ロードバイクの情報を発信しています!

ボルタ・ア・カタルーニャで大落車発生。あのエースはツールを走れるのか?

海外情報
https://twitter.com/romainbardet
この記事は約5分で読めます。

スペインで行われてた、ボルタ・ア・カタルーニャ最終戦の残り40キロ地点で、メイン集団で高速な下りで大規模な落車が発生。

多くの選手が巻き込まれてしまった。ジロをスキップして、ツール・ド・フランス1本に絞っているロマン・バルデとトニー・ガロパン(AG2R La Mondiale)

ロマン・バルデは総合でも8位に位置していただけに残念な結果に。更に肘を骨折して復帰したサイモン・ゲシュケ(CCCチーム)は、今度は右の鎖骨を骨折してしまっている。

ロマン・バルデは精密検査を受けなければならないという。

ツールに向けて調整中ですが、大丈夫なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

ロマン・バルデは精密検査へ

チームはツイッターとインスタグラムでロマン・バルデとトニー・ガロパンの様子を発表。

 

トニー・ガロパンは左肩を痛めた模様。チームドクターは来週に追加検査する予定とコメント。

そして、ツールを狙うエースのロマン・バルデはアバラ骨を骨折したかもしれないということで、精密検査を受けることに。

 

https://www.youtube.com/watch?v=zHYMk7hssek

あばらの骨折は、私も何度かしてますが、ギプスの固定のしようもないし、くしゃみでもすればメチャクチャ痛い。細かいヒビとかは打撲でもなってしまうので厄介です。

動画を見ても、放心状態になっているのでかなり心配です。高速で集団の右側の20人くらいが落車してしまってます。

体幹に痛みが走ると、まともに走れないでしょうからロマン・バルデのツールへの調整は遅れそうです。

今後予定しているアルデレンヌ・クラシックへの参加は微妙になっています。

顔に似合わず、熱い走りをするロマン・バルデが見れないのは残念。

 

2019.4.3追記
一番下の動画を見ると、ロマン・バルデは救急車で運ばれたのではなくて、自分の足で歩いてチームのサポートカーに乗ってました。
足は大丈夫そうですが、70キロでこけてますからねえ~。しばらく安静ですね。

 

復帰してすぐに骨折

http://www.cyclingnews.com/news/bardet-left-with-suspected-rib-fractures-following-volta-a-catalunya-crash/

 サイモン・ゲシュケ(ドイツ、CCCチーム)はさらに気のどく。

鎖骨骨折してしまってます。

 

2月のVuelta Ciclista a la Region Murciaのオープニングステージで肘骨折してから復帰したばかりというのに災難です。本人も今年は呪われている、と言ってます。

ドイツで手術をする予定で、なんと手術後5日目にトレーニングを再開すると言ってます。さらに5週間後にはレースに復帰すると。

写真見る限り、かなりバラバラなんですけど、そんなに簡単に直るんでしょうか?

 

fumyも鎖骨骨折しても、すぐにトレーニング再開していますしプロって凄いっすね!

 

モビスターのマークソラーは手首の骨折

モビスターは2人がリタイヤ。Richard Carapazとマーク・ソラー。

マーク・ソラーはバルセロナの病院で診て貰った結果、舟状骨の非変位骨折。手首の小さな骨が折れていたようです。

 

手首となるとハンドルを握る重要な部分なので、振動とかキツイでしょうね。早めに復帰出来ることを祈っています。

 

大落車は、始まってすぐに収められてます。ロマン・バルデかなり痛そうです。この動画57分あります。
Volta a Catalunya 2019 Stage 7 Final Kilometers

コメント

タイトルとURLをコピーしました