matteo Moschetti)スプリンター23歳
  2. ミヒャエル・ゴグル(Michael Gogl)ルーラー26歳
  3. 二コラ・コンチ(Nicola Conci)クライマー22歳
  4. ジュリオ・チッコーネ(Giulio Ciccone)クライマー25歳
  5. ジャルカ・ブランピッラ(Gianluca Brambilla)パンチャー32歳
  6. バウク・モレマ(Bauke Mollema)クライマー33歳
  7. マイケル・イリサル(Markel Irizar)ルーラー39歳
  8. ウィル・クラーク(Will Clarke)TTスペシャリスト34歳

 

バウク・モレマは2017年のジロ・デ・イタリアでは総合7位を獲得しています。2010年には12位。

オランダのクライマーは、

「私の3回目のGiroを楽しみにしています。私の準備はうまくいっています。

そして私を助けてくれるメンバーは、とても強力だと確信しています」

 

チームには、リッチー・ボートが加入しており、モレマはツール・ド・フランスではリッチー・ボートのアシストに回ります。

私の中では、どうもバウク・モレマは頑張ってはいるんですが、2位が多い印象。

昨年のブエルタでも、山岳賞を狙って頑張ってアタックを連発していたんですけどねえ~。

 

ジャルカ・ブランピッラ

https://racing.trekbikes.com/riders/trek-segafredo-men/gianluca-brambilla

ジャルカ・ブランピッラ

このチームには、ジャルカ・ブランピッラとジュリオ・チッコーネの2人のジロステージ優勝者も含まれています。どちらも2016年のジロでそれぞれ優勝しています。

ジャルカ・ブランピッラは、昨年のジロではトレックチームのリーダーとして走ってます。2018年にトレックに移籍してくるまで、クイックステップで5年走ってました。

ワンデーレースも得意ですが、2016年のジロでは第8ステージで得意な未舗装路の急こう配で独走を開始。見事キャリア最大の勝利を収め、本人も想定していなかったマリアローザも着用している。

 

ジュリオ・チッコーネ

ジロ・デ・イタリア2016第10ステージ photo:Kei Tsuji

2016ジロ・デ・イタリア第10ステージでは山頂ゴールで独走。プロ1年目でグランツール初勝利を飾った。この時は21歳。

当時は、イタリアのプロコンチネンタルのBardiani-CSFで走っていた。

今シーズンからワールドツアーチームに昇格。今年はツール・デュ・オー・ヴァルの第2ステージで優勝している。

また、パリ~ニースの第4ステージでは3位となっている。

こちらは2016ジロ第10ステージのハイライト
Giro d'Italia – Stage 10 – Highlights

2人のイタリア人は、同胞の二コラ・コンチとオーストリアのミヒャエル・ゴグルと共に、再びステージに挑戦する機会を得るかもしれません。ですが、彼らの主な役割は、総合でモレマを助けることです。

 

「目標は、モレマで総合トップ5。

次にステージを勝ち取ることです。ジャルカ・ブランピッラ、ジュリオ・チッコーネ、二コラ・コンチ、ミヒャエル・ゴグルらは、アシストをしている時でも、チャンスがあればステージを狙ってもらう。

なんとしても、頑張って目に見える活躍をしてもらうよ」

とTrek-SegafredoのディレクターKim Andersenは説明しました。

 

マイケル・イリサルとウィル・クラークは、必要に応じてチームの前に立って、平坦ステージでエースのアシストを行います。

彼らルーラーがハードワークを行い、チームをまとめる役目も担うことになりそうです。

 

マッテオ・モスケッティ

https://racing.trekbikes.com/riders/trek-segafredo-men/matteo-moschetti

マッテオ・モスケッティ

一方、22歳のマッテオ・モスケッティがチームの唯一のスプリンターになります。

スプリント列車がなくても、3週間のレースで可能な限り上位を狙います。

2018年には、ContinentalチームPolartec-Kometaと契約。22歳のスプリンターは勝利を量産。Trek-Segafredoに2年間契約でサインしました。
 
2019年シーズンは、UAEツアーの第4ステージで2位を獲得。
これは、惜しかった! 
先頭で頑張って走っていた所をポケットロケットこと、カレブ・ユアンに抜かれてしまった。

 
 

マッテオ・モスケッティには、スプリントトレインはありません。それは結果を得ることが困難であることを意味します。チームは彼に圧力はかけないようです。自力でスプリントにからまないといけないので大変です。

まあ、22歳には見えないので大丈夫か(^-^;

 

ここの所、グランツールでも総合には絡まなくなってしまったトレック。ジロでどこまで上位に食い込んでくれるのでしょうか?

チームとしての存在感を示してほしいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました