ロードバイクの情報を発信しています!

Team Skyの1%の積み重ね

https://road.cc/content/feature/256588-what-has-team-sky-ever-done-you 海外情報

2010年に発足したTeam Skyは5年以内に「イギリス人発のツール・ド・フランスで優勝」という目標を掲げました。

ゼネラルマネージャー兼監督に就任したDave Brailsfordはすべての行動について1%の改善に取り組むという考えを実行に移しました。小さな点では、手洗いから始まり機材、睡眠、栄養管理、環境とあらゆるものの改善に取り組んだ結果が現在のTerm Skyの躍進を支えています。

Team Skyのサービスコース(すべての機器が保管および配給される物流本部)の内部でチーム機材がどのように保管・管理されているかを紹介します。

「すべての行動において1%の積み重ねを行う」その一部を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

Pinarelloで自転車を開発する

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Team Skyはトレーニング、生理学、回復、栄養、機器、心理学、レース戦略など、あらゆる面で結果に影響を与えるものを調べ、あらゆることを改善しようとします。 それぞれの改善は非常に小さいかもしれませんが、すべては1%の積み重ねです。

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Team Skyは、供給されるバイクに乗るだけではありません。Skyは最適なツールを追求しているので、Pinarrio DogmaはTeam Skyのメンバーの要求に対応出来るように特別に設計されています。

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Team Skyは、Dogma F8ロードバイクとBolideタイムトライアルバイクのデザインにも大きく貢献しています。

 

レース前/レース中に同じマットレスと枕を使用

Team Skyは、選手専用のマットレスと枕を主要なレースに持っていきます。睡眠条件を一定にしてライダーが確実に眠れるようにしています。特に長いステージレースでは休息と回復が非常に重要であるため、睡眠にも最善な環境を用意しているのです。

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

論理的には、このような大きなものを移動するのは簡単ではありませんが、Team Skyはそれを行う価値があると考えています。

レースが進行している間、スタッフは夜のためにチームメンバーの部屋を準備します。

Team Skyのテクニカルオペレーションおよびコマーシャルの責任者であるCarsten Jeppesenは

「私たちが使用するホテルの部屋の違いは極端です。例えばツアーであまり良くない状態のホテルの部屋に来た場合、スタッフがその場所を適切に清潔にします。
あなたはホテルの部屋がどれほど汚れているかに驚かれるでしょう。 彼らはかなり頻繁にベッドを動かし、どこでも全てを綺麗にします。
グランドツアーでは、ライダーの呼吸には注意しています。汚れた部屋にほんのわずかなほこりがあると、彼らの睡眠に影響を与えるからです」

 

設備を事前に整理する

Team Skyは、パリ~ルーベ用のFMB Paris-Roubaix 27mmタイヤを使用しています。

これらはプロチームの間で非常に人気があります。 Team Skyでは、期限内に納品できない危険性を回避するために、タイヤを1年前に購入。必要になるまでサービスコースに保管しています。

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

シマノC50ホイールのボックスも、早めに入手して調整する時間を取ってあります。

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

 

Death Starと呼ばれるTeam Skyのバス

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Death Starと呼ばれるTeam Skyのバスの中身ですが

  • 個々のリクライニング
  • ライダーのための深くパッドを入れられた座席
  • 真ん中にシャワー
  • トイレ
  • 後ろにトリートメント/ミーティングルーム
  • とても良いサウンドシステム

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

メンバーの名前が書いてありますね。まさに選ばれし最高のメンバーと言っても過言ではないかも。

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

 

超豪華なバスの中身はビデオで見たほうがわかりやすいです。
Inside The Sky Pro Cycling Team Bus

 

最先端の整備士のトラック

Team Skyのメカニックのトラックの側面は、広いワークショップを作るために広がっています。

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

早い季節のレースは寒いかもしれません。ですがブエルタ・ア・エスパーニャのようなレースは時々耐えられないほど暑いのです。なので、より快適な環境をメカニックにも配慮して提供しています。

Death Starバスのように、チームの全員によりよい環境を提供しています。

 

サドル高さ測定の標準化

このFizikサドルの2本の青い点を見てください。

1つはサドルの先端から4 cm、もう1つは15 cmです。 メカニックは、1年にチームスカイが乗った250台のバイクそれぞれのサドルにそれらのラインを追加します。

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

「自転車の測定には、さまざまな方法があります」

とCarsten Jeppesenは言います。

 

「私たちには9人のフルタイムのメカニックがいます。それらが9つの異なる方法で測定された場合、それは私たちにとってリスクが大きすぎることになります。これはライダーのすべてのバイクが同じように設定されていることを確認する方法です」

