ロードバイクの情報を発信しています!

指を切断したTrek-Segafredoのクーン・デコルトはチームのサポートマネージャーに

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

Trek – Segafredoのクーン・デコルトは、オフロード車の運転中に事故にあってしまい指を3本切断するという大けがをおってしまった。

去就が注目されていたが、クーン・デコルトはTrek – Segafredoのサボートマネージャーに転身することになった。

 

スポンサーリンク

19年のキャリアに終止符

Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt

 

クーン・デコルトは、2005年にLiberty Seguros-Würthでプロランクに昇格。

その後、Skil-Shimanoで8年間過ごす前に、2007年から2年間Astanaに在籍。過去5シーズンをTrek – Segafredoで過ごした

今年のジロ・デ・イタリアを含め、キャリア通算で17回のグランドツアーに乗っている。

クーン・デコルトはロードキャプテンとしてチームを引っ張っていた。だが、指を切断しては流石に走ることは出来ない。

最後のレースは、オランダ選手権を25位で終えたのが引退レースとなっている。

ケガをする前から、チームにサボート側として残ることは計画されていたようだ。

引退を公式に発表し、男性と女性のロードチーム全体のレーシング機器の調達、テスト、配布、メンテナンスを監督するサボートマネージャーとなる。

これからは、サボート役として継続してチームに貢献することになる。引退しても、次の仕事がきっちりとあるライダーは少ない。

38歳までライダーをプロライダーを続けてチームに残れるのは幸せなことだ。

 

https://racing.trekbikes.com/stories/trek-segafredo-men/meet-koen-de-kort-aちnd-glen-leven-trek-segafredos-new-team-support-managers

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました