ロードバイクの情報を発信しています!

カレブ・ユアンはオーストラリアの世界選手権を最大の目標に

海外情報
Photo credit: Steelywwfc on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

カレブ・ユアンは、今シーズン、全てのグランドツアーでのステージ勝利を目指していた。

ジロでは2勝をあげたが、第8ステージでリタイヤ。

続く、ツール・ド・フランスでは勝利する前に、第3ステージで鎖骨骨折でリタイヤとなってしまう。

結局、ブエルタには準備不足で出場することはなかった。

カレブ・ユアンは、ロットに加入してから、過去3年間のチーム47勝のうち23勝を占めている。

2022年にチームに加わる3人のライダーが、全て彼のスプリント・トレインの一員になるのも不思議ではない。

カレブ・ユアンはバイクスボンサーのRidleyの記者会見で未来について語っているので聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

来シーズンの目標

 

リュディガー・ゼーリッヒ(BORA-hansgrohe)、ミヒャエル・シュヴァルツマン(BORA-hansgrohe)、ジャラド・ドリズナーズ(Hagens Berman Axeon)が加わることで、2022年のスプリントトレインが強化されたと言えますか?

もちろん。いくつかの強いポーンが追加された。一緒に競争する前に、さらに2つのトレーニングキャンプがあるので、トレーニングでそれを知ることができる。

通常、全員がうまく調整するには数レースかかるが、スプリントの機会が多い優れたプログラムでは、これはすぐにうまくいくはずだ。

そして、もっと大きなゲームに行くことができる。

 

ジャラド・ドリズナーズをすでに知っていましたか?

彼は22歳のオーストラリア人で、同胞です。 彼は私より少し若いが、チームに同じオーストラリア人がいるのはいいことだ。

昨年チームに加わった同胞のハリー・スウィーニーは、すぐに初年度がとても良かった。ジャラドもワールドツアーのキャリアで良いスタートを切ることができることを願っている。

 

ミラノ〜サンレモでは、今シーズン、逃げ出したジャスパー・ストゥイヴェンの数メートル後ろで、イライラする2位に躍り出ました。同じことが3年前、ヴィンチェンツォ・ニバリのアタックで立ち往生したときに起こりました。プリマベーラはシーズン前半のメインターゲットになりますか?

もちろん。シーズンの初めにやりたいゲームはまだあるが、大きな目標は確かにミラノ〜サンレモだ。

それは私が勝つことができる唯一のモニュメントなので、それを選ぶのは理にかなっている。他のエディションで示したように、それは間違いなく私が勝つことができるレースなんだ。

 

ロットのチーム内では、あなたが一番勝つ可能性が高いのですが、前回のエディションでは、ストゥイヴェンとのギャップを埋めるチームメイトがいませんでした。

フィリップ・ジルベールとテ​​ィム・ウェレンスが共同リーダーでしたね。今年はあなたが先頭に立って、チーム全員でサボートするのか決定されていますか?

それはまだ議論する必要がある。しかし一方で、チップレッサでプロトンから離脱しなければならないレースもあった。だから、スタート時に必ずしもフロントでプレーするとは言えない。

私が前にいるときもあれば、そうでないときもある。だからこそ、フィルやティムのような強いライダーがいるのは常に良いことなんだ。

たとえば、私がそこにいない場合に備えて、彼らは前に座ることができる。また、自分の調子が悪くても、結果を求めて走ってくれるチームメイトがいれば、自分へのプレッシャーも少なくなる。

まだまだ遠いが、その頃には誰の調子がいいのか、わかるだろうね。

 

今年は、すべてのグランドツアーでステージ優勝を目指してましたね。2022年、3つの異なるグランドツールで、再びステージ優勝を目指しますか?

来年はないと思いますよ。世界選手権は来年オーストラリアのウロンゴンで開催される。そこで勝つことが出来る。したがって、シーズンの後半では、主にそのゲームに焦点を当てる。

ブエルタはおそらく、最高の準備にはならないでしょう。私のプログラムはまだ決まっていないが、今のところ、そこからスタートすることはないと言っていいでしょう。

 

カレブ・ユアンが世界チャンピオンになるというのも夢ではないかもしれない。コースについてまだ知らないのだけど、スプリンター向けとなるとチャンスは一気に広がる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました