ロードバイクの情報を発信しています!

2021ブエルタ・ア・ブルゴス第2ステージ ギリギリで逃げきりならず~

海外情報
Photo credit: AleReportage on VisualHunt
この記事は約10分で読めます。

ブエルタ・ア・ブルゴス第1ステージでは、イネオスのエガン・ベルナル、アダム・イェーツ、ダニエル・マルティネスが落車するという事態が。打撲と擦過傷だというけれど。

最終ステージが登りゴールなので、それまでに傷が癒えていればステージ勝利は狙えるでしょうけど、あまり無理は出来ないですね。

 

スポンサーリンク

第2ステージ タルダホス~ブリビエスカ 175km

第2ステージ photo vueltaburgos.com

 

スプリントポイントも山岳ボイントもないコース。これでは、逃げても得るものがない。ひたすら逃げ切りを狙うしかないけど、もう少しレース主催者も考えられないかな。

一応、ゴール前には二つの登りがあって3.2km・4.8%と1.6km・4.9%の登りがある。

更にゴール手前60kmには、3.6%の勾配だけど登りがある。スペインでは、これくらいの登りは丘の扱いなんでしょうね。

 

スタート前

vueltaburgos ストリーミング スクリーンショット以下同様

イネオスは全員が出走。最終ステージの登りで見せて貰いたい。

 

EF Education-Nippoの中根英登。プレゼンテーションの時にはグラスを外して貰わないと顔がわからない。

 

昨日の新城幸也の引きは凄かった。相当力入れて集団を引いてましたね。

 

逃げは5人

逃げているのはプロチームの5人。最大6分30秒まで開いたが、残り68kmで2分50秒まで縮められた。

  1. CANAL Carlos (Burgos-BH)
  2. LAZKANO Oier (Caja Rural – Seguros RGA)
  3. GARCÍA PIERNA Raúl (Equipo Kern Pharma)
  4. CUADRADO Unai (Euskaltel – Euskadi)
  5. GARCÍA Sergio (EOLO-Kometa)

 

集団はUAE Team EmiratesとBORA-hansgroheが引いている展開。リーダーのAlpecin-Fenixは全く姿が見えない。かなり後ろ。

 

Caja Rural – Seguros RGAのサポートカーからカメラ撮影。チームの宣伝用かな。

 

新城幸也はミケル・ランダの横でしっかりとサポート。

 

先頭はコースの最高地点に向かって登っている。勾配がきつくないので38km/hくらいの凄いペースで上がっている。

 

リーダーのAlpecin-Fenixのエドワルド・プランカールトは、ミケル・ランダの後ろにいる。今日もスプリンターステージなので、ジャージはそのままかな。

 

中根英登は、ヒュー・カーシーの前を引いている。残り30kmを切ってタイム差は1分40秒に。下りなので、凄いペースで進んでいる。

 

エガン・ベルナルは、ダニエル・マルティネスと話しながら走っている。同郷ですしね。

 

残り22kmでタイム差が47秒に。もう、後ろからしっかりと姿が見えており、捕まるのは最後の登りに入ってからか。

 

逃げは、中根英登の引きで全て吸収。

 

昨日は、新城幸也だったけど、今日は中根英登の番だ。日本人選手が活躍するのは嬉しいことだ。

 

先頭は、中根からヨナタン・カイセドに交代。

 

EF Education-Nippoがガンガンに引いていく。

 

残り10kmを切って今度は、BORA-hansgroheが先頭を引く。

 

最後の登りで二人がアタック!

 

ただ、ここからは逃げして貰えない。

 

BORAのマークス・ブルグハートらが逃げるが決まるか。

  1. マークス・ブルグハート (BORA-hansgrohe)
  2. ケヴィン・ゲニッツ (Groupama-FDJ)
  3. マッズ・ウルスシュミト (Israel Start-Up Nation)

 

残り2.4kmで11秒。ギリギリで逃げ切るか?

 

残り941m。4秒ある。

 

マークス・ブルグハートが最後のアタックをかける。

 

あ~、最後にスパートしたマークス・ブルグハートがゴール手前で捕まってしまう。惜しい~。

 

なだれ込みのスプリントを征したのは、UAE Team Emiratesのフアン・モラノだ。今シーズン初勝利で通算14勝目。

2位はTeam DSMのアルベルト・ダイネーゼ。3位はUAE Team Emiratesのマッテオ・トレンティン。

 

こちらはハイライト

 

リザルト

第2ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Pnt Time
1
 MOLANO Juan Sebastián
UAE-Team Emirates 20 30 3:55:39
2
 DAINESE Alberto
Team DSM 10 18 ,,
3
 TRENTIN Matteo
UAE-Team Emirates 5 12 ,,
4
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe   7 ,,
5
 ABERASTURI Jon
Caja Rural – Seguros RGA   4 ,,
6
 JANSE VAN RENSBURG Reinardt
Team Qhubeka NextHash   3 ,,
7
 EINHORN Itamar
Israel Start-Up Nation   2 ,,
8
 LAWLESS Chris
Team TotalEnergies   1 ,,
9
 SARREAU Marc
AG2R Citroën Team     ,,
10
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team     ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI Time
1 2 ▲1
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team 5 7:30:21
2 1 ▼1
 PLANCKAERT Edward
Alpecin-Fenix   ,,
3 3
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa   0:01
4 4
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious   ,,
5 5
 BARDET Romain
Team DSM   0:03
6 6
 STANNARD Robert
Team BikeExchange   0:09
7 8 ▲1
 BOL Jetse
Burgos-BH   ,,
8 9 ▲1
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious   ,,
9 7 ▼2
 FLÓREZ Miguel Eduardo
Team Arkéa Samsic   ,,
10 11 ▲1
 LASTRA Jonathan
Caja Rural – Seguros RGA   ,,

同タイムなのだけど、モビスターのセラーノ・ゴンザロが10位でフニッシュしたので、リーダージャージは変わってしまった。

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 PLANCKAERT Edward
Alpecin-Fenix 28
2  
 MOLANO Juan Sebastián
UAE-Team Emirates 25
3  
 DAINESE Alberto
Team DSM 20
4 4
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team 19
5 2 ▼3
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa 16
6  
 TRENTIN Matteo
UAE-Team Emirates 16
7 6 ▼1
 STANNARD Robert
Team BikeExchange 15
8 3 ▼5
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 14
9  
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 14
10 5 ▼5
 BARDET Romain
Team DSM 12

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 PLANCKAERT Edward
Alpecin-Fenix 6
2 2
 JACOBS Johan
Movistar Team 6
3 3
 WÜRTZ SCHMIDT Mads
Israel Start-Up Nation 4
4 4
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team 2
5 5
 ALBANESE Vincenzo
EOLO-Kometa 2
6 6
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers 2
7 7
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 1
8 8
 BAYER Tobias
Alpecin-Fenix 1

ヤングライダー賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 7:30:22
2 2
 STANNARD Robert
Team BikeExchange 0:08
3 3
 RUBIO Einer Augusto
Movistar Team 0:21
4 4
 GARCÍA PIERNA Carlos
Equipo Kern Pharma 0:38
5 5
 ARDILA Andrés Camilo
UAE-Team Emirates 0:42
6 6
 DAINESE Alberto
Team DSM 0:50
7 7
 ARENSMAN Thymen
Team DSM 1:12
8 8
 BAYER Tobias
Alpecin-Fenix 1:23
9 9
 VAN DEN BERG Lars
Groupama – FDJ ,,
10 10
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic ,,

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました