ロードバイクの情報を発信しています!

チェーンのつなぎ方講習 応急修理の場合

Photo on VisualHunt メンテナンス
Photo on VisualHunt

先日のライドで、チェーンのつなぎ方講習をメカニック師匠にして貰いました。

私の場合、現在はコネックスリンクでチェーンをつないでいます。ですから、コネクティングピンを使うことはないので問題はありません。

Wippermannのコネックスリンク 徹底解説
チェーンの接続には、コネクトピンが使われます。ですがチェーンの清掃やチェーン交換の際には工具が必要となります。簡単に工具なしで、接続可能なコネックスリンクの徹底解説です。Wippermannの製品ですが日本でも安価で購入可能となってます。

ですが、応急修理などで必要になった場合に知っておかないと意味がないですよね。

チェーンが切れると、帰ってこれなくなりますからね!

チェーンが切れた! こんなことあるのか?? 対策考えないと
ここ最近の暖かさを考えて、実は冬物のジャージ類を全て、仕舞い込んでしまいました。 そのため、昨日はどうにもならないほどの冷えパテに~。 その対策から、今日はバッチリと着こんで家出しました。 この寒い中、200キロ ロングラ...

ついでに、チェーンをつなぐピンについても色々と調べてみたのでメモ記事作成です。

 

スポンサーリンク

チェーンをつなぐピンの名称

私の第一の疑問として、チェーンをつなぐピンの名称が沢山あることでした。

10速用 コネクティングピン

10速用 コネクティングピン

 

皆さんも、思いませんでしたか?
いざネットで買おうとしたら色々な名前で呼ばれているので何が正解なのか疑問に思ってました。

チェーンピンの名称

  • チェーンピン
  • アンプルピン
  • コネクトピン

 

3個くらい呼び名がありますよね。どれが正解なのでしょうか?

 

疑問を解決するために、シマノのHPで見てみました。10速と11速の場合です。

参考 shimano技術情報 10速

参考 11速ディレーラーマニュアル

 

10速マニュアルにはアンプルピンタイプ・コネクティングピンという名称で書いてありました。

11速マニュアルにはコネクティングピンという名称で書いてありました。

アンプルとは 注射薬の瓶のことです。
先をパキッと折るやつです。シマノのコネクティングピンも先をおります。
だからアンプルピンタイプと呼んでいるんですね。

 

拡大図
一番上がチェーンを接続しているリンクピン
真ん中がコネクティングピン10速用
一番下が、折られたアンプルの部分です。

 

コネクトの意味は

コネクト(英:connect)の意味は、「連結する」、「接続する」、「繋げる」といった意味の動詞。 引用https://ja.wikipedia.org/wiki/コネクト

 

正式な名称は、シマノが使っているコネクティングピンというのが正式なんだと思います。
ただ、わかりにくいのでコネクトピンとかチェーンピンなどという名称で販売しているのでしょうね。

 

10速コネクティングピン

11速コネクティングピン

ショップで1本だけとかも、売っている所あります。大体1本、250円くらいで販売されています。高いっすね。

 

チェーンをつないでみる

用意する材料・工具は

  1. チェーン
  2. コネクティングピン
  3. チェーンをつなぐ道具

チェーンをつなぐ道具はヘキサスを使いました。携帯用工具ですけれども、十分つかえます。

TOPEAK ヘキサス II 16TOOLS チェーン切りのついた携帯工具 徹底解説!
先日、これまでの自転車人生で初めて、チェーンが切れました。そのことに対する対処方法としてTOPEAKの携帯用工具ヘキサスⅡを買いました。ヘキサスⅡはチェーン切りがついています。 それ以外にも、ハンガーが折れて帰れなくなったこと...

 

チェーンを切る

練習用にチェーンを1回切ります。

 

つなぎます

 

ピンを差す

シマノのマニュアルには、チェーンの表側から差すようになっています。

 

ピンをセット

チェーンとコネクティングピンをセットします。

ピンと押す部分の棒が真直ぐになるようにセットします。

 

ピンを押す

チェーンの外面まで、レバーを回して押しこみます。

 

押しこんだ状態

 

アンプルを折る

ヘキサスⅡでつきでたアンプル部分を折ります。

アンプルを折る

 

ヘキサス詳細

写真ではヘキサスⅡの、どこの部分で折っているか、わかりずらいので全体写真です。

チェーンを切る時の、レバーを入れる部分で折れます。

出先の応急修理とかだったら、ペンチとかなくてもヘキサスで折れるので助かります。

 

折れた状態

 

指で確認

アンプルピンを折ったあとには、見た目と指でピンの状態を確認します。

あまり、押しすぎる(回し過ぎる)と、ピンは抜けてしまいます。

微調整は必要です。

http://si.shimano.com/pdfs/dm/DM-CN0001-02-A-JPN.pdf

引用http://si.shimano.com/pdfs/dm/DM-CN0001-02-A-JPN.pdf

 

出ても、ほんのわずかに出るだけです。

ほぼ、リンク面のつらと考えても良いくらいです。

 

実際に、どれくらいの差があるのか気になったのでコネクティングピンを計測してみました。

計測

  1. 全体 16.9mm
  2. アンプル部分   10.3mm
  3. 差引 5.9mm

 

チェーンの寸法

(単位:㎜)ピッチ外幅内幅スプロケット
ギア厚み
スプロケット
スペーサー厚み
シマノ6段12.77.82.41.853.5
7段IG12.77.32.42.352.65
7段HG12.77.32.41.853.15
8段12.77.12.41.83.0
9段12.76.62.21.782.56
10段12.75.882.21.62.35
11段12.75.622.21.62.14

計測結果とチェーンの寸法より

シマノ10速のチェーンの外幅は5.88mmです。

計測したコネクティングピンの長さは5.9mm

その差は、わずか0.02mmとなります。

 

つまり、見た目と指で触ってみて、チェーンの外面と同じならばOKだと思います。
つきでる長さもわずかであることがわかります。

 

なじみを出す

今回は、何が良かったのか、普通にキレイに動いてしまいました。

大抵は、なじみを出すために、グニグニと何度か動かしてやる必要があります。

スムーズに動作するのが確認できたらOKです。

動きが悪く、固いままではスプロケットの歯に上手くかみ合いません。
チェーンを痛めたり歯飛びを起こしたりします。ですから、ちゃんとスムーズに動作するか確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新品のチェーンに変えるという場合のつなぎ方ではありません。

あくまでも、応急修理の場合を想定してチェーンをつなぐ方法を紹介しました。

とりあえず、やり方を覚えておけば、いざと言う時に対応出来ると思います。

 

コメント