リスク管理も徹底されてます。

 

ウェットウェザーバッグの整理

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Team Skyのライダーは全員、レース中にチームカーに保存されるウェットウェザーバッグを持っています。 雨が降ったら、スタッフが必要なキットを見つけて手渡すのを容易にしています。 各アイテムがそれぞれのラベル付きポケットに収納されているため、さらに簡単になります

 

色分けされた水のボトルを使う

Team Skyは、年間最大35,000本のドリンクボトルを使用しています。 それらはそれぞれ一回使用されてから譲渡されます。

「青い上のビンは水用、白い上のビンはエネルギー飲料用です」

とCarstenは言います。 

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Team Skyには、ライダーが従う水分補給戦略と回復戦略、そしてその他の多数の戦略があることを知っても驚くことはありません。

「すべてのプロトコルがあるわけではありませんが、毎年いくつかのことを追加するようにしています」

とCarsten氏は言います。

「あなたが何かをやろうとしていることを紙の上に置くのは簡単ですが、それを実行することは別のことです。 それが、私たちが得意としていることです。プロトコルを作成し、それを実行することです」

 

トレーナーを冷却する

Team Skyは、サイクリング分野以外からスタッフを呼び込みました。そのうちの何人かは、サドルで数時間後過ごしたにライダーがレースフィニッシュにスプリントしてクールダウンしないことに驚いていました。

「私たちはステージ後にウォームダウンを始めた最初のチームでした」

とCarstenは言います。

「たとえば水泳選手を見れば、決勝戦の後、彼らは短いインタビューをして、それからトレーニングプールに飛び込んで、クールダウンしているのを見るでしょう」

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

サイクリングでは、ライダーはラインにたどり着き、メディアに話しかけ、バスに行き、シャワーを浴び、ホテルに戻ってマッサージを受けるのが普通でした。

「私たちのコーチやスポーツ科学者はこれがおかしいと言った。 より早く回復の段階を始めるために、彼らはジャーナリストに話す前でさえもライダーがトレーナーに乗るべきであると言いました。 私たちはそれをやり始めました、それを他のすべてのチームは笑うでしょう。今、彼らは全員はそれをやります!」

 

Kaskと共にヘルメットを開発する

Team SkyはイタリアのKaskからいくつかのヘルメットデザインのデザインに尽力してきました。 ヘルメットはProtoneで、2014年にツールドフランスで初めて発表されました。

https://road.cc/content/news/122894-tour-tech-2014-kask-unveils-protone-helmet

Protone

「ProtoneはTeam Skyのライダーやスポーツ科学者と密接に連携して開発され、ほとんどのツアーステージで有利になりました」

と当時のKask氏は述べています。

「このヘルメットは、換気されているヘルメットの中で最も低い抗力係数(cx)のうちの1つ、そして最も速い熱放散速度の中でも1つを持っています。」

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Protoneの第2世代は、Team Skyがいくつかの調整を求めた後、オリジナルのほんの数か月後にリリースされました。

Team Skyはまた、Kask Infinity、ライダーがベントを全閉から全開に切り替えることができる最初の自転車用ヘルメット、およびBambinoタイムトライアルヘルメットの開発にも携わっていました。

http://www.kask-cycling.jp/products/infinity.php

KASK INFINITY

「私たちは3つのモデルすべてを求めました。 彼らはチームのアイデアから始め、Kaskは私たちのためにそれらを作りました」

とCarstenは言います。

「それは私たちのために役に立ちましたが、ユーザーにも供給されます」

 

Muc-Offを使った作業

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Muc-OffはTeam Skyに洗浄剤、グリース、潤滑油を提供します。

「私たちはMuc-Offで特定の潤滑油を開発しました」

とCarstenは言います。

 

「悪天候が発生したときのために新しいグリスを用意しました。 汚れは付着しません。」

 

サービスコースにもリラックス空間

https://road.cc/content/feature/187025-12-ways-team-sky-develops-those-marginal-gains

Term Skyのtサービスコースには、チームスタッフがそこで働いている間にくつろぐことが出来る空間があります。それは倉庫の2階にいるということを忘れされてくれます。

アイデアを生むには、スタッフが休憩時間にリラックスできる快適な環境を作り出すことです。

 

ひとつの改善施策における効果は、わずか1%かもしれない。しかし、1%の改善を無数に積み上げれば、それは必ず大きな効果へと繋がる。これが、Team Skyの改善手法であり、信じる理念です。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました