ロードバイクの情報を発信しています!

ミヒャエル・シュヴァルツマンがカレブ・ユアンのスプリントトレインに加わる

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

 Lotto Soudalは来季、30歳のドイツ人、ミヒャエル・シュヴァルツマをカレブ・ユアンのスプリントトレインの一員として強化する。

ミヒャエル・シュヴァルツマンは10年以上ドイツのBORA-hansgroheで働いた後、ベルギーのLotto Soudalと2年契約を結んだ

近年、パスカル・アッカーマン、サム・ベネット、サガンなどのトップスプリンターのリードアウトとして活躍してきており、チームに多くの経験をもたらすことになる。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

ミヒャエル・シュヴァルツマンは、公式サイトで以下のように述べている。

ドイツのチームに10年以上在籍し、ライダーとして成長する機会を得た後、新たな挑戦をする時が来た。

ロット・スーダルの面白いプロジェクトに参加しないかと誘われたとき、私は一瞬たりとも躊躇しなかった。ライダーにとっては、チーム内のプロフェッショナリズムが最も重要なんだ。

ロット・スーダルは素晴らしいチームだし、ベルギーのチームで走るのは夢のようだ。サガン、アッカーマン、ベネットなどのリーダーと一緒に仕事をした。来年はカレブ・ユアンだ。

これまでの経験から、トップライダーには共通点があり、それは「勝ちたい」という気持ちだ。ほぼ全員が同じレベルにいて、細かいところで勝敗が決まる。

チーム内の雰囲気や、適切なタイミングで適切な判断を下すことなどが決め手になる。カレブは世界最速のスプリンターの一人であり、私の経験を彼やチームと共有することをとても楽しみにしている。

 

ミヒャエル・シュヴァルツマンは、ジャスパー・デブイスト、ロジャー・クルーゲ、フレデリック・フリソン、ステファノ・オルダーニ、ハリー・スウィーニーとともに、定期的にリードアウトに参加する。

グランドツアーの経験もあり、スプリントが形成されない場合には、自らも勝利を狙うことも出来る。今のロットでは総合を狙う選手はいないので、多目的に働ける良い移籍となるのではないかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました