ロードバイクの情報を発信しています!

レムコはヨーロッパ選手権のタイムトライヤルのみ出場 ロードはプロ選手の出場がすくない?

海外情報
photo Remco Evenepoel instagram
この記事は約4分で読めます。

ヨーロッパ選手権はコロナウイルスにより中断が発表されていた。開催予定はイタリアのトレンティーノで9月9日から13日まで開催される予定だった。

 

イタリアでの開催は断念され、トレンティーノでの開催は翌年の2021年の予定で動いていた。

だが、ヨーロッパ選手権はフランスのブルエ(plouay)で今年開催されることが決定。開催は8月24日から8月28日までとなっている。

この日程が大きくヨーロッパのプロ選手に影響を与えている。お分かりだろう。8月29日からツール・ド・フランスが始まるからだ。

レムコ・イヴェネプール(Deceuninck – Quick Step)は選手権ではTTしか出ない。対戦が期待されたワウト・ファンアールトとの対決もない。

まして、ロードレースに出場するプロライダーはツール出場組がいないので、とても少なくなるのではないかと予想されている。

 

スポンサーリンク

レムコがTTだけに出場する理由は?

UCIは正式にヨーロッパの開催を発表

レムコがTTにしか出ない理由はヨーロッパ選手権の日程を見てみるとわかる。

  • 8.24  男女タイムトライヤル
  • 8.26 男子ロードレース
  • 8.27 女子ロードレース
  • 8.28 男女混合チームタイムトライヤル

いちおう、TTとロードレースの間に1日の休養日があるがTTに集中して練習してきて、2日後にまたロードを走るというのは日程的に難しいと判断したようだ。

レムコは、

私はもっと長期的に考えなければなりません。今シーズン後半にワールドカップと私のジロデビュー。それは十分にタフになるでしょう。

欧州選手権のタイムトライアルとロードレースは、あまりにも速く追随するので、タイムトライアルに限定します。

とのことだ。

ティレーノ〜アドリアティコのレース準備もしなければならないし、ここで無理をするこはないとの判断だ。

 

レムコのレーススケジュールは

  • 7.28 ブエルタ・ブルゴス
  • 8.05 ツール・ド・ボローニャ
  • 9.07 ティレーノ〜アドリアティコ
  • 10.03  ジロ・デ・イタリア

となっている。あくまで目標はジロ・デ・イタリアとなるが、世界選手権のタイムトライヤルも狙っている。

 

ワウト・ファンアールトも出場なし

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

We didn’t practice social distancing 🙃 My wife is keeping her corona kilos untill next winter ❤️

Wout van Aert(@woutvanaert)がシェアした投稿 –

ワウト・ファンアールトは子供が生まれることを報告。だから、欧州選手権に出ない、わけではない。

ファンアールトは、ツール・ド・フランスのメンバーに選出されており、クリテリウム・ドーフィネにも出場する予定。大事なツールの始まる前にチームが出場をゆるしてくれることはない。

ヨーロッパ選手権ロードが開催される日には、すでにチームと共にニースにいる。

 

グレッグ・ファン・アーベルマート(CCC Team)とイブ・ランバールト(Deceuninck – Quick Step)、オリバー・ナーセン(AG2R La Mondiale)も選手権に出れないか、チームと確認中だ。

だが、日程的に難しい問題だろう。主力選手にケガされても困るし。

 

オランダも昨年欧州選手権で男女ミックスリレーで優勝したが、今年はチームを派遣しない可能性が高いと報じられている。こちらもツールに選手を取られるためだ。ツール前日開催では出ようがない。

残念ながら、今年の欧州選手権はツールに出場しないプロが参加することになるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました