ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・ロマンディ第5ステージ 最終タイムトライヤルを制したライダーは?

海外情報
Photo credit: Der Toco on VisualHunt.com
この記事は約12分で読めます。

ツール・ド・ロマンディは最終ステージとなった。

クイーンステージの第4ステージでは、ゴール前にゲラント・トーマスが落車するという驚きのシーンも。トーマスはケガはしていない。

総合1位のマイケル・ウッズとゲラント・トーマスのタイム差は11秒あまり。

プロローグではイネオスが上位3人を独占したけれど、最終ステージの結果はどうなるだろうか?

 

スポンサーリンク

フリブール~フリブール 16.19km

第5ステージ photo tourderomandie

 

下りでスタートした後、700メートルの石畳の登りが続く。TTバイクで石畳とはきつい。

フリブール市の南東の曲がりくねった角を抜けると、8.5kmにある中間地点テントリンゲンを通過する。

中間地点からは下りだが、ゴール手前1kmには登り坂が。最後の480mには、5.2%の勾配が待っている。

前回総合優勝のプリモッシュ・ログリッチの栄冠を誰が引き継ぐのかここで決まることになる。

 

シュテファン・ビッセガー

photo Tiz-cyclingストリーミングより 以下同様

 

いまや、タイムトライヤルスペシャリストとして、第一人者となったシュテファン・ビッセガー(EF Education – Nippo)。

プロローグでは、5位。中間タイムでは暫定1位で14分5秒、av38.471km/hを記録。ゴールタイムは22分1秒のav44.134km/h。

当然、暫定1位であとに続くライダーの結果待ちとなる。

シュテファン・ビッセガー(EF Education – Nippo)が乗っているTTバイクは、SystemSixエアロロードバイクの特徴を取り入れた新型だ。

 

フィリッポ・ガンナ

どうしたガンナ。ここの所タイムトライヤルで精彩を欠いている。中間タイムでは14分17秒でシュテファン・ビッセガーから12秒も遅れている。

更に、ゴールでは22分31秒。av43.141km/h暫定2位。後続のライダーにも抜かれることは間違いない。

ジロ・デ・イタリアの個人TTで優勝というのは難しいコンデションなのかもしれない。

 

レミ・カヴァニャ

レミ・カヴァニャ(Deceuninck – Quick Step)が登場。クレルモン・フェランのTGVは、トリコロールのフランスチャンピオンジャージで登場。

パラパラと雨が降ってくる中、カヴァニャは中間ポイントで13分48秒。av37.221km/hを出し暫定トップへ。

 

ゴールでは、更にシュテファン・ビッセガーの記録を6秒上回った。カヴァニャはプロローグではイネオスの3人に負けてしまったが、今回はどうだろう。

パリ~ニースでは0.04秒差で2位だったので、今度こそ勝ちたいはずだ。

しかし、外人は何故髭を生やしたがるのか?    可愛い顔をした25歳だったのに、すぐにおっさん顔になってしまう。

 

シュテファン・キュング

シュテファン・キュング(Groupama – FDJ)は、第3ステージの落車の影響があるのかタイムは振るわない。

中間ポイントでは14分10秒の暫定3位で通過。だが、ゴールでは22分46秒の5位。トップからは51秒も遅れている。

 

ローハン・デニス

プロローグ優勝のローハン・デニス登場。大本命だが、第3ステージでの落車の影響はないのだろうか?

 

さあ、ローハン・デニスの中間ポイントのタイムはどれくらいだろう。

 

おっと、レミ・カヴァニャに5秒遅れている。13分53秒。av37.013km/h。後半巻き返せるのか?

 

あ~、びっくりだ。ローハン・デニスはレミ・カヴァニャから35秒も遅れてしまった。

22分30秒。av43.182km/h。暫定3位となってしまう。後半は雨で路面も濡れているのでコーナーも攻めれない。

昨日も寒いなかアシストで頑張っているし、落車の影響もあるのかもしれない。

 

リッチー・ボート

総合6位のリッチー・ボートがスタート。総合ではトップまで42秒のタイム差がある。どこまで順位を上げるだろうか?

 

リッチー・ボートは、中間ポイントを5位で通過。ゴールでは、22分14秒。av43.686km/hで駆け抜けた。

 

マルク・ソレル

マルク・ソレルが乗っているのは、一人だけ新型のマシンだと言われている。ローラーではSpeedmax CF SLX 9.0 TTを使っているようだが。

 

真横から見ると、他のモビスターのライダーが乗っているSpeedmax CF SLX 9.0 TTバイクと全く違う。

 

赤丸の部分の三角形がとても小さくなっている。当然フレーム重量にも関係してくるだろう。マルク・ソレルはプロローグでは49位と遅れたが、このステージでは8位に入る好走を見せた。

 

ゲラント・トーマス

総合2位のゲラント・トーマス登場。狙うはマイケル・ウッズとのタイム差11秒だ。

 

 

ゲラント・トーマスが石畳の登りを上がる。結構長くて沿道には観客が応援をしている箇所もある。

 

ゲラント・トーマスは中間ポイントをレミ・カヴァニャと同タイムで通過。だが、その後雨がひどくなる。これは不利だ。

 

ゲラント・トーマスは最後の登りに入っている。レミ・カヴァニャのタイムを抜けるか?

 

トーマスはゴールではレミ・カヴァニャに後れを取ってしまった。22分12秒でレミ・カヴァニャに17秒遅れてしまう。

だが、このタイムならばマイケル・ウッズを抜いたことは確実だ。

 

マイケル・ウッズ

総合トッブのマイケル・ウッズがスタート。

 

全身黄色のスキンスーツで走っている。

 

最後の登りも全力で飛ばしているけど、中間ポイントは18位で通過。

 

ゴールは23分5秒。av42.068km/h。リーダージャージ効果は出なかったようで、ステージ28位に終わってしまう。総合5位におちてしまった。

 

終わってみると、イネオスがワンツーで総合を飾ることに。やはり、タイムトライヤルが強いというのは有利となる。ゲラント・トーマスとリッチー・ボートのコンデションはツールまで2か月ですでに万全のようだ。

二人はこの後、ツール・ド・フランスまでレースの予定は入っていない。多分、高度トレーニングで調整するのではないだろうか。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第5ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTimeAvg
1 CAVAGNA RémiDeceuninck – Quick Step60500:21:5444.356
2 BISSEGGER StefanEF Education – Nippo25300:0644.155
3 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers10180:1743.790
4 VAN WILDER IlanTeam DSM 130:1843.757
5 PORTE RichieINEOS Grenadiers 100:2043.691
6 MASNADA FaustoDeceuninck – Quick Step 70:2143.658
7 CATTANEO MattiaDeceuninck – Quick Step 40:2943.398
8 SOLER MarcMovistar Team 30:3443.237
9 DENNIS RohanINEOS Grenadiers 20:3543.205
10 GANNA FilippoINEOS Grenadiers 10:3743.141

レミ・カヴァニャは、ついに今シーズンの初勝利だ。パリ~ニースでの雪辱を果たした感じ。レミ・カヴァニャはジロに出場する。TTでも上位に入るのは確実だ。

総合

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers50025017:59:57
2 PORTE RichieINEOS Grenadiers4001900:28
3 MASNADA FaustoDeceuninck – Quick Step3251600:38
4 SOLER MarcMovistar Team2751400:39
5 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation2251200:43
6 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team1751100:45
7 IZAGIRRE IonAstana – Premier Tech1501001:08
8 HAMILTON LucasTeam BikeExchange125901:22
9 CARUSO DamianoBahrain – Victorious100801:30
10 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe85702:20

総合ではファウスト・マスナダが3位に浮上。TT6位がきいてる。この後はジロに出場でジョアン・アルメイダをアシストする。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious98
24▲2 SOLER MarcMovistar Team77
32▼1 CORT MagnusEF Education – Nippo76
43▼1 SAGAN PeterBORA – hansgrohe70
55 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers69
66 PORTE RichieINEOS Grenadiers54
716▲9 BISSEGGER StefanEF Education – Nippo52
825▲17 CAVAGNA RémiDeceuninck – Quick Step49
913▲4 VAN WILDER IlanTeam DSM48
1014▲4 MASNADA FaustoDeceuninck – Quick Step42

ポイント賞はソンニ・コルブレッリが獲得。スプリントで2位。1位。4位と確実にポイントを重ねたのが大きい。登れるスプリンターは強い。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 GOOSSENS KobeLotto Soudal48
22 SUTER JoelSwiss Cycling43
33 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers34
44 VILLELLA DavideMovistar Team34
55 TAARAMÄE ReinIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux26
66 PELLAUD SimonSwiss Cycling25
77 TOLHOEK AntwanTeam Jumbo-Visma20
88 BOARO ManueleAstana – Premier Tech19
99 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation18
1010 POWER RobertTeam Qhubeka ASSOS14

コービー・ホーセンス (Lotto Soudal)が山岳賞獲得。第4ステージの逃げで獲得だ。

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 ARENSMAN ThymenTeam DSM18:02:45
22 SKJELMOSE JENSEN MattiasTrek – Segafredo1:37
33 VAN WILDER IlanTeam DSM3:21
44 LEEMREIZE GijsTeam Jumbo-Visma9:36
55 CHAMPOUSSIN ClémentAG2R Citroën Team11:54
66 GALL FelixTeam DSM12:00
77 TIBERI AntonioTrek – Segafredo12:33
88 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates19:45
99 KRON AndreasLotto Soudal26:44
1011▲1 BRENNER MarcoTeam DSM28:26

ヤングライダー賞トップは、テイメン・アレンスマン(Team DSM)。21歳の若者だ。TTでも4位に食い込んだ。マルク・ヒルシは第4ステージの寒い山岳で大きく遅れてトップにはなれていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました