ロードバイクの情報を発信しています!

Bora-​​Hansgroheが次のレムコ2世と言われる17歳と4年の契約を勝ち取る!

海外情報
Photo by Vasily Koloda on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

Bora-​​Hansgroheが次のレムコ・イヴェネブール2世と言われているベルギーの17歳と契約した。

名前は、Cian Uijtdebroeks(読み方がわからない)。ベルギー人だが母親がポーランド出身のため名前が独特になっている。

彼を争奪していたチームは、Team Jumbo-Visma、Team DSM、Israel Start-Up Nation、Deceuninck – Quick Stepなど。

特に、Deceuninck-Quick Stepは、相当入れ込んでいて7月には、高度トレーニングキャンプに、彼を招待している。普通、ここまで見込んでいたら、そのまま契約となりそうなものだが。

それなのに、Bora-​​Hansgroheが勝ち取った理由とは?

 

スポンサーリンク

Cian Uijtdebroeks

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cian uijtdebroeks(@cianuijtdebroeks)がシェアした投稿

 

Deceuninck-Quick Stepは、レムコ・エヴェネプールを育てたように若い選手の発掘をするのが非常に上手い。

今回も契約したかったはずだが、Bora-​​Hansgroheに負けてしまった。この理由だが、Bora-​​Hansgroheの場合、2024年までスボンサーが契約を保証しているからだった。

Deceuninck-Quick Stepの場合、そこまでの長期契約を結べる保証がない。これが決め手だったようだ。

それにしても、17歳の若手と4年も契約するとは凄いことだ。

Uijtdebroeksは2021年にドイツを拠点とするTeam AutoEderに参加する。これはBora-​​HansgroheのU19のジュニアチーム。

このチームにはマキシミリアン・シャフマンなども在籍していた。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cian uijtdebroeks(@cianuijtdebroeks)がシェアした投稿

 

彼の実績だが、2020年ジュニアのKuurne-Brussel-Kuurne  (1.1)でいきなり優勝。

チームメイトを含む4人で逃げていて、アタックをかけて45kmを逃げ切っている。その時のゴールが上のインスタの写真だ。

ヨーロッパジュニアTTでは9位。欧州選手権とベルギー選手権はクライマーやTTが得意な選手に適したルートではなかった。コロナでレースも少なかったこともあり6レースしか走っていない。

Uijtdebroeksはまだ学校に通っているが、12月下旬にTeam Auto Ederのクロスカントリースキーキャンプに参加し、2021年にはチームの伝統的なトレーニングキャンプに参加する。

17歳ながら、183cmあり、この1年で5cm伸びたそうだ。まだ大きくなるだろう。今後、どこまで強くなるかは10代でどこまで伸びるかにかかっている。

Bora-​​Hansgroheでどこまで、成長するのか見ものだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました