ロードバイクの情報を発信しています!

ベルギー選手権タイムトライヤルは8月20日でゴーサイン 誰が代表になる?

http://www.belgiancycling.be/content.asp?language=nl&id=376&subid=392&sid=377海外情報
photo belgiancycling
この記事は約3分で読めます。

ベルギー選手権タイムトライアルは、8月20日にコクサイデで開催されることが決まった。

近隣の自治体の市会議員の青信号がようやく出た。

ベルギー選手権では世界選手権への出場をかけて多くのライダーが出場する。すでにレムコ・イヴェネプールは2019年世界選手権TTで2位となっているので確定。

 

残る代表選手は一人だけだ。

 

スポンサーリンク

ベルギー選手権TT

ベルギー選手権のコースは、コクシード・バッドをスタートし、海岸で最も高い砂丘であるホーゲ・ブレッケルに向かい、自然保護区のデ・ドーンパンネを通って空港から滑走路の一部を走る、テクニカルなサーキットになる。

往復で13キロ。フィニッシュはKoksijde-Dorp、Tennis-and Padelclubの宿泊施設の近くにある。

注目すべきは、ワウト・ファンアールトとヴィクトール・カンペナールツの二人。どちらも負けられない戦いだ。

特にヴィクトール・カンペナールツ(NTT Pro Cycling) は東京で開催されるのでスポンサーへのアピールもある。出れないと移籍した意味もないし、何にもならない。プレッシャーは相当だろう。

ワウト・ファンアールトも昨年の落車からの完全復活を印象付けたいはず。特にTTは注目されているだけに力が入るはずだ。

 

 

それに世界一の逃げ屋である、トーマス・デヘントもTTに力を入れており、ベルギー代表の座を狙っている。

 

 

ベルギーには、イヴ・ランパールトもおり、役者は揃っている。誰がベルギー代表の座を射止めるのか注目したい。

なお、ロードは9月20日を予定されているが、まだGOサインは出ていない。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました