ロードバイクの情報を発信しています!

血友病を持つ世界で唯一のプロアスリート ジロ第8ステージ勝者のアレックス・ダウセット

海外情報
Photo alexdowsett instagram
この記事は約8分で読めます。

ジロ・デ・イタリア第8ステージで逃げ集団から2度のアタックをかけて独走勝利したアレックス・ダウセット(Israel Start-Up Nation)。

彼は、世界で唯一のプロアスリートの血友病患者であることは、あまり知られていない。

血友病は、10,000人に1人が罹患するまれな血液疾患。血友病患者が出血すると、血液中に特定のタンパク質が不足しているため、通常の凝固プロセスが起らない。

その結果、出血は止まらない。それは注がれ続け、予防薬なしでは、人が出血して死ぬまで続いてしまう。だが、アレックス・ダウセットは現在、それをハンディとはしていない。

それどころか、ジロで2度目の勝利をあげている。

 

スポンサーリンク

生後18か月で血友病と判定

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

New Vlog is live, hitting up a local TT and not making the start line 🙈 I bought my Thru Axle’s & QR Skewers to the Giro don’t worry 😂 link in bio

Alex Dowsett(@alexdowsett)がシェアした投稿 –

 

アレックス・ダウセットは血友病A。血液凝固プロセスの第8段階を欠いている。そのため、血液を凝固させる合成剤を服用しなければいけない。

治療なしでは、関節や筋肉への内出血に苦しむ可能性があり、外出血に関しては、それは本当に止まらないだけでなく、場合によっては死を意味する。

アレックスの血友病が分かったのは生後18か月。あざや内出血が多くあり、両親は最初白血病を疑った。

その後、口の中を切り出血が全く止まらないことで、血液検査が行われ血友病と判定。

ダウセットの小学校時代には、治療法が不足していたため、危険な状況を避けるように勧められた。

母親は肩と膝のパッドを彼のユニフォームに縫い付け、追加のサポートのために彼に高い足首のコンバーストレーナーを購入。

それは助けにはなったが、腕の傷、松葉杖、そして時折の車椅子の連続を防ぐことはできなかった。

幸いなことに、彼が中学校に入学するまでに医学は進歩し、ダウセットは予防的治療として凝固剤第VIII因子を乳児の頃から、1日おきに自己注射している。これは彼が今でも行っていること。

彼の医師は、健康を維持することは、状態を管理し、治癒を促進するのに大いに役立つだろうとアドバイスしてくれた。

水泳から始まり、学校の前後に多くの早朝のトレーニングセッションを含むチェルムズフォード水泳クラブに参加。週に5日は泳いでおり、ここでフィットネスと肺活量が増加。

11歳の時に、マウンテンバイクの旅で父親の友人の何人かに加わった。ここでバイクの才能があることがわかる。

13歳になり一緒に乗っていた一人がロードバイクを貸してくれて初めてロードで走る。

 

photo Alex Dowsett

その後、地元のMaldon&District CyclingClubに入った。エディメルクスバイクで走ったのがサイクリングキャリアの始まりだった。

14歳のときの最初の主要なイベントで、全英GHSスクールの男子決勝で100人を超える若いライダーで2位を獲得し、その後、数多くのジュニア選手権で優勝。

17歳で英国ジュニアTTチャンピオンとなっている。

 

若者を支援する

アレックス・ダウセットはワールドツアーで10年目を迎えている。過去10年間、彼はTeam Sky、Movistar、Katusha-Alpecinに乗り、1月1日からIsrael CyclingAcademyに参加。

また、ソーシャルメディアで情報を発信し続け、181,000人の支持を受けている。

ダウセットは彼の立場を利用して、血友病の影響を受けている英国の3,000人ほどの若者を支援する慈善団体Little Bleedersを設立し、血友病について世界に知らせている。

2013年にジロ・デ・イタリアの ステージで優勝。7回の全国エリートタイムトライアルタイトルを獲得したこと。

アワーレコードを取得したことなど、ダウセットのキャリアの成果は、若い血友病患者に、夢をあきらめないことを思い出させてくれる。

 

落車で危険でないのか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Not how I envisaged today’s stage ending! I’m all good, could’ve been a lot worse given the speed! 📸 @gettysport

Alex Dowsett(@alexdowsett)がシェアした投稿 –

 

2010年にオランダで50km/hで落車して肩甲骨を骨折。2日で退院し、7日でターボに戻り、3週間足らずでロードに戻った。それから7週間後、U23ヨーロッパTTチャンピオンとなっている。

キャリアの中で最も激しいクラッシュは、2013ツール・ド・ポローニュ。

チェーンリングを首にかけ、ジャージが赤く染まった。ゴールスプリントで、アドレナリンがポンピングしていたので、多くの出血。

だが、通常の手当てと薬で事なきを得ている。

 

来シーズンにつながるか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

What a day. So many people to thank, so so many. My one and only Chanel @yourroyalthighness_, never a dull moment hey ❤️ My family, we’ve all got our fair share of worry and days like today are so special. And with that a nod to everyone though, there’s so much worry in the world this year for so many people and we keep on fighting. • Here in a Italy it’s thanks to the staff and my teammates @israelcyclingacademy. And out on the road today it was the boys blocking to let us go, Nikki in our ear making us believe and the real MVP today; Mathias @mbraendle, it didn’t matter which one of us won today and we fully committed to each other, there wasn’t much talking but we knew exactly what we were doing, together. • Thank you for all your messages, it’s overwhelming, this one will be remembered for a long long time.

Alex Dowsett(@alexdowsett)がシェアした投稿 –

 

2020年末には、Israel Start-Up Nationとの契約は切れてしまう。

ダウセットは、今回の勝利が来シーズンの新しい契約を確保するのに役立つことを望んでいる。 

彼は、来年1月に初めて父親になる。

うまくいけば、これは来年のために何かを確保するのに役立つでしょう。

そのように勝つためにも…年をとるにつれて、最後の勝利はいつになるのか、最後のグランドツアーか、最後の何かなのか疑問に思うので、それを味わい、楽しむことを学び、ここで私のチームメートと一緒に楽しむことを学びます。

家に帰ったら、妻と一緒に楽しもうと思う。

アレックス・ダウセットは昨年もカチューシャ・アルペシンの解散で契約が中々取れなかった。

昨年は、最悪の場合には、ローハン・デニスと同じようにチームなしで、オリンピックの参加も考えていたようだ。

是非、今回のジロの勝利で来季の契約が得られるように願っておきたい。

 

こちは、アレックス・ダウセットが乗っているFACTOR BIKEの紹介。アレックス・ダウセットは自分のYouTubeチャンネルを持っており、多くのフォロワーがいる。
Pro Race Bike Review: Factor Bike

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました