ロードバイクの情報を発信しています!

フィリッポ・ガンナは、オリンピックトラックパーシュートで金メダルを取れたのか?

海外情報
Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

東京オリンピック自転車競技男子チームパーシュート第1ラウンドで世界記録を樹立したイタリアチーム。

決勝はデンマーク対イタリアの対決。さて、イタリア代表のフィリッポ・ガンナは金メダルを取れたのだろうか?

 

スポンサーリンク

7位決定戦 英国対スイス 

gorin.jp スクリーンショット 以下同様

 

7位決定戦は英国対スイス。英国には、イネオスのイーサン・ヘイターが出場。

 

そして、スイス代表には、EF Education-Nippoのシュテファン・ビッセガーの姿が。顔とヘルメットを見て、出ていることを気づいた。

この対決は、英国がかなり引き離して勝利。

 

3位決定戦 豪州対ニュージーランド

オーストラリアには、イネオスに加入したルーク・フラップが出場。

 

オーストラリアは優勢にレースを進めて勝利。ルーク・フラップは銅メダルを獲得だ。

 

優勝決定戦 イタリア対デンマーク

フィリッポ・ガンナ登場。

 

イタリアは前半はデンマークを引き離していたのだけど、後半は完全にデンマークに引き離される展開。

 

これは負けたかな~、と思っていたらイタリアチームの逆転勝ち!

3分42秒032で、前日に出した3分42秒307の世界新記録を更に更新した。

デンマークも3分42秒198で前日のイタリアが出した世界記録を抜いているのだから、如何にハイレベルな戦いだったのかがわかる。

 

 

フィリッポ・ガンナはバイクを掲げて勝利の喜びを表す。

ラスト3周でガンナが先頭を引いて、逆転するというのが最初からの作戦だったようだ。それにしても、僅差での逆転なのだから凄い。

流石、個人追抜世界記録保持者だ。

個人追抜の種目がオリンピックであれば、当然ガンナは金メダルだったでしょうけど、団体で取れたので満足ですね。

これで、フィリッポ・ガンナとシモーネ・コンソンニ(Cofidis, Solutions Crédits)は金メダルを持って母国に凱旋となる。

世界新記録で、金メダルなんてカッコよすぎだ。

 

コメント

  1. 土橋 健太郎 より:

    初めてご連絡します。
    ルーク・フラップはオーストラリアかと思いますが、ご確認いただけますか?オーストラリアが銅メダルかと。
    宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました