ロードバイクの情報を発信しています!

イネオスがジロ・デ・イタリアのメンバー発表 初日からマリアローザ獲得か?

海外情報
Image by Ulrike Leone from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

イネオスがジロ・デ・イタリアのメンバーを正式に発表した。

今回は、ゲラント・トーマスを単独のリーダーとしてジロ制覇に挑む。

以前から、メンバーは選出されていたが、このメンバーならば初日のマリアローザのゲットも可能ではないかな?

 

スポンサーリンク

ジロ・デ・イタリアメンバー

 

INEOS Grenadiers
ジロ・デ・イタリアのスタートリスト
  • ゲラント・トーマス
  • ヨナタン・カストロピエホ
  • ローハン・デニス
  • フィリッポ・ガンナ
  • テイオ・ゲイガンハート
  • ジョナタン・ナルバエス
  • サルバトーレ・プッチョ
  • ベン・スウィフト

 

今年はジロ・デ・イタリアの開催期間が、10月3日から10月25日。

ブエルタ・ア・エスパーニャが10月20日から11月8日までと期間がかぶっている。このためメンバーを二つに分けなければいけない。

エースは、ジロがゲラント・トーマス。ブエルタはクリス・フルームとリチャル・カラパスとなる。

 

ジロのメンバーを見てみると、平地のアシストは完璧だ。フィリッポ・ガンナが3人分の働きをするはず。

それに、あまり好調とは思えないが、ローハン・デニスもいる。スプリトステージではベン・スウィフトが狙ってくるかな。

山岳アシストは、ツールも出場したヨナタン・カストロピエホにテイオ・ゲイガンハート。

ジョナタン・ナルバエスはセッティマーナ・インテルナツィオナーレ・ディ・コッピ・エ・バルタリ(Settimana Internazionale Coppi e Bartali)を総合優勝しており期待できそうだ。

山岳でも4人アシストが残ればかなり優位にレースを展開できそうだ。

 

初日から独占か?

ジロ第1ステージ photo giroditalia

 

ジロの初日だが、シチリアでのスタートとなる。最初の1kmは登っているけど、あとは下り。しかも距離は15.1kmと短い。

予測するまでもないけど、トップを取るのはイネオスの中から出るだろう。まあ、フィリッポ・ガンナかな。

世界個人追抜では世界記録保持者。さらに2020世界選手権金メダルを獲得した彼に下りでかなう相手はいないのでは。距離も短いし。

しかも、コースは真っすぐな部分も多い。第2位にはローハン・デニスかゲラント・トーマスが入るのではないだろうか?

下りということで、体重のあるライダーがガツーンと上位に入る可能性もある。あとはアワーレコード保持者のヴィクトール・カンペナールツが何位に食い込むか。

世界選手権で上位にきたライダーでジロに出るのは、アレックス・ダウセット(Israel Start-Up Nation)くらいしかはいない。他はクラシックに出場。

第1ステージでアリア・ローザを着ると第2ステージは丘陵ステージなので2日間は着用できそうなのだけどどうかな。

まずは、初日のマリアローザを誰が着るのか注目しておきたい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました