ロードバイクの情報を発信しています!

Israel Start-Up Nationはクリス・フルームの見通しについて明確な疑問を表明

海外情報
Photo credit: jaguarmena on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

フルームと彼の新チームであるIsrael Start-Up Nationの両者は、これまで、彼の目標はベストの状態に戻り、5回目のツール・ド・フランスを獲得することだと繰り返し述べてきた。

しかし、フルームと彼のチームマネージャーの一人は、彼の予想以上の進歩の遅さに懸念と不満を表明している。

特に、チームのディレクター・スポルティフであるリック・バーブルッヘ(Rik Verbrugghe)は、5回目のツール挑戦が現実的であるかどうかを疑問視している。

 

スポンサーリンク

最高の状態に戻ったとしても….

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chris Froome(@chrisfroome)がシェアした投稿

 

今回の発言は、ベルギーとスイスでそれぞれ行われたインタビューのものから。

これは、フルームがIneos GrenadiersからISNに移籍する意向が掲載されて以来、Israel Start-Up Nation陣営の強気なコメントとは大きくかけ離れたものだった。

ディレクター・スポルティフであるリック・バーブルッヘ(Rik Verbrugghe)は、フルームの現在の状態について、インタビューでこのように語っている。

最も重要なことは、私たちが今まで通り仕事を続け、チームとして信じ続けることだ。夏までには(フルームの調子が)戻ってくることを期待している。

今シーズンではなくても、来シーズンには彼のベストレベルに近づくと確信している。

フルームが成長するためには、今年のレースを続け、もう一冬トレーニングをする必要があるかもしれない。

とコメントしている。

今シーズンは、まだ復帰のための調整と考えているのだろう。長い目で見るということか。ただ、レベルが戻ったとしても、毎年レベルが上がっているライダーに対抗出来るか疑問視している。

 

しかし、それが新興の若者に対応するのに十分かどうかはわからない。最高のクリス・フルームであっても、若い選手たちには勝てないかもしれない。

すべてのアスリートには目標が必要で、クリスには5回目のツール優勝がある。もし彼がその目標に向かって努力しなかったら、私たちは彼を見捨てることになるでしょう。

彼が以前のレベルに戻ることができるのは、彼のモチベーションのおかげなんだ。

クリス・フルームのような選手にとっては、お金よりも実績の方がはるかにモチベーションになる。

 

フルームは3kgまだ重いと

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Chris Froome(@chrisfroome)がシェアした投稿

 

フルームは2019年6月にドーフィネのTTの試走でキャリアを脅かすようなクラッシュをした後、昨年復帰してからは自分のコンディションについて正直に話している。

そして、スイスでのインタビューでは、余分な体重を抱えていて、まだまだやるべきことがあると語っている。

ツール・ド・ロマンディ第2ステージでは、1級山岳で遅れたが、集団には43秒しか差をつけられずゴールしている。遅れてしまうのはまずいかもしれないけど。

 

まだまだレースに飢えているし、ベストな状態に戻るためにできる限りのことをしたいと思っている。

長いプロセスだ。予想以上に時間がかかっている

でも、このチャンスを逃したくないんだ。数年後には振り返って、あらゆることを試したと自分でわかるようになりたい。

と語った後、不満を口にし、回復がスムーズに進むような大きな出来事はないことを認めた。

 

また、体幹を鍛えたことで上半身の筋肉量が増えたこと。事故の影響で脚の筋力がアンバランスになったことで、体重が3kgほど増えていると説明している。

足の筋力の左右差はなくなったと言われているが、全体的には上半身に筋肉がつき過ぎたようだ。クリテリウム・ドーフィネでも改善していないようならば、ツールもあまり期待できないかもしれない。

フルームがツールのメンバーから外れるということはないとは思うけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました